絶望モラトリアム

Since 2002/02/14

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相棒 season12 第3話 「原因菌」

「アプリティーボ」というレストランチェーンで食事をした人が、次々と倒れるという事件が発生した。
どうやら食中毒の可能性が高いが、そんな騒動の最中、食品卸売商社社員・岡谷望(澤山薫)の他殺体が発見される。

偶然、食中毒の被害者を助けた享(成宮寛貴)は原因菌の捜査に動き始めるが、右京(水谷豊)は殺人事件の捜査へ。
鑑識の米沢(六角精児)によると、望の遺体の首には特徴的な傷があるという。致命傷ではないようだが、何によってついた傷なのか。

食中毒の原因菌の捜査をする「アプリティーボ」へやってきた享は、そこで何かを探す右京とばったり遭遇する。
やはり食中毒事件と殺人事件は関係があるのだろうか?
合流した二人は、「アプリティーボ」が調理済みの食品のみを使っていることを知ると、その加工会社「ミヤ食品加工」へと向かう。

「ミヤ食品加工」の社長・円(赤塚真人)によると、「アプリティーボ」の料理に使う材料は望の会社から仕入れており、営業の担当は望だった。
事件当夜、望が会社に来ることはなかったという円だが、右京はそこでスープやソースを作る「スープトップ」という機械に興味を示すのだが…。

ほぼ同時に起こった食中毒事件と殺人事件は関連があるのだろうか?
被害者についていた謎の傷跡と料理の味のわずかな変化から浮かび上がってきた二つの事件の犯人とは?

引用元:相棒 公式HP



明らかな人災です

阪急阪神ホテルズの食材偽装が話題となっている中、非常にタイムリーなお話でした。
脚本の櫻井武晴氏は社会派で有名であり、Season9 第8話「ボーダーライン」等やるせない話に定評のある脚本家です(私の中で)
今回のエピソードは殺人と食中毒、2つの事件が複雑に絡み合っており、関係者も多いことから中々犯人がわかりませんでした。
結局、被害者に残された傷跡やその他の証拠から、殺人の犯人はミヤ食品加工の円(赤塚真人)でした。

では、食中毒事件の犯人とは一体誰(何処)なんでしょうか。
店側の協力を得られなかったとは言え、2年以上も検査を受けてないことを黙認していた保健所。
本来受けなければならない検査を「忙しいから」という理由で拒否していたアプリティーボ。
利益の為、生食用のホタテを加熱用ホタテに変えたミヤ食品加工
上海進出で技術者が足りないからと機器のメンテナンスをきちんとしなかったウラカワ機械。

各々が各々で自分たちの主張があり、それぞれ本来行うべき業務を完遂していません。
実際にこの事件が起こったらどのようにこの事件が報道され、誰が叩かれるのか非常に気になるところです。

少し、気になったのが結局今回の食中毒の原因はスープトップで作られた特製ドレッシングに含まれていたホタテでした。
アプリティーボ店内からは、原因菌は結局発見させませんでしたが、ああいう場合パウチ内の食品ってチェックの対象にならないんですかね。
保健所の検査が入ったタイミングがいつかわかりませんが、仮に検査のタイミングで
アプリティーボのように社外での食品加工をメインで行っているところでミヤ食品加工より食品が発送されていなくても、
食中毒が発生した場合、店内の食器類はもちろんパウチ等に含まれる食品も検査の対象に含まれるように思うのですが。
意外と食中毒が起こっても、そこまで厳密なチェックは行われないのかなと思ったり。
(作中でも、清掃後の立入検査については言及していましたが)
関連記事
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。