絶望モラトリアム

Since 2002/02/14

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ36号感想

すきまさがしの赤松さんがジャンプ感想更新チェックを作成してくれました。
ジャンプ感想好きとしては非常に嬉しいところです。
しかしこういったものをぱっと作れてしまうってのは凄いなぁ。

早売りネタバレ感想につき、続きにて


■トリコ
トリコのガチンコの戦闘は今回が初めてといっても良かったわけですが
内容が非常に濃くて満足、思えばたけしの頃からバトルは好きだったなぁ。
そしてトリコの小松に対する反応も非常に良かったです。
「なぜ小松が足手まといなのに毎回ついてくるのか?」という疑問に
きちんと作中で回答を出してくるのはさすがだなぁ。
足手まといも何も助けれそうだったらとりあえず助けるけどちょっと面倒そうだったら
遺書残してるし死んでも良いよね?勝手について来てるんだし。
ってのがトリコのスタンスっぽいですね。

■BLEACH

bleach-320.png

OK、今回の話は楽しんだもの勝ちというのはよく分かった。
久保先生はクールホーンを描いてる時は楽しくてしょうがないだろうなぁ。
んでそんな彼の帰刃は「宮廷薔薇園ノ美女王(レイーナ・デ・ロサース)」
なんだよ煌めけって、使う言葉からして敵キャラじゃないよもう。
アビラマさんの「空戦鷲(アギラ)」を見習ってほしいです。
あとアギラって絶対

agira.png

こいつが元ネタだよね?

■ONE PIECE
量産型くま強ぇえええええ。
黄猿のビーム内蔵とかどんなチート設定なんでしょうか?
おまけに肉体もルフィ・ゾロ・サンジが同時に攻撃しても大してダメージ受けてないし。
正直大将の面々や七武海よりもエージェント・パシフィスタの方が
よっぽど脅威だと思います、待っていたよアンダーソン君。
ドレークはゾオン系悪魔の実で”古代種”の能力者だそうです。
アプーも能力者っぽいしルーキーで能力者じゃないやつっているのか?

■D.Gray-man
クロス、散る・・・!!

ってえぇ!?死んだの!?!?
まぁ物語の核に明らかに突っ込んでたし戦闘力的にも作中のジョーカー的存在だったので
何らかの形で退場はするんだろうなぁっと思ってましたがこんなあっさりと死ぬとは。
一体犯人は誰なんだろうか、アレンが容疑とかかれられやしないか心配です。

■TO LOVEる
例えば、例えばだ。

君がコンビニでジャンプを買う為にレジに置こうとする。

そんな時に手が滑ってジャンプが開いた状態でレジに置かれたとしよう。


tolovel-14.png

そのページがこれだったらどうなるだろうか?

なんというかもうあまりのシュールさに笑いが止まらなかった。
某M氏が 「ついにイヴがパンチラ!」とか喜んでいた時期が懐かしい。

■銀魂
日輪を助けようとする晴太、しかし日輪の翼はすでに折られていた。。
ていうかどう考えても少年誌で載せる内容じゃないですよねこれ、いまさらですけど。
銀さんも復活して月詠も参戦したけど相変わらず勝てる気はしないなぁ。

■NARUTO
むしろこれ、幻術じゃなかったら斬新だよね?(NARUTO的に)

まぁそれはさておき今週はまずまずの展開だったんじゃないかと。
ちょっとジークフリート入ってる八尾や言葉遣いがおかしい水月、棒立ちの仲間など
突っ込みどころは多々ありましたが八尾の強さは伝わってきましたし。

■キャプテン翼
まさに空白の補完をするという意味では非常に良くできた作品だったのではないかと。
小学生編なので葵なんかは出てきていませんが殆どのキャラは網羅していたし
翼の早苗に対する呼び方やフィールドプレーヤーとしての若島津、
ドライブシュートにMF転向など非常に内容の濃いものになっていたと思います。
明らかに終了時期を間違えているキャプつばですが、やっぱり名作だったんだなぁ。

■魔人探偵脳噛ネウロ
群集の例えがあまりにも分かりやすすぎて吹いた。
うん、確かにあっちの方が統率とれてるしより不気味だよなぁ。
そして怒りとか悲しみとかではなくS魂に火がつく主人公ってどうなんだ。
もう今からジェニュインの末路が不憫すぎてしょうがない。
とりあえず調教は性的な奴でひとつ。
あとジェニュインは「空気」を操る血族だったようで。
五行と今までマッチしていたのは単なる偶然だったのかな?

■ダブルアーツ
ついに作中にも登場したダブルアーツという単語。
双戦舞という漢字、そして今週の訓練を見る限り
二人でさながら舞を踊っているような感じで相手を倒していくんでしょうか?
あと、スイのうざっぷりがそろそろやばくなってきたような気が。
さすがに唾はくとか可愛いのラインを超えてるよなぁ。

■PSYREN
あ~なるほど核シェルターか。
てっきりカブトショボーンな展開になるかと思っていたら
予想以上に成果はありそうでびっくり、確かに戦争カメラマンなら
世界に平和がいかに危ういものかもわかるから準備してても可笑しくはないな。
そしてついにヒリューが自分の置かれている境遇に気がつく!!
そうだよね、最近本当に良い事ないよね!?
今からドルキにボコられないか心配です。

■SKET DANCE
お前どこまでいくねん!!!
関連記事
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。