絶望モラトリアム

Since 2002/02/14

週刊少年サンデー48号感想

■結界師
正守、扇一郎とついに激突。
いつも物腰の柔らかい口調がここまで敵意むき出しなのも珍しいなぁ。
やはり部下がやられて頭にきてるんだろうか、それともこちらが地?
扇の攻撃は絶界でも完全には防げないようです。
初登場時に比べて随分扱いが低くなった気がしますね、絶界。
ていうか扇の攻撃がバギにしか見えません。

■クナイ伝
いづなの正体はバンパイアハンターでした。
彼女の正体についてはもう少し引っ張るかと思っていたのでまさか3話で
ばらすとは驚きです、しかもまたあっさりと。
あんまり吸血鬼っぽくないですが一応クナイも吸血鬼なので
正体がばれたらやはり戦うことになるんですかね。
というか忍者とバンパイアハンターが両方存在している世界ってのも
中々珍しいなぁ。

■金剛番長
格好いいなぁ金剛番長。
こういった風に彼の男気に当てられて男女問わず篭絡されていくんだろうなぁ。
しばらくはこういった学園展開が続くと思ったんですがはやければ次回から
普通に格闘ものの展開になりそうですね。
そういった展開の中でどれだけ番長ネタを使っていけるか興味深いなぁ。

■金色のガッシュ!!
体は消えかけ心の力もつきた時、助けに来たのはダニー!!
・・・・まっまた微妙なキャラだこと。
正直ダニーがどんなキャラだったか覚えてません、ジオルクって回復系だっけ?
理由はわかりませんが魔界に帰った魔物たちがガッシュと清麿に力を
かしてくれるみたいですね、タイトルの金色がここで出てくるとは思わなかったなぁ。
ということは最終的にガッシュが金色に光るのか?
というか死んだ(魔界に帰った)仲間が最終決戦で復活して力をかすって
まんまうしおととらなんですがそこは元アシだし仕方ないのかなぁ。

■ダレン・シャン
ダレン、バンパイアの純化作用のために急成長&発毛。
さすがにハゲだと主人公としてのビジュアルがきついものがあるんで
主人公の発毛という展開は非常によかったと思います。
しかしまぁ随分と成長したなぁ、ダレン。
クレスプリー曰く完全なバンパイアにはなっていないようですが
完全なバンパイアって何か身体的特徴でもあるのかな?

■犬夜叉
喜ぶのもつかの間、奈落の策略により琥珀死亡?
先週の展開ではかけらを失ってもなんらかの形で生き残りそうだったのに
まさか今週あっさりと奈落に奪われるとは思わなかった。
りんもあぶないしやはり最終決戦なんだなぁと感じる。

■史上最強の弟子ケンイチ
DオブD優勝はケンイチに決定。
そういえばこの戦いって一応決勝戦だったんだよなぁ、すっかり忘れてた。
凶弾に狙われた美羽(ケンイチ?)をかばい撃たれる叶翔。
こっこれは本格的に叶翔死亡確定?
闇の師匠もまだ全員出てないし結構続くと思ってたんですが
ひょっとして最終回はそんなに遠くないんでしょうか?
さすがに叶翔の後にまた闇の弟子が出てきても微妙ですし
こうなるともう敵は拳聖ぐらいしかいないよなぁ。

■DIVE!!
トモ、見事三回転を決めて3位入賞。
三回転の描写は静かながらも非常にインパクトのある描写で思わず息を呑んだ。
最後のトモの笑顔も良かったなぁ。。
友達とは疎遠になり、彼女を弟に寝取られながらもつかんだ栄光。
ていうかもうコーチと相思相愛にしか見えない。
特別扱いしてないって言ってもあの表情はどうみても特別な感情抱いてるだろ!!

