絶望モラトリアム

Since 2002/02/14

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相棒 season12 第7話 「目撃証言」

カフェのアルバイト店員・千倉(藤間宇宙)の撲殺体が発見された。
遺体のそばには自らの血で書かれた「H22」のダイイング・メッセージ。
書きかけのようで、どうやら途中で力尽きたらしい。

千倉のブログを遡って調べると、5年前は就活に失敗した愚痴ばかりが書き込まれていたが、3年前にカフェの店長になってからは明るい内容に一変。
千倉は同じく3年前の平成22年に自転車による老女ひき逃げ事件を目撃。
千倉の証言によって佐野(小松和重)という男が逮捕され、実刑判決を受けていることがわかった。
刑期を終え、すでに出所していた佐野に話を聞くと、あくまでも冤罪だと主張。
右京(水谷豊)と享(成宮寛貴)に、目撃者は本当に自分がひき逃げするところを見たのか聞いてみたい、と言葉を荒げる。

今回の殺人事件と3年前のひき逃げ事件に関係があるのか? なぜ千倉は殺されなければならなかったのか?
右京と享が絡み合った謎を紐解いていく。

引用元:相棒 公式HP

続きを読む
スポンサーサイト

相棒 season12 第6話 「右京の腕時計」

右京(水谷豊)の腕時計が狂ってしまったようだ。右京の時計は精密な機械式時計。
享(成宮寛貴)の時計は電池式のクオーツで右京にクオーツを勧めるのだが…。
右京は享とともにいつも診てもらっている公認高級時計師(CMW)の津田(篠田三郎)に修理を依頼する。

その日の夜、時計輸入販売会社社長・藤井(井上純一)の遺体が、アパレルのヒットメーカー社長・関(辰巳蒼生)の別荘で発見された。
死亡した藤井の会社は、津田の勤務先でもある。遺書も発見されたことから、経営難を苦にした自殺と思われるが…。

関が藤井の会社を買収しようとしており、その対応で藤井が苦しめられていたことがわかった。
藤井は関への抗議の自殺をしたのだろうか!?
さらに調べを進めると、関は有名な時計師である津田に設計図を描かせ、安い時計をファッションアイテムとして
大量生産して売り出そうとしていたらしいのだが…。

藤井の謎の死は自殺か、他殺か? 右京と享が巧みなトリックを明らかにしたとき、一人の男の悲しい半生が明らかに…!?

引用元:相棒 公式HP


続きを読む

相棒 season12 第5話 「エントリーシート」

就職活動中の女子大学生・奈月(岩田さゆり)の遺体が発見された。
奈月の手帳によると、事件当日は夕方に一流商社の面接を受けていたが、午前中に出かけてから面接の時間までの行動がわからない。
右京(水谷豊)は、全員横並びの黒のスーツ姿という常識に疑問を抱きつつも、奈月のリクルートスーツに仕付け糸がついたままになっていることが気になる。一方、享(成宮寛貴)は、奈月の携帯に非通知の着信が頻繁にあったことに引っかかる。ストーカー被害にでもあっていたのだろうか?

捜査一課の伊丹(川原和久)らは、アリバイが曖昧な奈月の元カレ・紀平(斉藤祥太)に不審を抱くが、別れてから一度も奈月と会っていないと犯行を否認。
紀平によると、奈月の第一志望は、事件当日に面接を受けていた一流商社であることを聞き、右京らは早速その商社へと向かうが…

一流商社の内定を得るための面接テクニックから浮かび上がった犯人とは?

引用元:相棒 公式HP


続きを読む

相棒 season12 第4話 「別れのダンス」

悦子(真飛聖)が出場するボールルームダンス競技会の会場で、大会のスポンサーの社員・茂手木(若林久弥)の他殺体が発見された。
悦子の応援に来ていた右京(水谷豊)と享(成宮寛貴)は、偶然第一発見者となり捜査に協力することに。

茂手木は殺害される直前まで役員控室で仕事をしていたらしい。
当日は国際大会で輝かしい成績を収めていた須永(大澄賢也)と礼夏(陽月華)がデモンストレーションも行っていたが、
被害者は午後5時10分ごろ、大会終了後に話があると礼夏に電話をかけていた。
米沢(六角精児)によると死亡推定時刻は午後3時半から5時半の間。犯行は5時10分から30分までの20分間ということになる。

一方、須永と礼夏のカップルが最近の大会で成績が伸び悩んでいたことが判明。
さらに被害者が勤務していたスポンサーは、須永と礼夏のカップルを解消させ、
礼夏を新進気鋭のダンサー・芳川(廣瀬大介)と組ませようとしていたことがわかった。
ダンサー間にトラブルなどなかったのだろうか…?

華やかなボールルームダンスの舞台裏から浮かび上がる愛憎劇。二転三転する捜査の末に明らかになる意外な犯人と動機とは?

引用元:相棒 公式HP


続きを読む

相棒 season12 第3話 「原因菌」

「アプリティーボ」というレストランチェーンで食事をした人が、次々と倒れるという事件が発生した。
どうやら食中毒の可能性が高いが、そんな騒動の最中、食品卸売商社社員・岡谷望(澤山薫)の他殺体が発見される。

偶然、食中毒の被害者を助けた享(成宮寛貴)は原因菌の捜査に動き始めるが、右京(水谷豊)は殺人事件の捜査へ。
鑑識の米沢(六角精児)によると、望の遺体の首には特徴的な傷があるという。致命傷ではないようだが、何によってついた傷なのか。

食中毒の原因菌の捜査をする「アプリティーボ」へやってきた享は、そこで何かを探す右京とばったり遭遇する。
やはり食中毒事件と殺人事件は関係があるのだろうか?
合流した二人は、「アプリティーボ」が調理済みの食品のみを使っていることを知ると、その加工会社「ミヤ食品加工」へと向かう。

「ミヤ食品加工」の社長・円(赤塚真人)によると、「アプリティーボ」の料理に使う材料は望の会社から仕入れており、営業の担当は望だった。
事件当夜、望が会社に来ることはなかったという円だが、右京はそこでスープやソースを作る「スープトップ」という機械に興味を示すのだが…。

ほぼ同時に起こった食中毒事件と殺人事件は関連があるのだろうか?
被害者についていた謎の傷跡と料理の味のわずかな変化から浮かび上がってきた二つの事件の犯人とは?

引用元:相棒 公式HP

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。