絶望モラトリアム

Since 2002/02/14

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相棒 season12 第2話 「殺人の定理」

会社員・大倉(山本剛史)の遺体が自宅アパートで発見された。
遺体のそばの壁には、血で「a drink」の文字を丸で囲うメッセージのようなものが。
被害者が遺したダイイング・メッセージなのか? 右京(水谷豊)は、さっそく享(成宮寛貴)と捜査を開始。

現場の大倉の部屋へ来てみると、数学関係の本がズラリ。どうやら大倉は数学を趣味にしていたようだ。
だととすると、ダイイング・メッセージも数学に関係したものなのだろうか?
また大倉は数学の7つの未解決問題の一つで100年間も解けなかったファーガスの定理を研究していたことがわかった。
しかし、そのファーガスの定理は、最近になって数学者の肥後教授(岡田義徳)が証明に成功したと話題になったばかり。
右京と享はさっそく肥後教授のもとへと向かう。
ダイイング・メッセージは何を意味するのか?右京と享は事件の難問を解くことができるのか?!

引用元:相棒 公式HP


数学というのは、本当に豊かな学問ですねぇ

ダイイング・メッセージの「a drink」については、数学的要素が強く、素数の英語の覚え方を知っていればピンと来る人もいて、
何より周りくどいダイイング・メッセージを記載する理由についてもきちんと説明があってよく出来たメッセージだと思いました。

話全体としては今回はあまり物足りないというか、大きなサプライズがなかったように思います。
犯人については最初から目星をつけていた肥後教授が犯人でしたし、動機についてはひねりはあったもののわかりにくいというか
一般受けしにくい動機であったかと思います。バイオテロとかに比べて実害がいまいち想像しにくいんですよね。

あとは役者さんの演技も今回気になりました(脚本があまり魅力的ではなかったからかもしれませんが)
特に助手役の坂田麻衣さんの大根っぷりがなんとも。。
肥後教授(岡田義徳)の滑舌の悪さもいちいち気になって残念。
関連記事
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。