週刊少年ジャンプ48号感想

■魔人探偵 脳噛ネウロ
石垣の活躍(?)もあり無事事件は解決。
等々力と石垣の確執も特に解消されてないんで来週まで続くかな?
店長のメジャーリーグとの夢の話は現実味を帯びてて重かったですね。
松井先生なりにいろいろと思うところがあるのかなぁ。

■ONE PIECE
ルフィ、100人分の影を入れてパワーアップ。
オーズがかなりの強敵とはいえこんな形でパワーアップするとは思わなかったなぁ。
ものすごいムキムキになったみたいだけど具体的にどうなっているんだろうか。
オーズの影が伸びた理由はモリアの影革命の所為だったようです。
うんまぁ主従関係が逆転しているわけだし確かに影革命ですね。

■NARUTO
次々と明らかになる自来也の謎、これでいつ死んでも安心です。
予言の子のことですがまだペインと確定したわけではないようですね。
まぁ順当にいくならナルトなんだろうなぁとは思いますが。

■BLEACH
見切り発車で敵陣に突っ込んだのは良いものの後先考えずに散開。
結果各個撃破され全滅の危機に。
ということで死なれたら困るので更木剣八さんとか到着。
彼的にも乗り込むんならもうちょっと考えて行動してよと思ったことでしょう。

■初恋限定
ん~土橋さん良いなぁ、スポーツ少女ってところがまた素敵です。
ツンデレっというより小悪魔なキャラのようですね、やべぇ大好きだわ。

■サムライうさぎ
がんばる!!が妙にエロく感じたのは私だけではないはずだ。
どう考えても描写的に子作りを頑張る気満々だったと思いますよ。
ああもう本当に兄貴はいいところで邪魔してくれたなぁ。

■TO LOVEる
責任って何?とか思いながらも下半身や胸に目がいくあたり
彼も責任=セッ○スと考えているようです、さすが高校生。

■テニスの王子様
心眼、クローズドアイを使い才気煥発の極みを破る不二。
百錬自得の極みに比べて破るのがずいぶん簡単な技ですね。
いやまぁ目をつぶってテニスするのって本来難しいはずなんですが。
仁王のイリュージョンも完璧ではないらしく零式サーブは打てないようです。
手塚ファントム出せる時点で十分彼は強いと思うんですがね。
次に彼が変身したのは不二を倒した聖書白石。
対する不二は新たなるカウンター技星花火で挑む。
とうとうテニスも球が分裂する時期に来たのかもしれません。

■HUNTER×HUNTER
ゼノの解説はネテロの強さをわかりやすく説明してくれて良かったです。
というかゼノが生まれた時点ですでにジジィだったのかネテロ。。
泣かされているってことはゼノよりネテロの方が強いってことですよね。
相方として連れてきたというよりサポートの意味合いが強いのかも。
ところで百式観音ってネテロの念能力の名前ですよね?
放出系の能力っぽいけどどこからでも出せるならかなり強いなぁ。
能力といえばネフェルピトーの能力も明らかになりましたね。
黒子無想・テレプシコーラは攻撃用の能力っぽいですね。

携帯最前線

<NTTドコモ>新料金プラン発表“安い基本料金”を主流に

NTTドコモは26日、携帯電話端末の販売奨励金を廃止する代わりに、
月々の基本料を一律1680円割り引く新料金プランを11月26日から導入すると発表した。
携帯電話の端末価格が1万5000円程度高くなるが、
同じ端末を長期に利用する顧客には大きなメリットがある。
端末価格が安い現行の制度に近いプランも用意するものの、
中村維夫社長は26日の会見で、基本料金を安く抑える新プランを
同社の主流にする方針を強調した。


というわけでとうとうドコモも新プランの発表。
今度携帯を買い換えるときは新プランにしようかなぁっと思う反面
割と携帯を落としてしまう人なんで故障云々を考えると微妙かも。
2年以上同じ端末を使い続けると新プランの方がお得らしいのですが
今まで携帯が2年以上もったことが無い私には多少きついものがあるかも。

週刊少年サンデー47号感想

今更なジャンプ感想はおいといてサンデーの感想。。

■金剛番長
こっこれはギャグ漫画なのだろうか?
展開的には殆どギャグ漫画のノリなのだけれどかといってボーボボみたいに
はじけてるわけではなく、バトル漫画としても十分見れる。
最近テニスみたいに既存の漫画ジャンル+ギャグするのがはやっているのだろうか?
まだ第一話だけなんでなんとも言えませんが勢いはあり、普通に楽しめました。
来週からもこの勢いを確保できたら長期連載も可能かも?

