絶望モラトリアム

Since 2002/02/14

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スモーキーB.B. 第1回 「煙たい奴」

皮肉屋な凄腕中学生投手・灰村煙爾郎。
家の借金により高校進学を諦めていた煙爾郎だが、突然現れた少女の驚愕提案により夢の歯車が再び回り始める!

『スモーキー』な投球で運命を切り開け!思惑疑惑渦巻く甲子園への道、開幕―!!

引用元:集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト shonenjump.com

作者情報
原作
小宮山 健太(こみやま けんた)
1981年9月2日生まれ

作画
河田 悠冶(かわだ ゆうや)
1991年1月3日生まれ
かつては元海星、河田悠也というペンネームを使っていた。
週刊少年ジャンプ初の平成生まれ連載作家。

赤マルジャンプ2010WINTER:「奇怪とんち噺 花咲一休」を掲載。
週刊少年ジャンプ2010年34号:「奇怪とんち噺 花咲一休」を掲載、第6回ジャンプ金未来杯受賞
週刊少年ジャンプ2011年23号:「奇怪噺 花咲一休」を連載開始。



続きを読む
スポンサーサイト

無刀ブラック 第一話 「春」

天下のお膝元・江戸。
全国からあらゆる猛者が集まり、その腕を振るわんと武道場がそこかしこに開かれ、今や日夜白刃舞う一大激戦区となっていた。
とある春、ひとりの男がまたしてもこの地に新たな道場を開いた。その男の名は黒月雪路。
見るからにひ弱で頼りなげな風体に加え、その流派は戦う術である「刀」を持たないという。
当然のことながら、いつまで経っても道場に入門する者は訪れず、閑古鳥が鳴いていた。痺れを切らした大家の藪。
このまま門人がいないままでは、いずれ道場を出て行ってもらう、と。仕方なく町に出て道場の宣伝をしようとした時、ひとりの少年と出会う…。
少年の抱える苦悩、そして黒月と道場の運命を大きく動かすことになる約束とは!? 今、江戸に新たな夢が花咲こうとしている!!本格御江戸武道譚、開幕!!

引用元:集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト shonenjump.com


作者情報
野々上 大二郎(ののうえ だいじろう)
1989年6月2日生まれ
岡山県立大学デザイン学部卒業

第33回JUMPトレジャー新人漫画賞:「rhapsody in blow」で佳作を受賞
ジャンプNEXT!2010年SUMMER:「浮雲」を掲載。
週刊少年ジャンプ2011年02号:「サジタリ」を掲載。
週刊少年ジャンプ2012年20号:「無刀ブラック」を掲載。

news_thumb_wj201325_R.jpg

続きを読む

打ち切り感想 新米婦警キルコさん

『新米婦警キルコさん』(しんまいふけいキルコさん)は、平方昌宏による日本の漫画作品。
『週刊少年ジャンプ』(集英社)2012年51号より連載中。

房総の辺境に赴任してきた新米婦警・音無キルコが繰り広げるポリスコメディアクション。


あらすじ
房総半島の辺境にある埋め立て地、流島(ながしま)。ここはバブル崩壊で空港建設が中止になり、ほぼゴーストタウンと化している。
署長と安錠の2人だけしかいなかった鱧川警察署・流島分署に、新人が配属されて来た。それが元傭兵の「音無キルコ」であった。

引用元:Wikipedia

新米婦警キルコさん 1 (ジャンプコミックス)

続きを読む

SOUL CATCHER(S) OP.1 「幼馴染のセイレーン」

他人の心が「見」えてしまう少年・神峰翔太(かみねしょうた)。
そのチカラを人のために使おうとするが、いつも上手くいかず、自分の目に宿った意味を見出せず絶望していた。
そんな中、学校の屋上で出会った少年・刻阪響(ときさかひびき)のサックスの音色に自らの心を掴まれてしまう!!
刻阪のことが気になった神峰は、吹奏楽部の演奏会に足を運ぶ。
そこで神峰は、刻阪の演奏が人々の心を掴み、揺さぶる様を目の当たりにする。
絶対に有り得ないと思っていた、自分には不可能なことをやってのけてしまった刻阪に話を聞くべく、彼に接触を図るのだが、
刻阪もまた、他人には話せない暗い闇を抱えていたのだった?…。
その秘密を知った神峰は…!?

