絶望モラトリアム

Since 2002/02/14

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

打ち切り感想 無刀ブラック

天下のお膝元・江戸。
全国からあらゆる猛者が集まり、その腕を振るわんと武道場がそこかしこに開かれ、今や日夜白刃舞う一大激戦区となっていた。
とある春、ひとりの男がまたしてもこの地に新たな道場を開いた。その男の名は黒月雪路。
見るからにひ弱で頼りなげな風体に加え、その流派は戦う術である「刀」を持たないという。
当然のことながら、いつまで経っても道場に入門する者は訪れず、閑古鳥が鳴いていた。痺れを切らした大家の藪。
このまま門人がいないままでは、いずれ道場を出て行ってもらう、と。仕方なく町に出て道場の宣伝をしようとした時、ひとりの少年と出会う…。
少年の抱える苦悩、そして黒月と道場の運命を大きく動かすことになる約束とは!? 今、江戸に新たな夢が花咲こうとしている!!本格御江戸武道譚、開幕!!

引用元:集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト shonenjump.com


無刀ブラック 上 (ジャンプコミックス)



終始地味だった劣化版るろうに剣心

全12話。
ここ最近は編集長も変わり、10週程度では打ち切られない(俗にいう瓶子体制)と言われていましたが、運が悪かったのかよっぽど
アンケートがとれていなかったのか久しぶりの15週未満(10台前半)での打ち切りとなりました。
ちなみに、どのくらい久しぶりかというと2010年12号に13話で打ち切られた「新世紀アイドル伝説 彼方セブンチェンジ」以来の打ち切りになります。
20週未満で考えても2012年49号に17話で打ち切られた「タカマガハラ」以来となります。
というか、瓶子体制になってから(2011年30号)20週未満で打ち切られたのって、他に「戦星のバルジ」「奇怪噺 花咲一休」「戦国ARMORS」なんですが、
先述の2作を含めても「奇怪噺 花咲一休」以外バトル漫画なんですよね、今のジャンプでバトル漫画で人気を勝ち取るハードルの高さを感じます。

さておき、12話で打ち切られた「無刀ブラック」ですが、連載開始時に懸念した内容が見事にあたった結果となりました。
合気道(柔術)を使い、刀相手に素手で圧倒するという設定は主人公がいい感じにハンデを背負っており、悪くはないのですが、
如何せん肝心の合気道に迫力は無いのが残念、肝心の部分をコマで飛ばして結果だけ描写するシーンもあったので、
主人公の技を魅力的に描くことができていなかったように思います。
他にも、主人公がもさい・可愛いヒロインがいない・説教臭い・展開がベタ・時代考証が皆無などマイナスの要素が多く、絵が綺麗なだけに少し勿体無かったなと。
「真月」の設定も漫画的ハッタリはありましたが、結局合気は一切関係のない奥義なんで個人的にはテンションが上りませんでした。

総評
特段ひどい作品ではありませんが、さりとて何かしら魅力があるわけではなく、全体を当してあまり印象に残らない作品でした。
いっそのこと1話ないしは2話くらいに黒月を殺して継春を主人公にしたほうが良かったんではないかなぁっと最終回前の展開を見て思ったり。
なんにせよ、登場人物は男ばっかりってのは大きなマイナスでしたね、まともな?女性キャラが出てきたのが6話ってのが地味に痛い。
しかもそれが男装女の子という非常にマニアックな設定、普段の展開はベタなのになぜこんなトコロで外してくるのか。。
絵が綺麗なので作画に回るのもひとつの道ですが、勢いのある絵や個性的なキャラが描けてないので作画専門でも道は険しそうです。
ではさらば!
関連記事
79:

この作品は 何がしたかったの?
終始 感じてました
毎回毎回 泣き 入れて
ありきたりな 展開
笑えたのが 元侍と 闘うトコ
狭い屋内で 闘う際のやり方
あれはないよね?
刀 振りかぶって 天井に 引っ掛かるとか
ないでしょ?
BLEACHで 闘いに なれてない頃の一護が
同じ事やってましたが
あれはギャグだし 素人だったから仕方ない
一番良かった話は男の子が 勘違い道場破りを
片付ける話 勘違い野郎は 終始 胸糞悪い奴でしたが
男の子の 成長が見れて少し良かったです
そもそも作者は 合気道 きちんと 学んだのか?
学んでないから 合気道の 凄さが描けなくて
伝わらないんじゃないかな?
新月とか 奥義 出したけど
それこそ 合気道で どうにか 出来たんではないか?

2013.08.16 00:21 佐藤 #- [EDIT]
85:

※79:佐藤さん
作者があまり合気道に詳しくなさそうなのは同意です。
やっぱり合気道するなら渋川剛気くらい頑張って欲しいところです。

2013.08.20 17:34 絶妙 #- [EDIT]
117:

戦国ARMORSも一休も佐々木時代の作品だったような
瓶子体制の新連載はクロガネが初では?

この漫画は優男が説教してた印象しか残ってないですね

2013.12.01 17:23 通りすがり #- [EDIT]
119:

※117:通りすがりさん
すみません、感想が分かりにくかったですね。
瓶子体制は2011年30号開始ですので、厳密に言えば30号以降しばらくは佐々木体制の影響を受けていたと思われます。
ただ、そこら辺を加味すると想像の範疇でしか無いため、ほぼ影響力は無いと思いながら、戦国ARMORSを瓶子体制と表現しています。

>この漫画は優男が説教してた印象しか残ってないですね
あとなかモジャモジャしていたことが印象深いです。

2013.12.02 19:07 絶妙 #- [EDIT]
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。