■結界師
ん~確かに良守はちょっと純粋すぎますね。
なんでノコノコとついていったのか疑問に感じてましたが
なるほど、正守ばかり汚れ役にするのに抵抗を感じていた為ですか。
多分こういう彼の考えがさらに日陰者を生んでしまうのだろうなぁ。

■金色のガッシュ!!
力の支配をうけたシン・クリア。
アンサートーカーの能力を持ってすら倒せる答えが出ないって最強じゃないか。
ラストの攻撃で普通に全滅してもおかしくないんですがそれでは
話が終わってしまうしなぁ・・・。
かといって魔物はもういないので助けにこれそうな人もいませんし。

■史上最強の弟子ケンイチ
お互い最強の技を繰り出す二人。
これまで歩んできた過程の対比がうまい演出になっていた。
叶翔も根っからの悪ではなくあくまで闇に調教されているだけなんだよなぁ。
最後の最後に無拍子を持ってきたのも展開が熱くて良い。
というかこの戦いがここまで突っ込んだものになるとは思わなかった。
この戦いに負けたら叶翔は殺されそうなんでせいぜい痛み分け程度に
終わると思ったんですが無拍子も決まったし叶翔負けそうだなぁ。
まさか今更新たなるライバルもないだろうし一体どうするんだろうか。

■クロスゲーム
まさかの若葉そっくりさん登場。
青葉との恋愛にまったく波乱がなかったので女性キャラでライバルが
登場するとは思っていたがこれは強力なライバルだ。
これで性格まで似てるとちょっとやばいぞ青葉。

週刊少年ジャンプ47号感想

■P2!
やばいです、眼鏡を外して髪をおろした遊部が格好良すぎる。
遊部の言った汚い手とは一体なんのことだろうか?
やはりラケットの変更が関係しているのかな?

それはともかくとして祝、1周年。
連載当初から応援していた身としては嬉しい限りです。
まさかこの漫画の巻頭カラーが拝めるとはなぁ。
そして一周年にあわせて人気投票。
こうしてみると割りと個性的なキャラが多いので票が割れそう?
ていうか遊部っていつのまにストパー当てたんだ?




外出しなければいけなくなったので続きは大学から帰ってから

元アイドルの顛末

ゴマキ弟を金属盗容疑で逮捕

今年7月、仲間の少年数人と工事現場から電線を盗んだとして、
警視庁小松川署は20日、アイドルグループ「モーニング娘。」
元メンバーの後藤真希さん(22)の実弟の元歌手、
後藤祐樹容疑者(21)=東京都江戸川区=を窃盗容疑で逮捕した。
後藤容疑者はグループの主犯格で転売目的で犯行を繰り返していたとみて、
売却先や余罪などを追及する。


というわけでなんともわかりやすい堕ちるとこまで堕ちた人間の図。
かつてはヒット曲を出した彼も飲酒事件でツケがまわり最後は窃盗。
EE JUMPの頃が懐かしい、おっととっと窃盗だぜ!!
かつての相方ソニンや実の姉ゴマキはこのニュースを聞いて何を思うか・・・。

学園祭・1日目

本日は私の大学学園祭でした。
最後の学園祭ということもあり、サークルの露店を手伝う必要がないので
一日中他の露店を回ったりイベントに参加したりしてました。
これはこれで楽しいんですがやはり去年までみたいに
露店開いて一日中声をからして呼び込みしていた方が学園祭
満喫できていたような気がします、割と時間をもてあましてしまいましたし。
学園祭の実行委員をしていた友人もいってましたが
4年生になって初めて学園祭をきちんとまわってみたらしいですが、
あんまり面白くなかったそうです、曰く、暇らしい。
3年間忙しなく動いていた彼からすれば学園祭はのんびりまわるものではなく、
常に走りながら最後にはボロボロになるものらしいです。
そういった感覚は、やはりやってみたいとわからないものなのだろうなぁと
思いながらすごした学園祭でした、明日はサークルに顔ぐらいだしてみようか。

