絶望モラトリアム

Since 2002/02/14

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

打ち切り感想 ジュウドウズ

『ジュウドウズ』は、近藤信輔による日本の漫画作品。
ジャンプLIVE』(集英社)2号に掲載された後、『週刊少年ジャンプ』(集英社)2014年41号から2015年8号まで連載された。
話数単位は「第○話」。

あらすじ
柔道界の頂点、尊道館に現れた少年・柳華。八破羅村からやってきた華は、尊道館の最強選手を一蹴!
その華が初参加を果たす異次元の柔道祭(バトル)“ジュウドウズ”が、八破羅村を舞台に開幕。柔道の常識が今、覆される!

引用元:Wikipedia


ジュウドウズ 1 (ジャンプコミックス)


続きを読む
スポンサーサイト

NARUTO -ナルト- 第700話 「うずまきナルト!!」

『NARUTO -ナルト-』(ナルト)は、岸本斉史による日本の漫画作品。
またこれを原作とするアニメ、ゲームなどの作品。
『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1999年43号から2014年50号まで連載された。
単行本は2014年11月現在で71巻まで発刊中。

概要
主人公と仲間の友情、裏切りと復讐、師弟や家族の絆が中心として描かれ、諸国の忍とのド派手な戦いが繰り広げられるバトルアクション作品。
本作の人気は連載当初から順調に伸び、『ONE PIECE』と並ぶ『週刊少年ジャンプ』の看板作品となっていった。
2002年から、ぴえろ製作のテレビアニメが放送開始。
一部終了後に85話のアニメオリジナルストーリーを挟み、二部からは『NARUTO -ナルト- 疾風伝』というタイトルにリニューアルされている。
日本国内にも増して、海外では極めて人気が高く、2000年代を代表する『ドラゴンボール』の後継作品として認知されている。
単行本は30ヵ国以上で翻訳出版され、累計3,000万部を記録(2009年時点)。
全世界での累計発行部数は2億部を突破している(2014年8月時点)。
アニメ放映は80ヵ国以上、ライセンス商品は90ヵ国以上で販売されている。
主人公のナルトは「ニューズウィーク日本版」2006年10月18日号の特集「世界が尊敬する日本人100」に選出された。
2009年米Yahooの検索ワードランキングで6位につけ、テレビアニメが高視聴率を記録するなど、米での注目度も高い。
単行本の国内累計発行部数は2013年2月時点で1億3128万部。
アメリカでは900万部。欧州でも熱狂的な人気を誇り、フランスでは書籍全体の週間売上で1位になるなど、1,900万部を売り上げている。
また、テレビゲームのナルティメットシリーズは、世界累計 1000万本を記録している。
2014年10月6日、集英社より、2014年11月10日発売分の2014年50号をもって連載が終了することが発表され、
予定通り2014年50号掲載の699話及び700話をもって完結した。
また、同号にて、2015年春より、新編の短期集中連載予定、およびノベライズが発表された。
2014年12月には最終話に至るまでの経緯を描く劇場版アニメ『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』が上映される。

ストーリー
体内に九尾の妖狐を封印された落ちこぼれ忍者・うずまきナルトが、里一番の忍である火影を目指し、数々の試練を乗り越え成長していく物語。
原作においてもストーリーは二部構成となっており、一部と二部の間に2年半の歳月が流れた設定となっている。
他に、一部と二部の間に主要人物の一人であるはたけカカシを主人公とする外伝が連載された。

引用元:Wikipedia


NARUTO―ナルト― カラー版 1 ジャンプコミックスDIGITAL

続きを読む

黒子のバスケ 第275Q 「何度でも」

黒子のバスケ』(くろこのバスケ、英語: THE BASKETBALL WHICH KUROKO PLAYS)は、藤巻忠俊による日本の漫画作品。
および、これを原作とするテレビアニメをはじめとした作品群。
高校バスケットボールを題材とした少年漫画作品で、藤巻の初連載作品でもある。
『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて連載されていた。

作品概要
第44回(2006年11月期)ジャンプ十二傑新人漫画賞を受賞したのち、『赤マルジャンプ』2007SPRINGに掲載され、
『週刊少年ジャンプ』2009年2号から2014年40号まで連載された。
話数カウントは「第○Q(クォーター)」。略称は「黒バス」・「黒子」。副題は作中に登場した台詞が使われている。
単行本の累計発行部数は第27巻現在、2700万部を突破している。
テレビアニメ化され、2012年4月から9月にかけて第1期が、2013年10月から2014年3月にかけて第2期(第26?50Q)が放送された。
2012年10月頃より、作者や作品の関係先各所が脅迫される事件が起こり、イベントの中止・商品の撤去などが行われる被害に遭ったが、
2013年12月に容疑者が逮捕された。

ストーリー
バスケットボールの強豪として知られる帝光中学校に10年に1人の天才が5人同時に存在し、無敗を誇っていた時代があった。
彼らは「キセキの世代」と呼ばれていた。
時は流れ、彼らはそれぞれ別の強豪高校に進学するが、「キセキの世代」には奇妙な噂があった。
真偽も詳細も一切は不明、だが実は彼らのほかにもう1人、天才5人が一目置いていた選手「幻の6人目(シックスマン)」がいたと。

引用元:Wikipedia

黒子のバスケ 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) 黒子のバスケ STARTER BOOK 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
続きを読む

打ち切り感想 ステルス交境曲

様々な種族が交わり生きる街「神防町」。ある秘密を抱えた少年を救ったのは!?
増刊「ジャンプVS-バーサス-」で大人気を博した作品が遂に新連載として登場!!

引用元:集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト shonenjump.com

ステルス交境曲 1 (ジャンプコミックス)

続きを読む

SKET DANCE 第288話 「SKET DANCE」

『SKET DANCE』(スケット・ダンス)は、篠原健太による日本の漫画作品。
『週刊少年ジャンプ』(集英社)2007年33号から2013年32号まで連載された。略称は「スケダン」。

人助けを目的とした高校の部活動「スケット団」の日常と活躍を描いた学園コメディ漫画。
スケット団が学校の生徒からの依頼を解決しようと奮闘する様子を、ギャグを中心に、謎解きあり、感動ありと様々な要素を絡めて描かれている。
2010年、第55回(平成21年度)小学館漫画賞少年向け部門受賞。
2011年4月7日より、テレビ東京系列にてテレビアニメ版が放送開始。2012年9月27日で最終回を迎えた。

開盟学園高等学校・学園生活支援部、通称「スケット団」は、学園の生徒が楽しい学校生活を送れるように、
相談事やトラブルの解決など、人助けに取り組んでいる頼れる学園のサポーター集団。
と言うのは建前で、実際は学園の便利屋扱い。落し物を探したり、裏庭を掃除したり、時には依頼もなく部室で折り紙をしたり。
部員は、お調子者だけどやる時はやるリーダー「ボッスン」、元不良の武闘派ヤンキー娘「ヒメコ」、クールな情報屋「スイッチ」の3人。
そんなスケット団のもとに、今日もヘンテコな依頼人からのヘンテコな依頼が舞い込んで来たり、来なかったり。
スケット団は、時に真面目に、時にバカバカしく、グダグダだけど熱い活動を送っている――。

引用元:Wikipedia




続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。