絶望モラトリアム

Since 2002/02/14

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

打ち切り感想 ぬらりひょんの孫

『ぬらりひょんの孫』(ぬらりひょんのまご)は、椎橋寛による日本の漫画作品。
『週刊少年ジャンプ』(集英社)2008年15号から2012年30号まで連載された。
妖怪を題材とした少年漫画作品。

概要
妖怪の総大将・ぬらりひょんの血を継ぐ少年を主人公とする怪奇ファンタジー。
現代の日本を舞台に、百鬼夜行が激突する任侠妖怪の世界を描く。
登場する妖怪の多くは妖怪画集から採用しており、参考文献として鳥山石燕『画図百鬼夜行』、竹原春泉『絵本百物語』、河鍋暁斎『暁斎妖怪百景』の3つが示されている。
『赤マルジャンプ』2006年SPRING号に掲載された後、『週刊少年ジャンプ』2007年35号に第3回金未来杯エントリー作品として読み切り掲載、金未来杯を受賞した。
『週刊少年ジャンプ』2008年15号より連載開始。2012年5月時点で累計1100万部を発行している。
連載は2012年30号で終了し、8月発売の『少年ジャンプNEXT!』に「葵螺旋城 最終決戦編」が掲載される予定。
2009年12月には小説版とドラマCDが発売され、『週刊少年ジャンプ』2009年53号にてテレビアニメ化が発表された。
2010年7月から第1期が、2011年7月から第2期が放送された。さらに2011年11月にはゲームが発売された。
サッカー・ガンバ大阪のファンである作者の趣味を反映して、名前をガンバ所属の選手から取った人間キャラクターが登場する。

あらすじ
奴良リクオは一見はごく普通の中学生だが、実は彼は妖怪「ぬらりひょん」の孫で、4分の1妖怪の血を継いでいる。
祖父の組「奴良組」の妖怪達と毎日どたばたと付き合いながら、何とか普通の生活を送っている。
リクオは幼い頃、祖父から色々と武勇伝を聞かされ、妖怪とはかっこいいものであると思っていた。
しかし、ある日友人との会話から、妖怪が人間から馬鹿にされる悪い存在であることを知ってしまう。
そんな中、妖怪に襲われた友人達を守るために自身の妖怪の血を覚醒させ、友人達を救い出す。
だが、4分の1しか妖怪の血を継いでいないリクオは1日の4分の1の時間しか妖怪の姿になれなかった。
そして4年後、中学生になったリクオは人間としての生活を望んでいたものの、組を統率するために妖怪の世界と向き合っていくことになる。

引用元:Wikipedia


ぬらりひょんの孫 1 (ジャンプコミックス)ぬらりひょんの孫 1 (ジャンプコミックス)
(2008/08/04)
椎橋 寛

商品詳細を見る


素材良し、味付けも悪く無い、しかし盛り付けが最悪

全207話。
一応掲載雑誌の変更という形ではありますが、ジャンプ的には完全に打ち切りですね。

4年にも渡る連載、アニメ化が二度もされた作品ではあったが、最後はぶった切りの打ち切りという残念な結果となりました。
ただの打ち切りではなく、少年ジャンプNEXT!に異動というのがせめてもの情けと言うものでしょうか。

さすがに4年間連載された作品だけあって、他の短期打ち切り作品とは比べ物にならないほどのクォリティを感じました。
主人公があまり主人公らしくないぬらりひょんの孫という設定も王道からは外しており、またそれを上手く料理していたと思います。
では、何故今回打ち切りの憂き目にあったかというと「とにかく分かりにくい」の一言に尽きる気がします。
画風の所為か、展開の所為か全てのシリーズを通してとにかく話が分かりにくかったんですよね。
唯一京都編は、羽衣狐の魅力・過去編等の影響もあり楽しく読むことが出来ましたが、
対百物語組編は終始良く分からない展開が続いていたように思います。
個人的には「畏」の設定(ビビらしたもん勝ちよ!!)は結構好きだったんですが、それでは小学生読者の心はつかめませんからね。
鬼憑とか鬼纏とか、悪くは無いんですが、どうもビジュアル的にいまいちだったんですよね。

総評
本当に素材は良かったのですが、それを生かせなかったのが残念。
特に、バトルパートの盛り上がりがいまいちであったのが、少年ジャンプで連載する上で大きくマイナスであったと思います。
一番盛り上がるのが敵側が一般人に対して無双している時だもんなぁ。
最後は少年ジャンプNEXT!への左遷となりましたが、ぜひともきっちりと終わらせてほしいと思います。
関連記事
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。