絶望モラトリアム

Since 2002/02/14

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ13号感想

■ONE PIECE
「あ 私仲間になってもいいですか?」
「おう いいぞ!!」

いやぁ本当にさらっと仲間に入ったなぁ、ブルック。
以前の仲間入りの時との対比もあって中々衝撃的な仲間入りでした。
前回と違って皆が受け入れモード全快なのもいいですね。
ブルックの仲間入りの挨拶も格好良くて素敵でした。
妙に古臭い感じがしましたがよく考えたら50年前の人間なんでそんなものか。
かつてエースからもらった紙の正体はビブルカード。
ローラ達は新世界側から来たらしいのですが海路を逆走する方法でもあるのか?
ビブルカードによって判明するエースの安否、どうやら死にそうなようです。
まぁ海軍的にも生かしておく必要性がないので拷問でもされているって感じでしょうか?

■NARUTO
わりと最強っぽい天照でしたが目でみないと燃やせないという弱点がありました。
回避不能とか言われてる割には全然避けれるよなぁ、天照。
サスケの最後の術はこれ見よがしに出てきた雷雲を使う術ですかね。
さすがに雷はイタチも避けれないだろうし、動くこと雷霆の如しぃ!!

■BLEACH
腕増やしたりと色々と頑張ったノイトラでしたが最終的には剣術に負けました。
うわ~結局ノイトラさん卍解させることなく負けそうですね。
ていうか両手って、そりゃ威力変わるでしょうがさすがに変わりすぎです。
なんかもう一護も妙な修行とかせずに剣道部はいったほうが良かったんじゃないのかと。

■初恋限定。
なぜか何度も山本さんがチョコのことを爆弾扱いしていて不思議でしたが、
まさかこの展開の伏線だったとは・・・、ていうか何気に超展開ですよね。
しかもボマーって、どこのゲンスルーですか。

■テニスの王子様
200802251431000.jpg


ああもう許斐先生は本当にすごいなぁ。
ちょっともう宇宙が一周してもこの人のセンスにはたどり着けそうに無いわ。
たどり着いた天衣無縫の極み、しかし天衣無縫の極みなど存在しなかった。
天衣無縫の極みとは誰の心にも最初はあったテニスを楽しむテニス。
テニスを始めたときは誰もが天衣無縫であった。
しかし、勝利の為にテニスへの愛を皆が失っていった。
誰もよりもテニスを楽しむこと、それが天衣無縫の極み。
そしてその極みと相対する立海の幸村。
天衣無縫の極みとは真逆の楽しむためではない、勝つためのテニス。
その意地が、リョーマのサムライドライブすら打ち返す!!!
・・・だめだ、サムライドライブとタイピングしただけで笑いが止まらん。

■エム×ゼロ
明らかになるプレートのシステム。
思った以上に複雑なんですね、4~5種類ぐらいしかないと思ってました。
B(ブロンズ)届いたのは1年では3人、うち一人が大門ですか。
ということはまだ出てきていない2人も大門クラスの実力者ということですかね。

M0は手放したくないが魔法は使ってみたい九澄。
そんな願いをかなえるべく黒魔法処理(ブラックマジックプロセス)を施した
ブラックプレートを手に入れるため、技術者である校長の父の元へ。
ブラックプレートは聖凪高校の秘密にも繋がっているようですが
一体この高校にどんな秘密があるのでしょうか?
幽体である校長父が普通に存在しているのも不思議だしなぁ。

■魔人探偵脳噛ネウロ
馬鹿ゆえに恐ろしい血族のテラ。
ちょっとテロるからって本当に軽々しいなぁ。
湾岸地帯で大きな杭ってなんだろうか、地方在住だから想像すらできん。

■PSYREN
さらに明らかになるサイレンの世界とPSIについて。
現在地が愛知県で徐々に東にいってるってことは最終的には北海道か?
カードの度数が減るのは一定ではなく毎回違うようです。
ゲームの難易度によって度数が減ったりするのかな?
PSIの才能を発揮するアゲハとヒリュー。
個々人によって能力には結構変化があるみたいですね。

■サムライうさぎ
新しい刀?を手に入れたうさぎ道場の面々。
黒札と兎咬はともかく七菜鍬とかはもう完全に農具のような・・・。
いやまぁ天掌絶刀羅神元には負けるけどね、なんだみょんって。
んで良成もマロとおんなじ修行してて笑った、なんて不自然な図だ。

■Q部!!
ん~わりと面白かったんですが主人公以外の二人が空気だったのがなんとも。
読みきりなんであんまりキャラが立てられないのは仕方の無いことなんですが
本当にいるだけだったからなぁ、あの二人。
関連記事
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。