絶望モラトリアム

Since 2002/02/14

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年サンデー13号感想

■結界師
無事に帰ってきたのもつかの間、良守の前に点穴もどきを狙う刺客襲来。
絶界じゃないと防げない攻撃をしてくるあたりかなり強力な敵ですね。
とりあえず豆蔵があの攻撃で死ななくて良かった。

■最上の命医
少しだけ明らかになる危の過去。
彼も本質的には命と変わらない心を持っているようですね。
んで実は危兄の真の目的には病院に関する利権が絡んでいるようです。
来週からはその利権のために命を利用していく展開になるのかな?
そして気づかないうちにほだされていくと・・・。

■史上最強の弟子ケンイチ
さすがケンイチ、身体能力もかなり向上しているらしくもう普通の人間に比べて
一線を超えている能力を身に付けているようです、相変わらず不幸属性だけど。
ルール無用の騎馬戦に参戦してきたコーキン。
一応キサラとかの返事の期限が今日までなら今日潰す必要ないし
なんらかの警告をするのが目的だろうか。

■呪法解禁!!ハイド&クローサー
絶対絶命のピンチながらも男をみせる春瓶。
ツンツン女にも順調にフラグが立ったようです、ていうかハイドの正体もばれたことだし
今後何かと絡んできそうですね、雨竜龍美。
ていうかセヤブディの能力は極悪だなぁ、本体に触れなくても良いって強すぎだろ。
まぁ彼自体がペラペラなんで防御力がないのが弱点か。

■タッコク!!!
なんつーかハシラ文の通り福地先生が卓球漫画描いたらこうなるよなぁって漫画。
細かいことはすべて置き去りにして勢いのみで一気に読ませるところはさすが。
特別感動もしないけどそこそこ楽しめる良い感じの漫画でした。
そして改めてテニプリの世界は狂気で満ちてると実感しました。
そうだよなぁ、球が増えてり心眼とかするって基本ギャグだよなぁ・・・。
福地先生は無理をせずしばらくこういったゆる~い漫画を読みきりで描いて
充電できたらまた連載してほしいですね。

■イフリート
源三郎の孫の正体は例のお姫様でした。
これは咎人会と対決か!?と思いきや咎人達の天敵が登場。
ん~咎人の天敵ってなんだろうか、ただの商売敵?
ユウやニナミに咎人を辞めてもらうのはこれ以上巻き込みたくないからか。
確かに銃神モードの源三郎メッチャ強いしなぁ、彼が主人公でも良かった気がするくらいだ。
関連記事
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。