卒業写真

卒業アルバムに載せる学科の写真を撮ってきました。
大学に入学して気が付けば3年と10ヶ月が過ぎました。
共に過ごした彼らともあと半年後にはお別れなわけです。
それは勿論サークルなんかで出会った人達も同じなわけで。
考えればあっというまの大学生活だったなぁと、
まだ卒論もできてない分際で感傷に浸っておりました。

・・・ああ本当に卒業できるんだろか。

免許講習会

本日免許の更新をしてきました。
はっきり言って聞く必要のない講習が待っていると思ってたんですが
意外と為になるような話が多くてビックリ、行ってよかったです。
なんだろう、つまらないだろうと思っていた講義が思いのほか
楽しかった時の感覚に似てます。
今年か来年ぐらいに車に乗っている人はすべてシートベルトをつけなければ
いけないなんて知りませんでしたしね。
交通に関する法律は改正が多いのでやはり3~5年の講習会は
必要なんだろうなぁっと思った今日この頃でありました。

週刊少年サンデー46号感想

■クナイ伝
以前読みきりだったものが連載に昇格。
設定が多少変わって、邪紅という刀が登場。
今週の話を見る限りクナイの相棒的ポジションになっていきそうなので
読みきりのときよりも面白そうな設定です。
しかしまぁナ○トとかにもいえることだけど忍者っていうよりは
忍者の名を借りた能力バトルになりそうだなぁ・・・。
第一話にして敵がヒャダルコつかってますし。

■史上最強の弟子ケンイチ
意識を失って情が消えたケンイチ、彼本来の実力は実は
かなり上がっていたんですね、さすが巨大な基礎の塊。
とりあえず叶翔と大差ない実力があるみたいですが現状のランキングって
だいたいどういう風になってるんでしょうか?
情とか甘さが消えたらケンイチでも美羽に勝てるのかなぁ?
相手を思いやる気持ちがあるからこそ相手の考えていることがわかるという
理屈は多少強引ながらもケンイチの甘さをうまく肯定していたと思います。
ていうか今更ですが梁山泊の師匠たちってみんな活人拳なんですね。
アパチャイとか絶対生かす気ないと思われますが。

■イフリート

ペッ○ーランチじゃないか

いや~これ大丈夫なんだろうか?アニメだったら絶対に放送してないね。
ニナミの新しい服は普通の服も切れるらしくいろいろと需要がありそうです。
ということはユウの私服姿を拝むこともできるのか?

■クロスゲーム
普通に敗北、まぁまだ2年生だし先はあるもののまさか甲子園にすら
出場できないとは思わなかった、しかしまぁあっさり負けたなぁ。

週刊少年ジャンプ46号感想



なんという死亡フラグ・・・。

■TO LOVEる
イヴヤミVSララのマジバトル開始。
さすがに以前バトル漫画を連載しているだけあって戦闘は中々のものでした。
とりあえずパワーが切れるペケは本当に空気を読んでいると思います。

■ONE PIECE
バーソロミュー・くまの目的はゲッコー・モリアへの伝言。
とうとう黒ヒゲが七武海の一角を担うことになりましたね。
こうなるとエースはやはりやられてしまったんだろうなぁ。
白ヒゲ海賊団の幹部を倒したってのが七武海入りを決定したんでしょうし。
ていうか今週モリアがワープしたんですがこれもバーソロミュー・くまの能力?
城の中で話してたのに急にオーズの腹の中から出てきて驚きました。
ひょっとすると今のモリアの姿も仮の姿なんだろうか・・・。

■BLEACH
かつて十刃をリストラされてたザエルアポロさん。
そりゃまぁ気分で圧倒的状況を自ら破棄するような人を幹部にはしてれませんよね。
ていうか十刃ってリストラされたり再雇用されたりと割と入れ替わりが
激しい世界なんですね、こういった勢力も珍しいかも。
ちょっと前までは十刃落ちってかなりの大事であり、部長から平社員に
一気に格下げぐらいのものなんだと思ってましたが今週の話を見る限り
一軍の選手がちょっとスランプなんで二軍で調整程度なんだと感じました。

■NARUTO
ペインの目的は尾獣の力で核兵器並みの禁術を使うこと。
ん~やっぱり思想的には長門の思想ってより弥彦の思想なんだよなぁ。
やはり弥彦の死がペインと小南の行動につながっているようです。
しかしそうなるとうちはマダラの目的って何なんでしょうか?

