絶望モラトリアム

Since 2002/02/14

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプスクエア09月号感想

感想かいたつもりでしたが、メモ帳に書いた時点で放置していた。


■To Loveる
週刊少年ジャンプ時代から読んでいる所為か分かりませんが、ララとリトの(性的なカラミ)はなんとも言えないものがありますね、性欲を持て余す。
そして着々と本来の倫理観が失われているリト、ミンナガシアワセニナルナラ、ミンナヲダケバイイジャナイ。

■新テニスの王子様
う~む、ひとしきり笑いましたが、感想書こうとしたら何を書いていいのか分からない。
とりあえず幸村攻略にはカウンターが有効というのは非常に納得。
そもそも幸村のテニスは問答無用で相手の五感を奪うというチートな能力。
これの対処法は今のところ「天衣無縫の極み」しかありませんでしたが、ここにきてカウンターによる反撃が出てきました。
そもそもどういう理論で相手に跳ね返るのか良く分かりませんが、それ以前にどうやって五感を奪うのかもよく分からないので、そこらへんは頭をからっぽにして楽しみのが正しい選択だと思いました。
よく分からないといえば袴田さんの消失(バニッシュ)も良く分かりませんでしたね。
どういう原理とか今更分かりませんが、ボールの軌道すら良く分からない。
関連記事
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。