絶望モラトリアム

Since 2002/02/14

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ39号感想

今週のBLEACHで不覚にも興奮してしまった。


■クロガネ
基本的な設定は読切作品「黒鉄 -クロガネ-」と殆ど変えずに連載開始。
登場人物の追加、設定の若干の見直しなど連載に合わせて多少変えてきた程度ですね。
作者の池沢春人は以前ネットで相当なビックマウス発言をしていましたが、個人的にはそこまで大きく出れるほどの作品ではないかなぁっと。
基本的に剣道を部活等でしている人に対して人気の出るような設定ではありませんし、逆に普通の人にはあまり馴染みのないものなので、いまいちターゲットは不明。
ちびっ子人気をそれなりに得る為には激しいバトル展開になる必要があると思いますが、テーマを「剣道」としている以上そちらも難しいかなぁ。
まぁそのうち他の幽霊に取りつかれたライバルキャラとか出てくるかもしれませんが、それじゃシャーマンキングか。

■ONE PIECE
ああ、もうホーディさんは「雑魚だけど、ちょっとタフな人」程度な扱いなんですね、なんて不憫。
彼の最大の失敗は覇気に対してあまりにも無知だったことだよなぁ。

■鏡の国の針栖川
う~む、いきなり飽きてしまった。
プリティフェイスは姉として暮らす、M0は普通に魔法バトル物といった要素がありますが、この作品は本当にラブコメが中心なんですよね。
鏡の設定も今のところ、盗み見、盗み聞き程度しか使われていないので、あまり有効とは言い難い。

■NARUTO
おお、ちゃんと九尾チャクラモードのデメリットが示唆させれいますね。
のちのちどんな副作用があるのか分かりませんが、個人的には車椅子生活を送ることになる程度の副作用はあってほしい。
というかそれでもチートすぎますからね、九尾チャクラモード。

■ST&RS -スターズ-
う~む、これはどう考えたらいいのだろうか。
個人戦と謳っている以上、各々でゴールを目指すことは別に可笑しいことではないですし、何より空気少ない人がハードモード過ぎる。
個人戦自体がブラフの可能性もありますが、宙地君みたいに普通にリタイアした時の成績の着け方が不明。
1.最後までチームで行動(満点)
2.空気が少ない人が自発的にリタイア(みんなを危険に合わせるわけにはいかんぜよ、ミッション優先)
3.空気が少ない人を見捨てる(宇宙は非常、ミッション優先)
4.個人行動でクリア(宇宙ではチームが大事なのだよ)
ぐらいの順番で理想的な行動ではないかと予想。
うん、やっぱり「なし」の人だけ難易度が違いすぎる、他人に依存しないと絶対クリアできないじゃんかこれ。

■めだかボックス
「阿久根さんどいて!!そいつを殺せない!!」

というわけで結局妄想に対する対処法は屁理屈で相手に暴力で訴える、でした。それもどうなのかと。
まぁ今週はラストの球磨川に全て持って行かれましたしね。
爽やかに裏切ってもおかしく無い+瞬殺されてもおかしくないってなんて美味しいキャラなんだ。

■HUNTER×HUNTER
あっさりとコムギと再開、そして恐らくプフ死亡。
薔薇の毒の感染方法が不明ですが、生きている間でも感染するならゴン&キルア以外は全滅ということに。。
ハンターだとそこらへん普通にしそうなんで覚悟しとかないといけませんね。

■黒子のバスケット
青峰君のもう一段階上はまだなのか・・・それとも野生のカンが状態2??
だとしてらちょっと分かりにくいなぁ、もっと派手なのを想像していただけに。

■BLEACH
織姫が寝とられていました、これはなんという素敵な能力。
わざわざあそこまでぞっこんラブにする必要ないので、完全にセックスする目的で記憶を差し込みましたね。
というか既にセックスしているでしょう、最悪妹達すら歯牙に。。
関連記事
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。