絶望モラトリアム

Since 2002/02/14

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相棒 season12 第5話 「エントリーシート」

就職活動中の女子大学生・奈月(岩田さゆり)の遺体が発見された。
奈月の手帳によると、事件当日は夕方に一流商社の面接を受けていたが、午前中に出かけてから面接の時間までの行動がわからない。
右京(水谷豊)は、全員横並びの黒のスーツ姿という常識に疑問を抱きつつも、奈月のリクルートスーツに仕付け糸がついたままになっていることが気になる。一方、享(成宮寛貴)は、奈月の携帯に非通知の着信が頻繁にあったことに引っかかる。ストーカー被害にでもあっていたのだろうか?

捜査一課の伊丹(川原和久)らは、アリバイが曖昧な奈月の元カレ・紀平(斉藤祥太)に不審を抱くが、別れてから一度も奈月と会っていないと犯行を否認。
紀平によると、奈月の第一志望は、事件当日に面接を受けていた一流商社であることを聞き、右京らは早速その商社へと向かうが…

一流商社の内定を得るための面接テクニックから浮かび上がった犯人とは?

引用元:相棒 公式HP



その姿こそが、彼女そのものなのですから


あらすじ
就職活動中の女子大学生・奈月(岩田さゆり)は本命の企業(四菱商事)の面接前に何故か滑り止めで受けていた企業の内定を辞退する。
直接内定辞退のことを伝えに行ったらカフェオレをスーツにぶっかけられ、やむなくスーツを買い換えることに。
量販店だからなのか、着て帰るというのにしつけ糸を取らないというドジっぷりです。
さらに後々警察官が訪ねてきても、スーツが汚れていたことは一切触れないあたり、かなりのドジっ子なのでしょう。
さて、そんな苦難を乗り越えやっと本命の面接。
面接官には嘘偽りのボランティアで見事内定と玉の輿を勝ち取った後藤が登場。
自分の面接時に嘘八百を並べた為、本当にボランティアをしていた奈月が入社すれば嘘がばれるかもしれないと戦々恐々の後藤さん。
そんなこんなで面接が終わり、奈月の前には友達の高林真理が登場。
別会社の内定辞退を糾弾され、相手の努力が足りないことを指摘して強烈なビンタをくらいます。
本命会社前でトラブルを起こされた奈月さんとしては気がきなかったでしょう。
それはさておき、後藤は嘘のボランティアのお陰で社長令嬢との結婚まで決まっていた為、四菱商事への入社辞退を依頼。
当然そんな要望受け入れられるわけ無く、後藤は彼女を殺してしまう。
まだ日も落ちきっていないであろう公共の場の都内で誰にも殺害現場を見られない、奇跡のタイミングでの殺害でした。
奈月にとっては前世でよっぽどの悪行を働いたとしか思えない不遇な一日でした。

感想
今回は就職活動の闇と偽りの人生がテーマでした、最初の就活生一斉振り向きとは殆どホラーです。
良い高校に入り、良い大学に入り、そして良い会社へ。。
つねに競争の人生ではありますが、学歴競争という意味では大学入学時点である程度終了しているかと思います。
特に就活競争を勝ち抜くためには学歴はもとより、大学生活を如何に過ごしたかが非常に重要となっています。
今回、殺害された北川奈月は就活エリートと言っても差し支えないほどのリア充っぷりでした。
海外ボランティア、留学、国際学生フォーラムの立ち上げ、文化祭実行委員 etc..
就職活動のためとは言え、恐るべきバイタリティです、これで顔が良くて学歴があれば就活無双ができそうです。
対照的に、彼女の友人である高林真理(近野成美)は大学生活でこれといった活動をしたわけではないらしく未だ無い内定。
挙句自分が志望していた就職先で彼女が内定を取り、おまけに辞退されるというボコボコっぷりです。
この辺りの就活事情は多少の誇張はあれど、中々リアリティのある描写であったかと思います。
しかし、大学生活をすべて就職活動に捧げた彼女が仮に本命企業に就職しても本当に幸せになれたのだろうかと疑問に思います。
ボランティアを通じて出会った彼氏とも破局し、大学での親友との仲違いし。
嘘のボランティア活動を面接で言ったとはいえ、結局後藤の人生も破局してしましましたし、
何が当人にとって最終的に幸せなことなのかは分からないなぁっと思います。

井戸掘りと聞いて、遠くサルウィンの亀ちゃんを思い出したのはきっと私だけではないはず。
関連記事
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。