絶望モラトリアム

Since 2002/02/14

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HACHI 第1話 「覚醒者」

東京に住む中学生・犬神八。特技は犬並みの嗅覚。そしていたずら。
そんなハチは、幼馴染のテッキンの成長に戸惑いを隠せずにいた。

一方東京の街では、各地で謎の吸血殺人事件が多発。
犯人は“ミュータント”という説を唱える学者も現れ…!?

今ハチは、大いなる異変へと巻き込まれていく――

『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』『ぼっけさん』の奇才・
西義之が描く、新たなる東京ファンタジーが開幕!!

引用元:集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト shonenjump.com

作者情報
西 義之(にし よしゆき)
1976年12月27日生まれ
東京都八王子市出身
男性

週刊少年ジャンプ2004年53号:「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」連載開始
週刊少年ジャンプ2008年14号:「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」連載終了
週刊少年ジャンプ2009年03号:「ぼっけさん」連載開始
週刊少年ジャンプ2009年22・23号:「ぼっけさん」連載終了
週刊少年ジャンプ2010年28号:「魔境旅行師グラム」読切掲載





打ち切り漫画の焼き増し作品?

2010年に読切を掲載してから3年ほど音沙汰なかった西義之氏の新連載「HACHI」。
初見の感想としては『え・・・これぼっけさん?』と思わずには入れないほどの既視感。
まぁ根幹となる話はどちらも王道のストーリーなので多少似た印象を受けるのは仕方がないのかもしれませんが、
作者の画風が割りと独特な為か似たような話だと焼き増し感が拭えないように思います。
まぁそれにしたってもうちょっと前作との差別化を図ったほうが良かったように思いますが。
扱っている題材が変わってるだけで殆ど前作と変わらない気がします。

本編ですが、作者得意のホラーテイストで構成されており、1話を見る限りではさすが連載経験者といったクオリティ。
ただ、幼体とはいえど主人公の変身後の姿がお世辞にも格好良いとはいえずちんちくりんなのは残念。
バジリスクさんもよくあのマスコットキャラみたいな容姿でケルベロスの幼体だってわかったものです。
まぁただデザインに関しては「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」からあまりキャッチーなテザインでは
ありませんでしたし、成長した姿もあまり期待できそうにありませんね。
キモいデザインを描かせたら素晴らしい才能があるんですが、残念ながら格好いいデザインは・・・。

また、今のところは主人公に対してもあまり魅力を感じ無いのがネック。
中学生でヒーローになりたいあたりはまぁ良いとしても、特にそれに対して努力などをしている様子はなく、
授業サボってトマトジュース飲んだり、クラスメイトの弁当を暴露したりとただのイタズラ中学生でしかありません。
成長していくヒロインとの対比が狙いなのかもしれませんが、あまりにも魅力が無いのが残念。
(反面、ヒロインは非常に魅力的に描かれてはいましたが)
主人公の嗅覚が鋭いという設定も、トマトジュースの中の血液を認識できなかったり、ヒロインの場所を匂いで把握できない等
なんとなく細かいところで構成の甘さを感じさせます。

総合的に見て、悪くはない作品ではあると思いますが、数年前に打ち切られた作品の焼き増しのような印象だったため、
長期連載となるビジョンが見えない作品ではあります。
まぁ王道のストーリーで構成しても、西先生の作品だなぁと感じれるほどの強烈な個性がある漫画家なので、
短期打ち切りにならないように、頑張ってもらいたいところです。
関連記事
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。