■初恋限定
全方位彼女って東西南北ではなく多趣味ってことなのか。
とりあえずセックス関連について興味があるかどうかが非常に気になります。
これが中々奥深いですよ?

■HUNTER×HUNTER
毎週見れる喜び、面白いのがちょっと悔しい、それがH×H。
今週は主人公達は殆ど動いてませんがそれでも持ち前の構成力で
非常に面白い話になっていました、ラストのヒキも絶妙。
ラストの二人ってのはいったい誰なんでしょうか?
怪鳥からってのがなんとなくジンっぽいですが富樫先生がそんな
わかりやすい展開にするとは思えないしなぁ。
普通にハンゾウとか出てきてもおかしくないです、富樫先生なら。

■テニスの王子様
不二君、一応言っておきますがあなたの目の前にいるのはイリュージョンで
手塚になった仁王です、手塚じゃありません。
それともコート上のペテン師は視覚だけでなく思考すら操作できるのでしょうか。
そりゃチームメイトも能力の全貌を知らないわけですよ。
過去の手塚VS不二は不二の圧勝、ただし手塚は右手を使ってたようです。
また手を抜いてたのかなぁ、彼。

今日も亀田ネタ

反則繰り返し…亀田大毅に処分検討

と、いうわけでこの弟にしてこの兄あり。
ひじ打ちやローブローの指示が普通にTVで流れてたそうです。
ほんと、内藤選手は亀田一家と関わらないほうがいいと思います。

亀田大毅、内藤にぼろ負け



大毅VS内藤戦、観てましたが中々ひどい結果でしたね。
どうせ負けるにしても潔く負けて欲しかったです、投げるとかもう。。
これが亀田一家への良い薬になればいいんですがおそらくならないんだろうなぁ。
そういえば切腹するとかなんとか言ってたみたいなんですが
なんて言い訳をするんでしょうか?
まぁ親父さんとかがしゃしゃり出てなし崩しになりそうですがね。
何はともあれ内藤大助さん、初防衛おめでとうございます。

週刊少年サンデー45号感想

■ハヤテのごとく!
祝・3周年、というかもう連載開始して3年にもなるんですね。
内容としては特に物語が動くわけでもなくある意味ハヤテらしい展開でした。
絵本のダレン・シャンは笑った、初音ミクと言い良い感じに飛ばしてます。

■結界師
「お前の存在が日陰者を生むんだよ」ってのはあながち外れてないので意味深ですね。
母親はどうかわかりませんが兄貴は普通に正統後継者に嫉妬している節があるし。
正統後継者として生まれたが故に自分が持っているものの価値を理解していないってのは
良守を見ていても感じるところはありますからね、相手がいらつくのもわからないでもない。

■ダレン・シャン
人形劇でのあらすじ紹介は悲壮感というか、
不気味な感じがしてこの作品にマッチしていた気がする。
操っているのがミスター・タイニーというのも明らかに伏線っぽいです。
元帥の間にしても炎の棺にしてもミスター・タイニーが寄贈したものらしいし
すべての黒幕は彼で間違いないと思うのですが彼の目的が見えてこないんですよね。
さておき、6年間の間に立派に元帥としての仕事をしているダレン。
失敗した試練にも再挑戦したってことは、やはり元帥としての手順は
踏んだ方が良いということですね。
ダレンが蜘蛛という単語に反応しているのはやはりマダムのことがあったからだろうか?

■金色のガッシュ!!
アンサー・トーカーの力を使い戦術でクリアを追い詰めるガッシュ&ブラゴ。
なんであんな指の動きだけで清麿の言いたいことが理解できるのか甚だ疑問では
ありますが、お互いの実力が同じくらいだからだそうです、何だそれは。
しかしまぁ今に始まったことじゃありませんが新術がすごい勢いで出てきますね。
ガッシュの新技、ジオウ・レンズ・ザケルガはファンネルみたいなものだろうか?

