絶望モラトリアム

Since 2002/02/14

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ 今後の打ち切り予想

鏡の国の針栖川とST&RS -スターズ-が連載開始して暫く経過したので、現状のジャンプにおける打ち切り予想を実施。
一応、2011年41号までの掲載順から予想しました。


Aクラス
■ONE PIECE
■こちら葛飾区亀有公園前派出所
■NARUTO
■HUNTER×HUNTER
■トリコ
トップ5。
打ち切りとは基本的に無縁の作品達。
特にこち亀は作者の体調等に問題がない限り連載は続いていくと考えられる。
ただ、ナルトは今の戦争編が最終決戦となることが予想される為、数年後には連載終了している可能性大。
HUNTER×HUNTERに関しては作者のモチベーションに全て左右されている。
ある意味、いつ連載が終わってもおかしく無い作品ではある。

Bクラス
■BLEACH
■バクマン。
■SKET DANCE
■銀魂
■べるぜバブ
中堅5作品。
一時は打ち切りの危機すらあったブリーチも、やはり元御三家。
死神勢の導入で今後盛り返していくことが予想される。

他の作品も基本的には打ち切りとは無縁と考えられるが、SKET DANCE・銀魂・べるぜバブはギャグ作品だけに、今後の作者の引き出しがカギとなる。
特に銀魂なんかは7年以上連載しているわけで、そろそろ一通りのネタもやりつくした感じはありますしね。

Cクラス
■めだかボックス
■いぬまるだしっ
■家庭教師ヒットマンREBORN!
■鏡の国の針栖川
■ST&RS -スターズ-
そろそろ連載が怪しくなってきた&新連載陣。
鏡の国の針栖川とST&RS -スターズ-は始まったばかりではあるものの、掲載順は順調。
この調子で行けば中堅クラスぐらいには収まりそうな感じはありますが、個人的にはどちらも設定の荒さが見られるので、現状の展開では、長期的な連載は厳しいと判断。
特にST&RS -スターズ-はSF物と謳っているだけに、最近の展開で大分ファンは離れている可能性あり。
家庭教師ヒットマンREBORN!とめだかボックスはどちらも終息に向かっている展開。
どちらも現在のシリーズが最終章でしょうから、綺麗に纏めてほしいところ。

Dクラス
■黒子のバスケット
■ぬらりひょんの孫
■magico
■エニグマ
完全打ち切り候補のど本命。
ぬらりひょんの孫はアニメ化しているものの、安定の低順位をキープ。
筆が遅い可能性もありますが、それにしたってあまりにも順位が低すぎます。
他の作品との兼ね合いにもなりますが、アニメと共に終了すら可能性があります。
どちらにしろ、百物語編が最後の話になりそうですけどね。
黒子のバスケットは唯一のスポーツ枠と言う事で頑張ってきましたが、そろそろしんどそう。
桐皇学園高校に勝っても、続く二回戦で嘘のようにぼろ負けする展開が十分ありえます。
個人的にはジャンプでトップクラスに好きな漫画なんですがね。
magicoとエニグマはもうどちらが先に打ち切られるのかのチキンレース状態。
どちらもかつてはそれなりに人気があったにも関わらず、今ではドベ争いとは悲しいところ。
特にmagicoは久しぶりに長期連載が考えられる作品だっただけに、この暴落は残念。


総括
新連載が割と調子が良いことから、今までギリギリ打ち切りを免れていた作品が一気に打ち切り濃厚に。
39号から始まった「クロガネ」は今の展開では突き抜ける可能性が高いことを考慮しても、次期改変時に最低でも2作は打ち切りの可能性があります。
鏡の国の針栖川とST&RS -スターズ-は、どちらも好調なものの、マジコショックを考えればまだまだ予断を許さない展開。
また、NARUTO・家庭教師ヒットマンREBORN!・めだかボックス・ぬらりひょんの孫と連載終了に向けて動いている作品が多いことも注目。
特にNARUTOは現状トップクラスの人気を誇り、家庭教師ヒットマンREBORN!は長らくジャンプの中堅であったことから、その影響はかなり大きくなりそうです。
関連記事
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。