絶望モラトリアム

Since 2002/02/14

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ38号感想

第7回J金未来杯終了&第6回J金未来杯打ち切り。
うん、なんだろうなぁこの企画。


■トリコ
あ、あれ?もう帰るの??
なんだろう、元々の目的をすっかり忘れてしまって、とりあえず滝を攻略するぐらいしか頭に無かったんですが、序章だと思ったらすっかりクライマックスでした。
二人ともカロリーが無い状態でどうやってダンジョンを攻略するのかちょっと楽しみだったので残念。

■ONE PIECE
幹部と順番に対決すると思ってましたが、先週までと変わらず無双を続けてくれていて安心。
ホーディも不意打ちじゃなくても普通に攻撃喰らってるし、やっぱり彼らは「小物」だったんだなぁ。
>ワポメタル
おお、意外なところで使われてきたワポメタル。
てっきりパシフィスタMk-Ⅱあたりで使われると思っていたので、フランキーが持ってくるとは驚きです。
しかしワポメタルってバクバクの実で生成された超合金だったと思いますが、どのくらい流通しているんでしょうか?
王国作って地位を得ていたワポルですが、下手すりゃフォアグラの為に虐待されるアヒルみたいになってたかも知れませんよね

>チョッパーのモンスター発言
個人的にちょっと感慨深かった一コマ。
怪物と言われることに傷ついていた彼も、2年間の修行で大分成長したようです。

■SKET DANCE
物凄い前に載っててビックリ、アニメが好調な証拠でしょうか?
本編は安形君のラブラブ勘違い完結編?
(脳内の)複雑な関係を本人達の前で暴露する榛葉 道流はかなりのドSやでぇ。

■NARUTO
イタチが有能すぎる、どう考えても彼が火影になるべき逸材でしたな。。
九尾チャクラ+多重影分身の弊害?が一応今週でやっと描写されました。
なんか「凄い危険なんだよ!」って言ってた気がしますが、今週の描写を見る限り「ちょっと疲れた」だけっぽいですね。
う~む、本当にリスクらしいリスクがないなぁ。

■鏡の国の針栖川
ここで咲とのフラグが発生。
ベタとは言え、早々に咲とフラグが発生するとは思っていなかったのでこれは楽しみな展開。
さておき、主人公の性格がどうもくどく感じる昨今。
自分よりもヒロインや他人第一なのは、前作の主人公久澄とかと変わらないのですが、なんか引っかかるんですよね、ワザとらしいというか。

■WOLF×RED
第7回 J金未来杯 エントリーNo.6は嵩橋ヒデキの「WOLF×RED」。

2006年の「ジャンプ the REVOLUTION!」で「チコリとトマト」を掲載。
続く2007年に「赤マルジャンプ2007SPRING」にて「アルバイターキンタロウ」を掲載。
「アルバイターキンタロウ」は第4回J金未来杯にもエントリーしており、今回が二度目の本誌掲載。

内容は良くある主人公とヒロイン二人のバトル漫画なんですが、良い意味で綺麗に纏まっていて好印象。
特に展開にサプライズは無かったものの、主人公・ヒロインの目的が分かりやすく明示されており、このままの設定でも連載が可能かと。
ただ、設定の為なのかもしれませんが、画面が全体的に暗い印象を受けた事と、描き込みしすぎてごちゃごちゃしてしまっている。
また、「-SINS-シンズ」でも感じましたがとにかくバトルが長い。
ページ数が多い以上、多少は仕方ないとは思うものの、もっと爽快感のある大胆なコマ割りをしても良いと思います。
BLEACHなんか、基本真っ白+大ゴマですが、「格好良い絵」は非常に上手いですからね。

■バクマン。
ん~、七峰システム.ver2の崩壊はPCPに対する異常な執着が原因となりそうだなぁ。
って、これじゃあ七峰システムの頃と何も変わってないんですがね、まるで成長していない。
あまり人気がとれなかった作家を思い切って切ることは、会社という形態である以上当たり前のことなんですが、
それが「PCP以上か以下か」で判断されるのは残念だなぁ。
これが新妻先生が言っていた「使い捨て」というやつなんでしょうか?

■HUNTER×HUNTER
ウェルフィンさん(文字通り)起死回生の好プレー!!
ていうかウェルフィンってコムギの存在(名前含)をいつ知ったんでしょうか?
王と軍儀していた頃には存在は知っていても恐らく名前は知らなかったと思います。
その際の認識も「王の暇つぶし程度」であり、取るに足らない存在だったと思います。
そうなると、コムギの名前とその存在価値を知ったのはイカルゴ達からメッセンジャーの任務を請け負ったタイミングですかね。
彼女が王にとって交渉の材料になりえる存在と認識するには十分な理由であったと思いますし。

■ぬらりひょんの孫
清継君マジイケメン、彼は現代のキリストになれる逸材。

■BLEACH
先週から17ランクダウン、相変わらず乱降下が激しいですね。
まぁBLEACHのテンションが上がってきたのは35・36号の合併号からですし、アンケートが反映されるのはもう少し後ですかね。
銀城の正体がついに判明。
遥か昔に「初代死神代行」だったとのことですが、何で今まで放置していたんですかね。
一応隊長達が出張るくらいの危険人物という認識っぽいですが。
そもそも何故銀城が死神代行になっていたのか気になりますね。
予想ですが、幼少の頃から虚達を絶対の悪だと信じて疑わなかったが、死神代行業の最中に人間の醜悪の極みの所業を見、完全なる人間不信へと陥る。そして人間を守る側から滅ぼす側に、180度立場を転向。その結果生じた7つの人格全ての意見が一致し、虚圏の穴を開けて人類を死滅させるべく暗躍を開始したんじゃないかと、うんこれ仙水だったわ。

■magico
僕らが求めていたマジコはこれだったんだ!!
うん、やっぱり対して巧くもないバトル描写よりもホンワカしたラブラブ展開の方がいいよね。
どうも天下一武道会的なのが始まりそうですが、ぜひともアメリカ横断ウルトラクイズ的な展開でお願いしたい。

■奇怪噺 花咲一休
最後は世界は平和になって、一休は天狗の女の子侍らせながら幸せに暮らしましたとさエンド。
詳しくはまた後で書こうと思いますが、最終話だけで判断するならば、黒幕は出すべきじゃなかったなぁっと。
いや、続けたい意志があったからこそだとは思いますが、ものすごい蛇足になってしまったなと。
関連記事
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。