絶望モラトリアム

Since 2002/02/14

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN13 「過去 から の 刺客」

さて、新OP&EDになり、物語も中盤にさしかかってきました。
今回は興味深い話あり、歓喜あり、驚きありの濃い内容でありました。
どう考えても一話でやる話じゃないよなぁ・・・これ。

許す・許さない・許せない
意外とルルーシュのことを許していたシャーリー。
ちょっと物分りが良すぎるような感じがしますが、
先週の展開から彼女はダメンズウォーカーの素質があるので
相手が駄目なら駄目なほど惚れる性質があるのでノープルブレムです。
そしてルルーシュが許せないと語るスザク。
そうか、記憶がなくなっている(と思っている)とはいえ、
ルルがユフィを殺したことには変わりはないのでもう親友とは呼べないんですね。
スザクがルルーシュを許す、そんな日は来るのだろうか?

オレン・・・いやジェレミア・ゴットバルト!!

orange.jpg


「Yes,Your Majesty」

まさかのジェレミア仲間入り、これはちょっとかなり予想外だったなぁ。
マリアンヌの警護の任に当たっていて、それからずっと彼女に忠誠を誓っていたと。
彼がルルーシュの前に現れたのは、ルルがゼロになった理由が
マリアンヌ殺害に対する復讐かどうか判断するためだったんですね。
うん、普通に格好いいよジェレミア・ゴットバルト。
今までオレンジやらシェルブリットやらいっててゴメンね。
でもここだけの話「Yes,Your Majesty」っていうまで
絶対油断させるための罠だって思ってました。

シャーリー退場

death20080706.jpg



何度生まれ変わっても、きっとまたルルを好きになる・・・これって運命なんだよね?

だから・・・いいよね・・・・・ルル

生まれ変わってもまたルルを好きになっても、何度も何度も好きになる・・・から・・・



ええええ!??!?
っということでまさかのシャーリー死亡。
死亡フラグはビンビンに立っていたもののまさかこんなあっさりと退場するとは。
しかも状況的にどう考えてもロロがヤっちゃったわけで。
この事実をルルーシュが知ったときにはどんなリアクションをするんだろうなぁ。
ていうか本来ならそばにいてやるべきだったスザクはどう思うのだろうか。
ユフィ程ではないにしろシャーリーも大切な友人だったはずだし。
ちなみに最後の台詞で某オサレ漫画のヒロインの台詞を思い出してしまったのは秘密だ。


はてさて、ついにシャーリーが死んでしまったわけなんですが、
ルルーシュはこれからどうするのだろうなぁ。
シャーリーはルルーシュにとって日常のヒロイン的立場にいた存在なので
ひょっとしたらもう日常には戻れないかもしれませんね。
学校で誓った花火ももう「みんな」ではやれなくなったもんなぁ・・・。
スポンサーサイト

コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN12「ラブ アタック!」

ああもう咲世子さんが面白すぎるよこれ!?
「どう考えてもやり過ぎだが、咲世子は天然だから指示を出しても無駄か」
のくだりは声を出して笑ってしまった、くのいちってレベルじゃないぞこれ(笑)
なんつーか今までできるメイドさんというイメージだったのに一話で崩壊しすぎだ。
こりゃシャーリー以外にも何かしらやらかしてキスでごまかしてたね!
しかしルルーシュもてるなぁ、ミレイもちょっと狙ってたっぽいし。
まぁそんなこんなで結ばれたシャーリーとルルーシュ。
しかしオレンジのギアス解除によりすべてを思い出したルルーシュ。
これは皇帝のギアスもルルーシュのギアスも解けたってことでOKかな?
すべてを思い出し、シャーリーがとった行動はルルーシュ&スザクとデート??
一体これからどういった展開になるのか予想がつかないなぁ。

コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN9「朱禁城 の 花嫁」

ニーナ、なんて痛い子
というわけでやっぱり差別意識がまた格段と強くなっていたニーナ。
思えば1期でもイレブンに対してはかなり冷たい態度だったもんなぁ。
ミレイに対しても仲が良いイメージがあったんですがどうやらかなり
劣等感をもって接していた模様。
力を得て調子に乗っていますが得てしてこういったキャラは
最後にはぼろ雑巾のように使い捨てられるので今がピークかもしれん。

もはや主人公な星刻と外道なゼロ
「全ての人民を代表し、我はこの婚姻に異議を唱え!!!」
「我が心に迷い無し!!」

ああもういちいち星刻が格好良すぎる、もう彼が主人公で良いんじゃなかろうか?
そしてあまりにもやることが外道なルルーシュ、楽しそうだなぁ。
天子様を誘拐することは神楽耶も了承済みなのでしょうか?
まぁ彼女がゼロに文句を言う姿は想像できませんが・・・。
次回の戦闘では星刻とゼロ達は戦うのでしょうか?
良いキャラだけにまだ死んでもほしくないなぁ。

復活のオレンジ
僕らの素敵オレンジことジェレミア・ゴットバルドが待望の復活!!
明らかに向こう側の世界をみた感じがしますがそろそろ全身武装して
生身の体でナイトメアと戦いそう、意地があんのよ・・・男の子にはよぉ!

コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN6「棄てられた仮面」

最愛の妹ナナリーに存在を否定され堕ちていくルルーシュ。
まさかリフレインまで使いそうになるとは、よほどショックだったんだなぁ。
ていうか慰めろてそれはもう性的な意味でとっちゃっていいのだろうか?
あまり描写されてないがルルーシュだって立派な男子学生。
落ち込んでるときにはやはりセックスのひとつでもヤリたい年頃なのかもしれません。

ていうかルルーシュギアスの無駄遣いしすぎだよ(笑)
一人になりたいから乗客にギアス、なんかツマランのでチンピラにギアス。
挙句部下へのセクハラ発言、シスコンは崩れると脆いなぁ。
反面カグヤは器の大きさ披露で好感度アップ。
私がいない間ゼロ云々はC.C.がゼロの夜のお世話をしているようにしか聞こえない発言だ。

行政特区日本への参加を命じるゼロ。
予告を見る限りではあっさり参加するというよりは油断させて、という感じのようですが。
今週のルルーシュを見ても、ナナリーとはある種の決別を選択するようですね。

コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN6「太平洋 奇襲 作戦」

今週は今まで殆ど語られることのなったナナリーの心情が明らかになるという意味では
非常に興味深い話でした、いつまでも守られる存在ではないのだなぁと。
そんなナナリーとだぶるユーフェミアの存在、もしギアスが暴走していなかったら
間違いなくルルは彼女の手をとったでしょうしまた同じようなことをしてくるナナリーに
どう彼が対処していくのか見物です、以前と違って皇帝には正体ばれてるし。

そして紅蓮二式の大活躍ですよ!!
飛行ユニットを手に入れた後のカレンの活躍がすばらしすぎる。
ナイトオブラウンズ3人相手に堂々渡りあってます、さすがだなぁ。

ラストのルルーシュはしょうがないとはいえ切なかったなぁ。
自分のしていることを真っ向から妹に否定され、自分を売った人間を信頼される。
今回のルルーシュの精神的ダメージはかなり大きそうです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。