絶望モラトリアム

Since 2002/02/14

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN13 「過去 から の 刺客」

さて、新OP&EDになり、物語も中盤にさしかかってきました。
今回は興味深い話あり、歓喜あり、驚きありの濃い内容でありました。
どう考えても一話でやる話じゃないよなぁ・・・これ。

許す・許さない・許せない
意外とルルーシュのことを許していたシャーリー。
ちょっと物分りが良すぎるような感じがしますが、
先週の展開から彼女はダメンズウォーカーの素質があるので
相手が駄目なら駄目なほど惚れる性質があるのでノープルブレムです。
そしてルルーシュが許せないと語るスザク。
そうか、記憶がなくなっている(と思っている)とはいえ、
ルルがユフィを殺したことには変わりはないのでもう親友とは呼べないんですね。
スザクがルルーシュを許す、そんな日は来るのだろうか?

オレン・・・いやジェレミア・ゴットバルト!!

orange.jpg


「Yes,Your Majesty」

まさかのジェレミア仲間入り、これはちょっとかなり予想外だったなぁ。
マリアンヌの警護の任に当たっていて、それからずっと彼女に忠誠を誓っていたと。
彼がルルーシュの前に現れたのは、ルルがゼロになった理由が
マリアンヌ殺害に対する復讐かどうか判断するためだったんですね。
うん、普通に格好いいよジェレミア・ゴットバルト。
今までオレンジやらシェルブリットやらいっててゴメンね。
でもここだけの話「Yes,Your Majesty」っていうまで
絶対油断させるための罠だって思ってました。

シャーリー退場

death20080706.jpg



何度生まれ変わっても、きっとまたルルを好きになる・・・これって運命なんだよね?

だから・・・いいよね・・・・・ルル

生まれ変わってもまたルルを好きになっても、何度も何度も好きになる・・・から・・・



ええええ!??!?
っということでまさかのシャーリー死亡。
死亡フラグはビンビンに立っていたもののまさかこんなあっさりと退場するとは。
しかも状況的にどう考えてもロロがヤっちゃったわけで。
この事実をルルーシュが知ったときにはどんなリアクションをするんだろうなぁ。
ていうか本来ならそばにいてやるべきだったスザクはどう思うのだろうか。
ユフィ程ではないにしろシャーリーも大切な友人だったはずだし。
ちなみに最後の台詞で某オサレ漫画のヒロインの台詞を思い出してしまったのは秘密だ。


はてさて、ついにシャーリーが死んでしまったわけなんですが、
ルルーシュはこれからどうするのだろうなぁ。
シャーリーはルルーシュにとって日常のヒロイン的立場にいた存在なので
ひょっとしたらもう日常には戻れないかもしれませんね。
学校で誓った花火ももう「みんな」ではやれなくなったもんなぁ・・・。
関連記事
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。