■史上最強の弟子ケンイチ
龍斗を実験台にされた怒りからケンイチ覚醒?
意識を失っているように見えますがどうなんでしょうか・・・。
同じような展開で流水制空圏をマスター?したんで二番煎じかなぁっと。
ケンイチの技が基本的な技にも関わらず叶翔に効いてるのも伏線か?
まさか動の気に目覚めたとかじゃないよなぁ。

■最強!都立あおい坂高校野球部
元野球部の葛藤が非常にリアルに描かれていて涙を誘った。
彼も別に野球が嫌いになったから辞めたわけではなくそこまで夢中になれなかった
だけなんだよなぁ・・・好きなことにすら夢中になれなかったという台詞は痛いほどわかる。

休日

2007/10/08(月) 22:33:19 雑記 THEME:日記 (ジャンル : 日記 EDIT
今日は久しぶりにバイトも何も無い日だったので一日のんびりしていました。
ちょびちょびと卒論をしながらも基本的にグータラ、暇は人を駄目にしますね。

最近コンビニでの強盗事件等をよく聞きます。
私もコンビニでバイトしている身なので人事には聞こえません。
夜勤の人よりかは確立は低いと思いますが、それでも可能性はあるわけですしね。
というかコンビニに強盗ってあまりにもハイリスクローリターンな気がするんですよね。
多く入ってても5万くらいでしょうし、人生棒にするわりにはあまりにもメリットが少ないです。
まぁメリットもなにも強盗なんかしないに限りますが。

週刊少年ジャンプ45号感想


H×H復活の45号、長かった、本当に長かった。

■家庭教師ヒットマン REBORN!
人気投票の結果発表。
男性部門と女性部門に分かれてますが総合一位はなんとクローム髑髏。
この漫画は女性人気が高い作品だと思ってましたが意外と
女性キャラの人気も高いんですね、クロームが断トツすぎるのもありますが。
本編は匣に憑依した骸&クローム&グロ・キシニア。
ラストで骸他二名を幻想、やっぱり彼女の最強のイメージはこのトリオなんですね。
しかしクロームはともかく骸も二人をイメージしたのは意外です。
彼らには彼らなりの信頼関係があるのだろうなぁ。

■ONE PIECE
バーソロミュー・くまに消されてしまったベローナ。
直前に彼女のいきたい場所を尋ねてましたし相手のいきたい場所に
飛ばすことができる能力みたいです、本人も自由にワープできる様子。
そんな彼が現れた目的はどうやらエース絡みのようです。
黒ヒゲとの対決のこともありますし、気になるところです。

■NARUTO
ペインの正体は普通に長門のようです、まぁヒッカケかもしれませんが。
弥彦のみ生死が不明ですが彼の死が今の彼らの原因なのかもしれません。
長門が本名ではなくペインと名乗っているのも気になるところ。
というか自来也は戦時中に3年も里を離れて見ず知らずの子供達に
忍術教えてたのか、そりゃ「まだ」綱手の方が火影に向いてますね。

■アイシールド21
あぁ本当に、天狗先輩はなんの為の存在だったんだろうなぁ。
というかこの世界には傷害罪というものは存在しないんでしょうか?

■HUNTER×HUNTER
今週からとりあえず10週は連載するようです。
書き溜めてからいっきに連載は別に構わないのですが次に再開されるのが
何時なのかを考えると気が重いです、さすがにまた一年以上とか無いと思いますが。
本編は敵側勢力の紹介、この漫画でカラーの入浴シーンがあるとは思いませんでした。
というか表紙プラスカラーって富樫先生頑張りすぎです。
たかだか一年以上休んだくらいでそんなに頑張らなくても・・・アレ?

■初恋限定
今週は財津弟の初恋話。
というか山本岬がどう見ても高校生にあるまじきフェロモンでしてます。
あ、楠田君の初恋話はまったく興味がもてそうに無いので絶対にしてほしくないですね。

■P2!
零式ドロップ、だんだんとテニプリ化してきましたね。
まぁ今週のを見る限りではポール回しの後限定の技の可能性もありますが。
台と平行に打って跳ねないようにするみたいな。
さすがに普段から使えると最強すぎますしね。
卓球はテニスと違ってボレーが存在しませんし。

