絶望モラトリアム

Since 2002/02/14

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新米婦人警官キルコさん 第一話 その婦警・音無キルコ

セクハラ刑事、安錠春樹の元に巨乳の新米婦人警官が来るとの情報が入る。
スケベ心で教育係を買って出るが、やってきた新人は元傭兵の特殊部隊所属の「音無キルコ」さんだった。。

作者情報
平方 昌宏(ひらかた まさひろ)
「刀無」が“十二傑新人漫画賞(2005年8月期)”の十二傑賞受賞、赤マルジャンプ2006WINTERにどう作品掲載。
「TEAM MADE」が2006年41号に掲載されて本誌デビュー。
「クロガネ」が金未来杯エントリー作品として2008年41号に掲載。
「DOUBLE BULLET」が2012年19号に掲載。

995118_220_01.jpg


キルコさんの魅力を何処まで引き出すかが勝敗を分ける

「斉木楠雄のψ難」「暗殺教室」の成功で味をしめた?ジャンプ編集部が送りだす新たなるギャグ漫画。
良くある「突如現れたキャラによるドタバタコメディ」の類ですが、安錠がリアルにクズだったり、
キルコさんが一応警察官として正しい行いをしようとするあたりは多少捻ってきた感じです。
「烈!!!伊達先パイ」よりは読者の人気を獲得できそうな感じはしますが、今のジャンプで生き残れるかは正直微妙なところ。
悪くは無いのですが、
・キルコさんが眼帯つけてるのがビジュアル的に分かりにくい
・キルコさん初登場時の巨乳描写が分かりにくい
など、人気の要となりうるキルコさんの描写がいまいち上手くいっていません。
キルコさんの設定は「フルメタル・パニック!」という先駆者がある為、ギャグ漫画で押し切らないと
どうしても比較されてしまうのでそこもこの作品にとってはネック。
また、第1話のギャグが悉く面白く無く、クスリとも出来なかったのはギャグ漫画としてはかなり致命的。
今後ギャグ漫画としてやっていくとしたら、もう少しギャグの質を上げないと今後はきついと思います。
関連記事
41:新たなヒロイン

「新米婦警キルコさん」を読んでめっちゃ気に入りました。コミックスになったら真っ先に買いに行きます。彼女の愛らしい笑顔が大いに好きになりました。少年ジャンプでは珍しい、最初から戦闘系美女ヒロインキルコさんの活躍に期待です!少なくとも5巻まで達成して欲しいです。「ニセコイ」意外での新たなヒロインが必要だと思います。

2012.11.22 22:19 竹丸 #- [EDIT]
43:

キルコさん、一部で異常な人気を博しているようですね。
戦闘系美女ヒロインは確かに少年ジャンプでは珍しいので、ニッチな票を獲得すれば
そこそこの人気は得るかもしれないです。

2012.11.28 12:43 絶妙 #- [EDIT]
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。