絶望モラトリアム

Since 2002/02/14

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ30号感想

グリム終了。
やはりあの絵では厳しいか。。


■ST&RS -スターズ-
原作:竹内良輔 作画:ミヨカワ将による新連載。
原作の竹内先生はジャンプNEXT! 2010SPRINGにて、「白舟くんと天体系彼女」でデビュー。
話の内容は大きく変えてきていますが、同じSF系であり前作を元に練り直してきた感じ。
手塚賞(2000年下半期)を「47th dreaming」で佳作を受賞した時から足掛け10年以上、ついにジャンプで連載を勝ち取りました。
作画のミヨカワ将先生は今まで三代川将のペンネームで活動しており、十二傑新人漫画賞(2005年7月期)、「ホタルのヒカリ」で審査員特別賞を受賞してから何度か赤マルジャンプに掲載。
2009年21号に「血風学級怪」がジャンプに読切として掲載されています。

両先生ともジャンプでの連載は初であり、今回のデビューまで相当苦労してそうです。
そんな両先生渾身の作品ですが、初連載とは思えないほどのクォリティでした。
第一話のワクワク感だけならここ数年の新連載の中でも断トツ。
キャラクターも第一話では割と立っており、ストーリーの明確な目標(火星で宇宙人と会う)も提示されている為とにかく読みやすい。
ジャンプでSF物は珍しく、調べてみるとぱっとでてくるのは戸田尚伸先生の「惑星をつぐ者」ぐらい。
ちなみにこちら全9話みたいですので、短期打ち切りをくらってます。
しかし、SF物は一定の需要はありますし、基本的に少年は宇宙とか好きだと思うので、良い感じに少年誌的ハッタリと効かせていけば長期連載も十分可能。
なにはともあれ、来週からの展開が非常に楽しみです。

■家庭教師ヒットマンREBORN!
なんで決闘して負けたら牢獄に入れられるん(´・ω・`)
に対するアンサーがありました、ようはお二人とも(特にコザートが)楽観的だったから。
まぁ二人の友情の証を見せても云々というすれ違いに対する予防策はしっかり張っていましたがね。

■奇怪噺 花咲一休
ふ~ん、と流し読みしてましたが、最後の「目の付けどころ」はちょっと面白かったです。
こう、作者が毎回巧いこと言ってやるぜ!!という感じが凄い出てて良かった。

■黒子のバスケット
ずっと火神のターン!!
結局青峰君の本気の本気は後半戦からになりそうです。
そしてすっかり野性的な彼氏に置いていかれ、元彼にも駄目だしされた黒子君の明日はどっちだ!

■銀魂
まぁこれもある意味SF?
股間とか吹き出物とかあるロボットは嫌ですが、それをストーリーにちゃんと絡ませるあたりはさすがだなぁ。

■SKET DANCE
いや~今週のスケットダンスは面白かった。
確かにスケットダンスには今までいなかったゲスキャラ。
以前の銀魂とのコラボでの「下ネタには気を使っている」発言があるから余計に面白かったですね。
メタ的に浪漫ちゃんを使うのも効果的でした。
というかゲスリング部って凄い楽しそうだよね、ていうか正常な男子高校生の日常な気がする。

■NARUTO
あれ、尾獣モードで影分身するのってチャクラ的に危険なんじゃ?
ちゃんと後で説明があるといいなぁ、多分納得のいく答えはでないんでしょうけど。
マダラは細胞レベルで不死みたいですが、これに対する必殺技として風遁螺旋手裏剣があるわけですね。
初登場時は投げれないわ自分もダメージ食らうわでなんだこの技と思っていましたが、まさか細胞レベルでの攻撃がマダラに最も有効だとは、ちゃんと岸本先生考えているんだなぁ。

■バクマン。
ん~、結局カラーの使い方としてはそんなにうまく無かったなぁ。
センターカラーの画が作品に大きく絡んでくるのは面白いと思いましたが、正直暗号自体はカラー関係なかったですしね。
そして今回まともにPCPが一話分掲載されたわけですが・・・これ面白いか?
精々絵の上手いスケットダンスぐらいだと思いますが、これがジャンプで1位をとるのには納得できないなぁ。
まぁ作中作にそこまで求めるのは間違いかもしれませんが。

■BLEACH
月島の能力はチートだなぁ、多少のタイムラグがあるのかもしれませんが、一度斬りさえすれば半永久的に自分の仲間になるとか無体すぎる。
しかも相手との関係性も思いのままとか・・・恋人とか・・・ゲスゲスゲス。

■めだかボックス
相変わらず球磨川君が主人公していて格好良すぎる!!
かつての敵キャラで特に弱体化もせず、どちらかといえば仲間になった方が魅力的になるのって珍しいなぁ。
再度の敗北フラグ(裸エプロン)を立てたわけですが、球磨川は勝つことができないキャラなんで結果が読めませんね。
しかし「明日から君の制服は裸エプロンだ」という台詞はここまで格好良く感じるとは、ゲスも通り越すと男らしくなる好例ですね。

■ONE PIECE
う~む、なんかいろいろキャラが出てきましたが、あんまり魅力を感じないなぁ。
そもそもホーディを始め、2年間の修行を経たむぎわら一向に勝てそうなキャラがまったくいないんですよね。
実際、ドーピング前のホーディはゾロに水中で一蹴されてましたし。
ラストでホーディがドーピングコンソメ状態になったっぽいですが、元が小物なんでやっぱり魅力を感じない。
関連記事
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。