絶望モラトリアム

Since 2002/02/14

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ37号感想

BLEACHは良いタイミングでのカラーだなぁ。
最近ドベ争いの常連となっていましたが、死神モードも復活したことですしここから巻き返しなるか?


■BLEACH
巻頭カラーのこのタイミングで人気死神勢+ハゲの投入!!これはあざとい!!(笑)
さておき、不人気だったであろう完現術(フルプリング)編ももうすぐ一区切りでしょうか。
今週月島さんがまったく出てきてませんが、正直覚醒一護の相手になるとは思えないですしね。
しかし、過去を改ざんされたチャド達はどうするんだろうか、銀城みたいにもう一度刺してもらうのかな??
それにしても、今回恋次達の霊圧によって、一護の死神の力が復活しましたが、何故死神の力を失った時に同じことをしなかったのでしょうか?
まぁ次週以降さすがに説明あるとは思いますが。

■ONE PIECE
いまいち分からなかったホーディの実力ですが、ジンベエの台詞から考えるに
「調子に乗んなよガキのヘナチョコが」程度であることが判明、所詮粋がっているヤンキーレベルか。
なんかずっと怒っているホーディですが、いい加減ルフィ達と対峙して欲しいなぁ。
で、幹部は全員1週で片付けてほしい、ほんの少しでも苦戦する状況が想像できない。

■NARUTO
イタチ無双が激し過ぎる。
この人、病気じゃない+無制限の万華鏡車輪眼だと本当にチートだなぁ。
というかカブトはいつまでイタチを放置しているんだろうか?
ひょっとしてもう彼にもどうしようもないのかな?

■バクマン。
七峰君の過去、全ては「この世は金と知恵」から始まったのだった。。
七峰君が亜城木夢叶に拘る理由が判明、結局彼にとって亜城木夢叶は自分の世界を壊してくれた永遠の憧れなんだろうなぁ。
結局、父親のバックアップが続くことが前提となりますが、サイコーとシュージンの二人に認められるまで、彼の挑戦は続くんだろうなぁ。

今回の説明で、金銭的な問題以外特に不都合がないことが証明された七峰システム.ver2.0。
サイコー達も、システム云々よりも「漫画家としての七峰君はそれでいいのか?」ということを疑問視していますね。
確かに七峰システム.ver2.0が仮に成功したとしても、サイコー達に認められるかと言えば微妙ですしねぇ。
あくまで彼らが七峰君に求めていたのって漫画家としての好敵手だったと思いますし。

■SKET DANCE
あ~しまった、最後のオチのコマ見るまで
「お前ら部室別にいらないじゃん」
という当然のツッコミが思いつかなかった、至極残念。
まぁ部室にエロ本等をおけるというアドバンテージはありますがね。
加えて個室が与えられているというのも結構大きいかなぁ、やっぱオナ(ゲスゲスゲス

■HUNGRY JOKER
第7回 J金未来杯 エントリーNo.5は田畠裕基の「HUNGRY JOKER」
2001年8月期の天下一漫画賞に、「墓守 HAKAMORI」で佳作を受賞し、2004年上半期手塚賞に「XXX WITH NO NAME」での佳作を受賞。
その後、赤マルジャンプ2005WINTERにて「ガランス」を掲載してからは長らく音沙汰がありませんでしたが、ついに金未来杯にて本誌掲載。

個人的には今回の金未来杯で一番面白かった作品。
多少絵はごちゃごちゃしていたものの、設定は分かりやすい+興味の惹く内容となっているのが好印象(24時間の縛りなど)
ヒロインもそれなりに可愛くかけてますし、設定を詰めて、画を読みやすくしていけば十分連載に耐えられる内容かと。
ただ、主人公のキャラクターは方向性ははっきりしているものの、魅力を引き出すまでにいたっていないのが残念。
闇遊戯よろしく、性格が一変するなど分かりやすい要素を付け加えるも良いかもしれません。

■こちら葛飾区亀有公園前派出所
ああ、素麺食べたくなる時期だよね、としか感じなかった今週。

■めだかボックス
頓知ボックス。

■HUNTER×HUNTER
物凄い量の心理描写、展開的にはウェルフィンが食べられちゃうよ!ってぐらいしか進んでいないんですかね。
しかし中々話が進まないなぁ、いい加減ゴンさんがどうなっているのか知りたいぜ。
あと、ユビーが一人死にかけましたが、これは何か原因があるんですかね。
卵男をくらったことが引き金になったのか、プフは分身が毒に侵されていない分緩やかなのか。
まぁそう考えると一番最初に王が死にそうですけどね。

■べるぜバブ
駄目だ、ジャバウォックと聞くと「力が欲しいか?」しか出てこない。

■黒子のバスケット
ミスディレクションオーバーフローですが、思った以上にリスクの高い能力でしたね。
しかし黒子になんか言いようのない悲壮感が漂っているなぁ。
彼、今後「ミスディレクション」を極めていったら常に誰からも認識されなくなるんじゃないだろうか。
今ですら大分危ういですが、そのうち石ころ帽子かぶった状態になってしまわないか不安。

■magico
うん、やっぱりこの作者にバトルは似合いませんね。
ファンタジーなドタバタラブコメディにアクセント的にバトル入れたぐらいで丁度良い気がします。

■エニグマ
あ、どうしよう話についていけないぞ。
え~とどういう経緯でみんなで電車のっているんだっけ、パンチラしそうな美少女女子通学生に欲情したんだっけ?
関連記事
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。