絶望モラトリアム

Since 2002/02/14

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ 2011年総評

連載開始作品
11号 DOIS SOL
12号 メルヘン王子グリム
13号 magico
14号 戦国ARMORS
23号 奇怪噺 花咲一休
30号 ST&RS -スターズ-
31号 鏡の国の針栖川
39号 クロガネ
48号 ニセコイ
49号 現存!古代生物史パッキー

連載終了作品
2011.12号 LIGHT WING 全21話
2011.19号 逢魔ヶ刻動物園 全37話
2011.28号 DOIS SOL 全17話
2011.29号 保健室の死神 全82話
2011.30号 メルヘン王子グリム 全18話
2011.31号 戦国ARMORS 全17話
2011.38号 奇怪噺 花咲一休 全15話
2011.47号 エニグマ 全55話


新連載について
2011年は、新連載においてはハズレと言わざるを得ないでしょう。
新連載10作品の内、4作品は既に打ち切り
ニセコイ、パッキーはまだまだ始まったばかりなので何とも言えませんが、その他の作品の最近の順位は以下の通り。

 42434445464748495051平均
クロガネ88777910810128.6
鏡の国の針栖川55101116181114202113.1
magico2016161414141712191315.5
ST&RS2120171921161519211818.7

ST&RS・鏡の国の針栖川はいつ打ち切られてもおかしく無い順位ですし、クロガネは今のところ高位置をキープしていますが、
12月中にはいい加減新連載補正も切れてくる頃なので、ここら辺が正念場。
magicoなんかは過去の勢いを取り戻しつつあり、最近の展開も面白いので生き残る可能性は高いですが、
一度三兄弟編あたりでやらかしている実績がある為、今後のハンドルさばきに期待です。

終了作品について
終了作品も殆どが打ち切りにて終了。
地味に連載を継続してきた保健室の死神も2周年を待たず脱落。
2010年枠最後の希望だったエニグマも1年ちょっとで終了、2009年連載開始の作品が3作品残っていることを考えれば、
去年は今年並かそれ以上にはずれだったことがうかがえます。

その他
■ONE PIECE
今年一年はまるまる魚人島編。
なかなか新世界に行かないので若干ダレてきています。
まさか来年の今頃も魚人島にいないよな。。

■HUNTER×HUNTER
35・36号にてついに連載再開。
キメラアント編も終わり、会長選挙&アルカ編に突入。
ジンが普通に出てきたり、アルカが可愛かったり、レオリオが10年ぶりに登場したりと展開が大きく動きました。
来年はどのくらい連載してくれるんですかね・・・3分の1くらい連載してくれたら言う事無いですが。

■NARUTO -ナルト-
最終戦争編がついにスタート。
恐らく最後のエピソードになるであろうことからか、作者のテンションもかなり高くなっています。
早ければ来年、遅くとも再来年くらいには終わってそうですが、長らく続いた人気作品にどのような最期が待っているのか気になるところです。

■BLEACH
ある意味一番の激動作。
かつての御三家が打ち切り候補になるという超転落に死神人気の恐ろしさを感じました。
今は大分順位も落ち着きましたが、大分人気に陰りが出てきたように感じます。

■家庭教師ヒットマンREBORN!
継承式編が終了し、連載も終わるかと思いましたがまさかの虹の呪い編スタート。
さすがにこのシリーズが最後だと思いますが、ナルト以上に最後の落とし所が気になるところではあります。

■SKET DANCE
春からアニメがついにスタート。
その影響もあってか掲載順もかなり上位になっています。

■ぬらりひょんの孫
アニメ化作品とは思えないほどの掲載順ではありますが、こちらも今回のエピソードが最後になりそうです。

■いぬまるだしっ
3年以上連載しながら唯一アニメ化していない今作品。
徐々に掲載順も下がってきましたし、そろそろ終了か?
パッキーが打ち切りを免れたら真っ先に終わりそうな作品ではあります。

■黒子のバスケ
来年のアニメ化がついに決定。
人気は中堅クラスかそれ以下ですが、ジャンプで鬼門とされているスポーツ物でアニメ化まで漕ぎ着けたのは立派。
ただ、VSキセキの世代以外の試合は徹底的に省略しているので、そんなに長くは連載しなさそう。

■べるぜバブ
ぬらりひょん同様、アニメ化している割には掲載順が最近いまいちな作品。
ギャグ・バトル・ラブコメ・スポーツと色々と器用にこなしていますが、中途半端になってしまっている印象。

■めだかボックス
こちらもついにアニメ化。
-十三組編も終了し、恐らく最後のシリーズであろう悪平等編へ一気に突入。
初期は割と色々なエピソードを盛り込んできましたが、十三組の十三人編あたりから話の展開はかなりはやいですね。
2012年内には終わりそうではありますが、こちらもどんな終末を迎えるのか楽しみです。


総評
新連載は今のところ大きな当たり作品はなし。
唯一生き残れそうなのはmagicoくらいなのが残念。
2010年に引き続きはずれな雰囲気なんで、そろそろ新鋭に出てきてほしいところ。
また、その他の連載陣でも来年あたりは大きな変化が起こりそうです。
最終話に向かっているであろう「NARUTO -ナルト-」「家庭教師ヒットマンREBORN!」「ぬらりひょんの孫」「めだかボックス」
特に「ナルト」はジャンプでもNo.2の人気を誇っているのでその影響は大きそうです。
「BLEACH」が落ちてきた今、最悪「ONE PIECE」の一強になる可能性があります。
扱い的には「トリコ」が相当プッシュされていますが、色々な意味で「BLEACH」程の人気を得るのは難しそうです。
関連記事
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。