絶望モラトリアム

Since 2002/02/14

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第7回金未来杯総評

o0412030011351593767[1]

エントリーNo.1 「タカマガハラ」 川井十三


SINS 01

エントリーNo.2 「-SINS-シンズ」 三浦征隆


Entry 03 01

エントリーNo.3 「ツキミのソバ」 小倉祐也


Entry 04 01

エントリーNo.4 「叢鋼 -ムラハガネ-」 やしろ学


Entry 05 01

エントリーNo.5 「HUNGRY JOKER」 田畠裕基


Entry 06 01

エントリーNo.6 「WOLF×RED」 嵩橋ヒデキ


以下、あくまで個人的順位。
1位 「HUNGRY JOKER」
絵は多少見にくいものの、主人公の設定、世界観と非常に好みな作品でした。
あえて言うなら、ハングリージョーカーモードの主人公のデザインが一般受けしなさそうな点ですかね。
もっと少年漫画らしく、分かりやすいデザインでも良かったかと思います。

2位 「WOLF×RED」
画面が全体的に暗くなってしまったのが非常に残念。
話がテンプレートに乗ってしまってはいるが、質自体は特に悪いものではないかと。
個人的には主人公の必殺技はもう少し分かりやすい&狼っぽいのが良かったなぁ。
あと、解除されても殆どキャラのデザインが変わらなかったのがマイナス。
そこは思いっきり変身して欲しいところ。

3位 「叢鋼 -ムラハガネ-」
画力はぴか一、なれど絵で魅せる気があまりないように感じた作品。
特に主人公の生い立ちを文章で一気にやってしまったのが難点、民明書房じゃないんだから。
色々と凝った設定があるのは何となく伝わりましたが、あくまで読切なのでもう少し整理して欲しかったなぁ。

4位 「-SINS-シンズ」
天使が敵、というアイデア自体は面白かったですが、バトルが冗長だったのが残念。
ランドセルや文房具が武具となるアイデアの為に、主人公達を小学生にしたんだと思いますが、
個人的には登場人物の年齢は上でも良かったなぁという印象。
まぁほら、エロ枠とかも狙えるからね。

5位 「タカマガハラ」
ゲルニカ一点突破な作品。
中二病満載かと思いきや、主人公の能力は分かりにくい上に地味というなんがか色々残念な作品。
設定自体は面白いんですけどね、上手く料理できていなかったように思います。


6位 「ツキミのソバ」
主人公に一ミリも共感できず、好感も抱けなかった作品。
ヒロインが可愛ければまだ受け入れられたかも知れませんが、残念ながら絵柄が受けいれられず。
ラブコメちっくにするならもっとホンワカした設定でも良かった気がします。
何にせよ、主人公が無駄にくどくて「不快なTo Loveる」でしかなかった今作品。


総評
「ツキミのソバ」がバトル要素もあるラブコメと捉えれば6作品すべてがバトル物という状況。
無難と言えば無難ですが、正直バトル物はジャンプでは飽和状態なので、若い人にはもっと色々なジャンルを責めてほしいんですけどね。
「叢鋼 -ムラハガネ-」「WOLF×RED」以外は、「突如現れた物凄い強い人が無双するというかぶりっぷり。

しかし今回の作品の中で、1年でも続きそうな作品がまったくないのは致命的。
最近期待の新人も出てきていませんし、金未来杯出身でまだ人気を確保できているのって、第4回受賞作品の「べるぜバブ」だけですからね。
前回受賞作品が15話で突き抜けたわけですし、金未来杯の在り方を考えるべき時に来たと思います。
関連記事
519:

わっわっわっ懐かしい(・∀・)最近で言うネジヤマさんや肋骨さんのやつですね


残念ながらこの中からの連載は短命でしたね(・∀・)個人的にはハングリージョーカーはまだ見たかったです




ブログって財産ですね~(・∀・)流石にジャンプずっとおいとけないですから 記事見て投じを思い出しました

2014.11.20 17:21 キーノ #- [EDIT]
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。