絶望モラトリアム

Since 2002/02/14

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ 過去10年の連載と打ち切り

以前バクマンにて「3年以内に結果を出さなかったら他部署に異動」という発言があり、これが真実だとした場合、どの程度の「結果」を出せば異動を免れるのか、過去10年の連載と打ち切りの状況を加味した上で考察していきます。
1年以上の連載状況を確認する為、データ期間の10年は2000年~2009年としました。


まずは、過去10年の連載開始状況と、その連載作品が1年以上連載したかどうかの集計結果です。

連載開始数1年以上連載確率
200012433%
200111327%
200210330%
20031119%
200412542%
20059444%
200610550%
200710330%
200813538%
200914429%
1123733%

上記の結果から、
・毎年10作品前後の作品が連載の権利を得る。
・約30%の作品は、1年後も連載している。
以上のことが分かります。

2003年は1年以上連載した作品が「武装錬金」の1作品のみとなりました。
こちらは赤マルジャンプでの最終回と殆ど打ち切りに近い状況でしたが、約2年の連載、アニメ化等ヒット作品と言っても過言では無いと思います。
ちなみに、不作の年となった2003年ですが、他の掲載陣は以下の通りです。

ごっちゃんです!!
サラブレッドと呼ばないで
神撫手
神奈川磯南風天組
闇神コウ?暗闇にドッキリ!?
グラナダ -究極科学探検隊-
TATTOO HEARTS
キックス メガミックス
★SANTA!★
戦国乱破伝サソリ

この中で半年以上連載した作品は「ごっちゃんです!!」のみ。
次点が「神奈川磯南風天組」という恐ろしく不作の年でした、因みに3位は「闇神コウ?暗闇にドッキリ!?」です。

その反面、次年の2004年は豊作でした。
連載開始数12作品のうち、5作品が1年以上、その内4作品が3年以上の連載期間となっています。
1年以上連載した作品は以下の通り。
銀魂
家庭教師ヒットマンREBORN!
D.Gray-man
ムヒョとロージーの魔法律相談事務所
DEATH NOTE

「銀魂」・「家庭教師ヒットマンREBORN!」は現在も少年ジャンプで連載中、どちらもアニメ化されておりジャンプの中堅漫画としてのポジションを確立しています。
「D.Gray-man」は休載が多かったものの、ジャンプスクエアで一応連載中です。
唯一、3年以上連載しなかった「DEATH NOTE」ですが、不人気による連載終了ではなく、作者が「108話で終わらせたかった」等の発言をしており、もともと長期連載を想定した作品で無かったことから、人気のみを考えれば、3年以上連載していてもおかしくなった作品と言えます。
加えて上記5作品の内、「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」以外の4作品がアニメ化されており、稀にみる当たり年でした。


さて、話を本題に戻して「結果」の程度を考察します。
少年ジャンプの編集部の人数を調べた結果、Wikipediaに以下の記載がありました。

これに伴い『少年ブック』は休刊が決まり、少年ブック編集部は少年ジャンプ編集部に統合される。少年ブック編集部の編集者と宣伝課からの6名の異動により、8名だった少年ジャンプ編集部は14名になった。この時加わったメンバーには前年1968年に集英社に入社および少年ブック編集部配属になり、後に『トイレット博士』を担当する角南攻もいた。他週刊少年誌の編集部は当時でも20名以上で構成されており、14名と増えても以前と変わらず人材不足の状態であった。実際に2009年5月時点のWJ編集部の人数は22名とその後増えている。

編集長1人・副編集長3人・班長・平社員で構成されていることから班長3名・平社員は15名となります。
3年間で30作品以上の新連載が始まりますから、1~2作品は連載に持っていける可能性があります。
ただし、一人で複数の作品を立ち上げたり、する場合もある為実際はもっと厳しいと考えられます。
こうなると「連載を立ち上げる」だけでもそれなりの結果を残したといっても過言ではありませんね。
無論、立ち上げた連載が人気作品となれば、これ以上ない実績となるとは思いますが。


結論として、「結果」のラインははっきりとは言えないことが分かりました、はい、考察でもなんでもないですね。
ただし、上記の集計結果等を考慮すれば
・立ち上げた連載が1年以上連載する
・例え短期で連載が終了しても連載を立ち上げるだけでも、実績としては考慮される。
 
上記に加えて、担当替え後の人気上昇等も結果の一つとして考慮される可能性がありますが、立ち上げ時の苦労を考えるとちょっと弱そうですね。
関連記事
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。