絶望モラトリアム

Since 2002/02/14

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ21・22号感想

久しぶりのジャンプ感想
バクマン終了記念ということで。
続きを読む
スポンサーサイト

打ち切り感想 ST&RS -スターズ-

『ST&RS -スターズ-』は、原作:竹内良輔、漫画:ミヨカワ将による日本の漫画作品。
『週刊少年ジャンプ』(集英社)2011年30号から2012年20号まで連載された。

宇宙好きの少年白舟真帆とその幼馴染星原めぐる、他校より転校してきた優等生宙地渡の3人が、2035年7月7日に火星にて人類が宇宙人に会うという出来事を主軸にして奮闘する物語。
話数カウントは「第○歩(だい○ぽ)」。

UTC(協定世界時)2019年8月10日午前3時02分40秒及び同日午前6時35分27秒、宇宙人からの信号を天文学者ドレイク・コリンズとその孫フィフィー・コリンズが発見。
その後世界中の観測者・研究機関に検証され、疑いようのないものと判明。
2019年9月1日、足が悪く参加できなかった発見者ドレイク・コリンズに代わって孫のフィフィー・コリンズが国際放送にて解読された宇宙人からのメッセージを発表。
その内容は「2035年7月7日 私たちと火星で会いましょう」というものだった。
一方、人類に第一のメッセージが届いた時と同時刻、日本時間2019年8月10日午後0時02分40秒、日本の北関東太平洋沿いのある町で1歳3カ月の乳児であった白舟真帆は、初めての言葉で「かせい」としゃべる。
時は経ち2033年12月。15歳になった白舟真帆は宇宙学校に通う事を志願し、幼馴染の星原めぐる、新たな友人となった宙地渡と共に厳しい入学試験を潜り抜け見事に合格。
2035年7月7日に火星にて宇宙人に会うことを目標に、仲間たちと共に宇宙飛行士への道を歩む。

引用元:Wikipedia

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。