絶望モラトリアム

Since 2002/02/14

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼らの行方を知るものはいない

大学院に入学して一番大変だったのは先生方と連絡をとることだったりします。
学部の頃と違って、院生になると授業のことやらTAのことやらで
先生方に連絡をとる必要があるんですが、
いやはや、皆さんお忙しいようで内線にかけてでられる事なんて滅多にありません。
やれ学内を散歩してたり、よその研究室に行ってたり。。

しょうがないから緊急ではない場合はメールを送るようにしてるんですが、
実はこっちも中々曲者で先生方の中には
「私はメールは絶対みないとよ~」宣言されている方もいます。
理由はメールを読んでいちいち返事するのが面倒らしいとのこと。
仮にも情報分野の研究に身を置く人間がそれはどうかと思ったり。。
まぁ思っているだけで絶対に口に出せないのが学生の辛い所ではありますが。

というわけで先生方と中々連絡がとれないので、今日も学内を奔走する次第であります。
内線に出られなくて急用かつ携帯の番号を知らなかったときの苦肉の策です。
まぁ携帯の番号にかけても普段持ち歩いていない先生もいるんですがね(苦笑)
せめて出張かどうか分かるようにしてもらってもバチは当たらないと思うんだけどなあ。
一日中連絡とって結局出張だったとかかなり凹みます。
関連記事
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。