絶望モラトリアム

Since 2002/02/14

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ47号感想

第7回金未来杯総評は田畠裕基のHUNGRY JOKERに決定。
個人的に一押しだったので嬉しい限りです。
メタリカメタルカ・奇怪とんち噺 花咲一休と受賞作品が打ち切り続きなので、ここはしっかり頑張ってほしいところ。
そしてついにあの作品が連載終了。。


■トリコ
食に関する記憶を賭けの対象にするのは、まさにこの世界ならではだなぁ。
まぁもう一度食べれば回復するあたり微妙ですが、貴重な食材とかなら充分価値はあるかな?
てか、メテオがーリックはライブベアラーの記憶にあるってそれで満足なのかトリコ。

■NARUTO
九尾のチャクラが一瞬で枯渇してビックリした。
今週、別にあの大玉螺旋丸のシーンなくて良かったよなぁ。

■ONE PIECE
嗚呼、良かった。
本当に実体の無いゴーストみたいな存在だと思ったらそういう話ではないわけね。
で、ホーディが今のようになった理由については大変納得のいくところ。
マダムシャーリーの予言時のルフィ達に対する周りの扱いなんて非常に顕著であり、
「表面的には取り繕っているけど、ぶっちゃけ人間嫌い」なんですよね、魚人塔の人達って。
で、まさにその恨み辛みを体現したのがホーディであり、新魚人海賊団であるわけで。
つまり、ホーディ達を倒したとしても、根本的な解決は無く、歴史は繰り返されるだけとなる。
今週のサブタイトルである「ゼロに」は、そういった過去のしがらみを全て「ゼロに」して、
新しい関係・世界を築いていきたいという意味では非常に深い話だったなぁ。

まぁそれはさておきルフィの「ゴムゴムの火拳銃(レッドホーク)」でテンションMAXなわけですが。
明らかに火が出ていますが、早めのネタばらしが欲しいところです。
間違っても幹部戦とか挟まないでほしい。

■BLEACH
な ん か 語 り だ し た。

■バクマン。
う~む、いまいちサイシューコンビが新妻エイジに勝った理由が分からないなぁ。
「まぁ漫画だしそんなもんだよ」と言ってしまえばそれまでですが、舞台が現実のジャンプを模している以上それなりの説得力が欲しいところ。
で、最終的には「必勝ジャンプ」での連載が決定。
現実の最強ジャンプを月刊誌にしたようなイメージでしょうか。
ていうかサイシュー的には別にジャンプじゃなくても連載出来ればなんでもいいのか?

■黒子のバスケット
うん、アニメ化もするし本来ここら辺の掲載順が妥当だよね。。
本編はついに、やっと、桐皇学園編が終了・・・長い、長かったよ。
作者的にもかなりテンションハイで描いていたであろう桐皇学園編が終わり、今後勢いが衰えないか心配です。

■クロガネ
既に9話目、新連載補修は7~8話と言われていましたが、この掲載順は本物か?
ただ、ST&RSが12話で一気に順位を落としたことを考えれば予断の許されない。
ここら辺は新編集長の意向が関係していくるんですかね?

さて、本編は主人公と同じ能力者が出てきて終了。
う~ん、相変わらずキャラの造形に微塵も魅力が持てないぞ。

■家庭教師ヒットマンREBORN!
VS親父は結構テンションのあがる展開。
いまいちその実力に関しては謎な部分は多かったですし、出来たら力押しではなく色々と小手先のテクニックでツナを翻弄して欲しいなぁ。

■めだかボックス
しかし彼は球磨川禊 負け戦なら百選練磨

あかん、球磨川が格好良すぎる。
今更おっぱい揉んだ話をするところとか、台無し具合は相変わらずながらとにかく格好良い。
この戦いで、球磨川禊は絶命し、箱庭学園最後の戦いが始まるようですが、今からワクワクがとまりません。

また、宗像の「卑怯」に関する論法は非常に納得のいく話でした。
確かに主人公勢力と敵勢力が同じことしても読者の受ける印象はまったく違いますよね。
もがなの不意打ちに関しても、敵勢力が行ったことなら「卑怯」と感じる行動ですし。

■HUNTER×HUNTER
こういう「得体の知れない何か」を描かせたら富樫先生は天才的ですね。
小学生なんかトラウマを抱えそうな話でした。
さて、アルカの能力ですが、念能力かどうかすら微妙なところですね。
ひとつの「お願い」を聞いてもらった後は、3つの「おねだり」を聞かなければならない。
前回のお願いがミルキのパソコンなら、3つのおねだりもそう大したものでは無さそうですが、どうでしょうか。
しかし、キルアにとって最も愛する者はこの場合ゴンになるでしょうし、中々リスキーな選択をしましたね。
ていうかこの方法ならカイトすら復活させることが出来そうですが、はたして。
あと両親に対してはおねだりが発生しない事も今後の伏線となってきそうです。

■鏡の国の針栖川
こちらも先週から引き続き、一気に急降下してきた作品。
今期アウトはさすがに無いものの、次は危ないだろうなぁ。

で、本編の方も急展開。
まさかこの段階で咲が告白するとはなぁ、ていうか「私はそこからのスタートで良い」とか良い女すぎる。

■エニグマ
55話にしてついに終了、これで2010年連載開始陣が全滅という残念な快挙を達成しました。
2008年が4作、2009年が3作連載を継続していることを考えれば本当に不作だったんだなぁ、2010年。

今週は一度読んだだけではいまいち分からなかったんですが、
2つめの願いでドクロは「スミオ達の世界」から消滅。
しかし、ドクロの願いを叶えると誰かの不幸と引き換えとなる、今回はスミオ達の絆が引き換えになる。
3つめの願いでキリオに絆を取り戻す役を引き受けてもらう

とこんな感じでしょうか、一応完結編が増刊号になるみたいですが、どうなることやら。
関連記事
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。