サッカー漫画「LIGHT WING」で名を馳せた奇才・神海英雄(しんかいひでお)が、渾身の題材を引っさげて少年ジャンプにカムバック!!
満を持して放つ本格「吹奏楽」物語でキミの魂(ソウル)をキャッチする…!!

引用元:集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト shonenjump.com

作者情報
神海 英雄(しんかい ひでお)
1982年7月27日生まれ
赤マルジャンプ2004SUMMER:「アンサンブル」で漫画家デビュー
赤マルジャンプ2005SPRING:「Heart Catcher」掲載
週刊少年ジャンプ2007年9号:「Dodge The Ball」掲載
週刊少年ジャンプ2008年13号:「Q部!!(キューブ)」掲載
週刊少年ジャンプ2010年42号:「LIGHT WING」連載開始
週刊少年ジャンプ2013年24号:「SOUL CATCHER(S)」を連載開始

SOUL CATCHER

続きを読む

打ち切り感想 HUNGRY JOKER

『HUNGRY JOKER』(ハングリージョーカー)は、田畠裕基による日本の漫画作品。
『週刊少年ジャンプ』(集英社)2011年37号の第7回金未来杯を受賞し、2012年50号から2013年24号まで連載された。
話数カウントは「case.○○」。

あらすじ
天才ではあるがどこか抜けている少年科学者ハイジとその助手鳥居大路千歳の二人が失われたハイジの記憶の手掛かりを求めて繰り広げる怪奇科学冒険譚。
『エウレカ』と呼ばれる現代科学では解明できない超常物質が物語の鍵。
警察が発見した光る死体。その解剖のために呼ばれた謎の天才少年科学者ハイジには6年前以前の記憶がなかった。
ハイジの知る唯一の記憶、それは黒いリンゴと光る死体の山。黒いリンゴの秘密とは?彼らを見る謎の人物の正体は?
そして謎のアイテム『エウレカ』とは?ハイジと千歳の冒険譚が幕を上げる。

引用元:Wikipedia
引用元:ニコニコ大百科

HUNGRY JOKER 1 (ジャンプコミックス)

続きを読む

めだかボックス 第192箱「黒神めだか健在なり」

『めだかボックス』は、原作:西尾維新、作画:暁月あきらによる日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)2009年10号に読み切りとして掲載され、同年24号から連載開始。

「戯言シリーズ」「〈物語〉シリーズ」などで知られる西尾維新が手がけた初の週刊連載の漫画原作で、西尾原作の漫画作品としては3作目となる。話数カウントは「第○箱」で、各回のタイトルは、その回に出てくるセリフやモノローグからの引用になっている。

あらゆることを完璧にこなす主人公、黒神めだかが学園内でおきた問題を生徒会の仲間たちと共に解決してゆく物語。短編形式での導入後は、人為的に天才を作り出す「フラスコ計画」を主軸に、研究を進める学園側とその阻止を目指す生徒会、過負荷を擁する第三勢力の攻防が描かれる。超人的な能力が存在する作品でありながら、相手を更生させたり成長の手助けをすることを話の主体としている。

登場人物の奇抜な名前や推理要素・言葉遊び・パロディなど、原作者が自身の作品で用いる要素は本作でも健在であり、本作では掲載誌である『週刊少年ジャンプ』に関するメタフィクション的な台詞回しが特に多い傾向にある。

単行本は2012年2月28日発表の時点で340万部を発行している。

2011年10月にテレビアニメ化が発表された。2012年4月から6月まで全12話が放送され、同年10月から12月まで第2期が全12話(本編全11話+番外編1話)で放送された。また、西尾による書き下ろしの小説版も発売された。

引用元:Wikipedia



続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。