絶望モラトリアム

Since 2002/02/14

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ45号感想1

ジャンプが土曜日発売ということをすっかり忘れてしまっていたせいで
コンビニを4件もはしごする羽目になったぜ・・・。


■ベンチ
さすがに現連載作家ということだけはあり、読み切りとしては非常に無難に仕上げてきました。
しかし、岸本先生の「キャラにうまいことを言わせようとする」「設定が荒い」といった弱点が如実に表れた作品となってしまった気がします。
前者の「キャラにうまいことを言わせようとする」ですが、ビックとピッグの聞き間違い等、何故いきなりそんなエピソードが唐突に挿入されたのか最後まで意味がわかりませんでした。
後者の「設定が荒い」は今回の読み切りで顕著に表れた弱点でしたね。
1.A~Dチームが存在するがB・Cチームはまったくでてきていない。
2.アトムの視力低下が唐突、さらに本人及び家族が2年間その可能性に気がつかないことに無理がある
3.写真を見間違えるほどの視力低下にも関わらず、日常生活に一切支障をきたしていない
4.そもそもタイトルの「ベンチ」がまったく作品の内容を表していない

さらっと読んだだけでこれだけの「荒さ」が目立ちました。
特に視力低下は今回の話のキモにも関わらずあまりにも強引な設定で残念。

■バクマン。
行き当たりばったりで悲劇のヒロインとなっている白鳥君もいかがなものかと思いますが、恋太に対するサイコーとシュージンの認識もひどいものがあるよなぁ・・・。
もともとPCPを優先するという条件はあったにしろ、サイコー自身が連載を目指すべきと焚きつけておきながら面倒になったら手を引けばいいから気が楽っていうのは少々酷な気がします。
話は変わり、サイコーは2作品同時連載を目指して執筆速度の向上に精を出します。
1日で下書きを終える為には1ページおよそ57分、現状のほぼ倍のスピードで描き上げなければいけないのは中々きびしいですね。
というか、現実の作家の方で速筆と言われている先生はどの程度のスペードで漫画を描いているのでしょうか?
少し調べてみたんですが、同じような指標が無かったのでいまいちわかりませんでした。

■ONE PIECE
ついに仲間が全員出そろいましたね、600話にて全員集合っといた感じでしょうか。
フランキーは本当に変わってしまいましたね・・・人類として接することができないロビンの気持ちも分かります。
ゾロは隻眼で確定?修行中に怪我をしたのか、それとも修行の一環として片目を瞑っているのかは不明ですが。
ガレオン船真っ二つはかつてのミホークと同じですが、分かりやすい成長の表れだと思います。
ルフィも騒ぎを起こさず覇王色の覇気で雑魚を一蹴、意味深な表情をしていましたが見聞色の覇気で心を読んでいたのでしょうか?

■PSYREN -サイレン-
最初はガンツっぽい設定かと思っていたらいつの間にかクロノトリガーになってたぜ。

■LIGHT WING
いい感じにとんでもサッカーになってきたので個人的には応援したいところ。
手塚ゾーンもどきを使いこなすキーパーとか出てきたらコミックスを揃えるかもしれません。
関連記事
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。