絶望モラトリアム

Since 2002/02/14

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相棒 season12 第1話 「ビリーバー」

特命係・杉下右京(水谷豊)は、甲斐享(成宮寛貴)の彼女、笛吹悦子(真飛聖)から最近、享の様子がおかしい、と相談を受ける。
どうやら、「みんなの動画」というサイトで「火の玉大王」と名乗る男の生放送にハマっていると言う。
「9.11同時多発テロがアメリカ政府の陰謀」「富士山は今年中に噴火する。それも人為的に。」など
様々な諸説を配信している「火の玉大王」こと綾辻(忍成修吾)は陰謀論者のようだ。

心配になった右京は、享を尾行しその行動を探ろうとする。
すると、「火の玉大王」を中心に手をつなぎ、夜空に向かって宇宙船を呼ぼうとする享の姿が…。
本当に享は「火の玉大王」に心酔しているのだろうか?右京も流石に首をかしげてしまう。

そんな折、大東亜産業の専務・高山(大原康裕)の遺体がホテルで見つかった。
所轄によると服毒による自殺の模様だが遺書は無く自殺理由は不明とのこと。
そのニュースを見て妙に気になっている享に右京は気づくが…

右京は真相を探るため「火の玉大王」の生放送に潜入するが、図らずもネットの放送上で享と会話してしまうことになり、調べていることが明らかに。

享は一体なにをしていたというのか?
そのあとに起こる警察を揺るがす大事件とは!
ネットの闇が右京たちに迫る!
犯人の目的とは!?

引用元:相棒 公式HP



相変わらずだなぁ・・・、警部殿は。

初回2時間スペシャル、テーマはまたネット関連かと思いきやその実「テロと身代金」という中々難しいテーマでした。
「火の玉大王」は犯罪者と死人を演じさせたら芸能界トップクラスと名高い?忍成修吾。
今回もイケメンながら電波を受信してそうな雰囲気をバシバシだしており、さすがといったところです。
犯人については今回は特に大きなサプライズは無く、同期についても予想通りの結果ではありました。

どちらかといえば今回のサプライズはトリオ・ザ・捜一の一角、三浦警部補(大谷亮介)の退職。
大谷亮介さんといえば、相棒が土曜ワイド劇場の頃から相棒に出演しており、年長ということもあり
少し落ち着いた目線で特命係と接し、杉下右京に対してもある程度の敬意を払っていた人物でありました。
元々、年齢や他の仕事の関係もあり出演されないことも多々あった為、今回の警部補への昇任はそういったところ絡みで
デスクワークキャラに移行していくのかと思っていましたが、ラストでまさかの退職発言。
来週以降の出演情報については未定ですが、警察を退職した以上今後の出番はなさそうな感じです。
しかし、調べて見たら大谷亮介さんって現在59歳なんですね。
降板の理由は定かではありませんが、どちらにしろ近いうちに相棒からは退場していたのかもしれません。

さて、今回のタイトルになっている「ビリーバー」ですが、「火の玉大王」の陰謀論を盲目的に信じるタコツボを始めとする
ネット民を指しているだけかと思いましたが、それ以外にも
日本警察がテロに屈すること無く、自分を救出してくれることを信じている甲斐峯秋警察庁次長。
そんな父親を、屑だと思いながらも屈すること無いプライドを信じている甲斐享。
また、そんな彼らの対比として何者も信じることができずに殺人まで犯してしまった猪瀬(石田卓也)
特に甲斐警察庁次長は今回のエピソードでキャラに深みが出て、ただの悪役に収まらない人物に描かれていと思います。
関連記事
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。