■スケットダンス
もういっそ主人公がどんな事件でもその超絶指先テクニックで解決する
漫画に変えて連載したらどうでしょうか?ヤンジャンあたりで。

FC2ブログでユーザー記事消失

FC2ブログでユーザー記事消失 「Googleキャッシュのコピペで復帰を」

ブログサービス「FC2ブログ」を運営する米FC2はこのほど、
ユーザーのブログ記事データの一部がハードウェア障害で
消失したとし、該当ユーザーに「Googleキャッシュからデータを
復帰してほしい」と呼びかけている。


というわけでわずか一番違いの惨事、こういうこともあるんだと
頭の中に入れておかなければいけませんね。

週刊少年サンデー44号感想

順番は適当に。

■ダレン・シャン
死刑を免れる為にダレンはバンパイア元帥に。
いや~まさかダレンがいきなり元帥になるとは思わなかった。
ていうか元帥って将軍とかにならなくても推薦でいきなりなれるものなんですね。
バンパイアって明確なヒエラルキーが存在しないのか?
クレスプリーの発言を真に受けるならば今後ともダレンはクレスプリーノ
弟子という扱いみたいなんで元帥は役職というより称号に近いのかもしれない。
まぁ経緯はどうあれダレンが元帥になったことには変わりないので
今後ダレンが元帥としてどういう風に行動していくのか気になります。

■金色のガッシュ!!
ブラゴが時間を稼いでいる間にガッシュ&清麿到着。
これで残っている魔物が全員一同に終結したことになりますね。
ガッシュが到着する前にブラゴが消滅してガッシュVSクリアになると予想してましたが
この流れでいくと共闘して戦うということになりそうですね。
ブラゴもまだ余力を残しているみたいですしひょっとすると
最終的にはガッシュVSブラゴの可能性もあるかも?

■ハヤテのごとく!



今週のヒナギクは非常に可愛かったです、なんという負けず嫌い。
最後は季節外れの花火でひっそりと終わったと思ったらラストに姫神登場。
おさげっぽいのがありますが一応男ですよね?
花火が見える場所にいるということは割りと近くにいるみたいですが
これは元々近くにはいたのか何処かから帰ってきたのかどちらなんでしょうか?
ここで姫神が帰ってくるとハヤテのポジションがどうなるのか・・・。

■史上最強の弟子ケンイチ
不器用ながらもなんとか翔と渡り合うケンイチ。
二人の師匠達の対比がそのまま二人の現在の対比になっているのが興味深い。
ケンイチの師匠達の修行からは本当にケンイチに対する思いやりがでている。
ラストで翔が静と動の気を同時に発動しましたが以前龍斗が同じことして
ケンイチと負けてるんであんまり脅威は感じられませんね。
寧ろ翔の敗北フラグが立った気さえします。

■DIVE!!
今週もピンキー君が素敵に無敵です。
彼は本当に高校生なのだろうか疑問に思いましたが某テニス漫画では
中学生が発光することを考えたら翼を出すぐらい高校生ならわけないと思います。
次回では沖津飛沫が活躍するみたいですね。
今のところ彼が技を決めているシーンがないのでどんなイメージが出るか楽しみです。
多分ジャンプしている途中に龍になると予想。

卒論あれこれ

現在無事に大学を卒業するべく論文、所謂卒業論文を書いています。
卒業研究をしていた時は「とっとと研究を終わらせて論文を書きたい」等と
今思えば馬鹿なこと思っていましたが、論文の方が遥かに面倒だということを知りました。
自分の研究を分かりやすく文章に起こすのがこんなに大変だとは夢にも思わず、
なんとか一章書き上げましたが真っ赤になって返ってくるのは目に見えてます。
以前先輩の添削された卒業論文を見せてもらったのですが
なんというか、ゼミ(研究室)の先生のドSっぷりがいかんなく発揮された添削でした。
大学辞めちまえ」ってそれはもう添削じゃないですよ先生。
しかしまぁ今日はもう我が身なわけで、提出した論文にどんな罵詈雑言が
書かれてるかと思うと気が気じゃありせん。

