絶望モラトリアム

Since 2002/02/14

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツイッター始めました

ブログの記事を書くのがなんとなくだるくなってきたので、お試しでTwitterを始めてみました。
もはやブログとしての価値は皆無かもしれませんが、まぁお試しということで。


@zetsumyo_mora
スポンサーサイト

zyjacya in love × 2

つーわけで、復帰して早々サボり始めたブログ更新ですが、
諸々やっと落ち着いてきたのでぼちぼち再開しようかと思っている所存です。
サボってた理由は色々ありますが、一番の理由は父親になったことにあります。
まだまだ手のかかる時期&仕事が忙しくてまったく自分の時間が取れませんでしたが、
最近やっと落ち着いてきたので、時間が許す限り更新していこうかと思います。
もういっそブログも閉鎖しようかとも考えましたが、まぁ何だかんだで今まで続けてきたわけですし、
これからもひっそりと、たまに気が向いたら更新していきたいと考えています。

ぼちぼち

体調も回復してまいりました。
随分と間が空いてしまいましたが、ぼちぼち復活できそうです。
とりあえず、今週中に一本記事が挙げれればいいなぁ。

打ち切り感想 ハイファイクラスタ

『ハイファイクラスタ』は、後藤逸平による日本の漫画作品。
『週刊少年ジャンプ』(集英社)2014年25号に「Hi-Fi CLUSTER -六攻特課事件実例-」のタイトルで読切版が掲載された後、
2014年42号から2015年9号まで連載された。話数単位は「第○話」。

あらすじ
2045年の日本、この時代ではアプリ化された才能を内包する“ラベル”を貼ることで、手軽に才能をダウンロードできるようになり、
生来の才能による差別のない平等な社会“才能社会(アビリティソサエティ)”が構築されていた。

そんな社会に適応できずにいた高校生・十五条平太だが、ある日手にした特殊な才能ラベルがきっかけで、才能を悪用した犯罪と、
それを取り締まるための組織“六攻特課”に深く関わっていくことになる。

引用元:Wikipedia

ハイファイクラスタ 1 (ジャンプコミックス)


続きを読む

NARUTO、ついに完結

『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載15周年を迎えた岸本斉史氏の『NARUTO―ナルト―』が、
11月10日発売の『週刊少年ジャンプ50号完結することが、6日、同誌公式サイトで発表された。
1999年から始まった、うずまきナルトの物語がついに完結の時を迎える。

体内に九尾の妖狐を封印された落ちこぼれ忍者・うずまきナルトが、里一番の忍者である火影(ほかげ)を目指し、
数々の試練を乗り越え成長していく物語。仲間との友情、裏切りと復讐、師弟の絆を中心として描かれ、
諸国の忍とさまざまな戦いを繰り広げてきた。

一方で、「NARUTO新時代開幕プロジェクト」が進行中。
原作・キャラクターデザイン・ストーリー監修を岸本氏が務める、
2年ぶりの劇場版アニメ最新作『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』の公開を12月6日に控え、
プロジェクトの一環として来年『NARUTO―ナルト―展』(仮)の開催が決定している。

引用元:『NARUTO』11・10発売の『ジャンプ』で完結


ついにナルトも連載終了ですか。。
さすがに年内には終わると思っていましたが、あと5話で完結するとはちょっと意外です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。