週刊少年ジャンプ44号感想

■初恋限定
河下水希、新連載。
なんとも河下先生らしい作品でした、いい意味でも悪い意味でも。
今回は男主人公というより女の子の方に視点を移して
オムニバス形式で物語を進めていくみたいですね。
カラーを見る限りかなりの女の子がいますがね○まみたいにならなければ良いけど。
最初のカップルがAとZってことは全13組のカップルを作るのかな?
というかCとかどうするんだろうか。。

■ONE PIECE
まさかのバーソロミュー・くま登場。
やはり七武海関連できたのでしょうか?ていうか懐かしいなぁくまさん。

■BLEACH
ザエルアポロさんの攻撃はなんというかこういちいち地味ですね。
ほかの十刃の皆さんが正統派なことしてる分、彼の地味さがいっそう際立ちます。
胃を潰すとか確かに痛いし残酷な攻撃手段ではあるんですがねぇ。
何かこう、盛り上がれないものがあります。

■NARUTO
留まる事を知らない自来也の死亡フラグ。
今回の回想だけ見ると長門がペインっぽいんですが初登場時の
デザイン的には弥彦の方が近いんですよねぇ。
まぁナルトはいちいちひっかけが多いので現時点ではなんとも言えませんが。

■魔人探偵 脳噛ネウロ
今回もオムニバス形式。
ライスはなんだかんだで楽しい囚人生活送ってるなぁ。

■家庭教師ヒットマン REBORN!
とりあえずここはグロ・キシニアの応援を全力でしたいと思います。
熟したクロームにも興味がありますが見れないんだろうなぁ。
骸はなぜかフクロウに憑依してムクロウに、てかこの名前雲雀が付けたのか?

■アイシールド21

「だから絶対に大ケガなんてしないで…!!」

というわけで普通にラブラブです、いつのまにこんなにラブラブになったんだ。
峨王のベンチプレス記録は200kg超、大して栗田は160㎏。
やはりパワー的には峨王の方がかなり上手なんですね。
番場に授けられるテクニックがやはり重要になってくるみたいですね。
つかにあわないなぁ栗田の顔面傷。

■D.Gray-man
あれ、載ってる。

■エム×ゼロ
相変わらず九澄のはったりは凄いなぁ、よくもまぁあんなに臨機応変に
言い訳が出てくるもんだ、絶対彼は営業か詐欺師になるべきですね。
さすがにこれで終わるとは思わないのでまた新しい刺客が出てくるのか?

■テニスの王子様
テニスの世界では詐欺師とはイリュージョンができるということらしいです、何か違う。
というわけで図らずして手塚VS不二がスタート。
しかしまぁ本当に許斐先生の引き出しの壮大さには驚きです。
乾の悪夢に出てきたメテオドライブなんでこのイリュージョンをみた後では
しょぼ過ぎですもん、相変わらず遥か斜め上を行ってらっしゃる。

■P2!
主将としての力を証明するためあえて張と戦う遊部。
さすがに川末は勝つとしてほかに誰が勝ちを拾うんだろうか?
ヒロムは普通に負けるだろうし眞白もサイドワインダーが
封印されている今、覚醒でもしない限り勝ち目は薄そう。
Dは一応因縁みたいなのがあるんで勝つ可能性は少なからずあるけど
20%だときついなぁ。

■スケットダンス
地味だけど今回の話は面白かったです。
ほとんどみんな一話しか出てないのにちゃんとキャラがたってるのがすごいなぁ。
その代わりボッスンのキャラがいまいち立ってない&薄い気がしますが。
タイゾウみたいにキャラをとにかく出して勢いでもって行けば
そこそこ人気はでるかも。

リニューアル

環境の変化に伴いブログをリニューアル、ついでにタイトル変えました。
ブログの方向性も変更したい所存なので過去のエントリーは全部削除。
また新しい気持ちで更新していきたいと思います。
(雑誌の感想等は相変わらずしていくと思いますが。)
というわけでこれからもよろしくお願いします。



話は変わり、改装に伴いコンテンツなどを追加してみました。
メールフォームは自分で使ってみて思いのほか使いづらかったので
以前のweb拍手方式に変更、こちらの方がやはり使いやすいですね。
あとfavicon(お気に入りなどのアイコン)を作成してみました。
1分で作った割には結構気に入ってます、キャッシュの所為でブラウザに
適応されず、30分以上右往左往しましたが。