絶望モラトリアム

Since 2002/02/14

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相棒 season12 第7話 「目撃証言」

カフェのアルバイト店員・千倉(藤間宇宙)の撲殺体が発見された。
遺体のそばには自らの血で書かれた「H22」のダイイング・メッセージ。
書きかけのようで、どうやら途中で力尽きたらしい。

千倉のブログを遡って調べると、5年前は就活に失敗した愚痴ばかりが書き込まれていたが、3年前にカフェの店長になってからは明るい内容に一変。
千倉は同じく3年前の平成22年に自転車による老女ひき逃げ事件を目撃。
千倉の証言によって佐野(小松和重)という男が逮捕され、実刑判決を受けていることがわかった。
刑期を終え、すでに出所していた佐野に話を聞くと、あくまでも冤罪だと主張。
右京(水谷豊)と享(成宮寛貴)に、目撃者は本当に自分がひき逃げするところを見たのか聞いてみたい、と言葉を荒げる。

今回の殺人事件と3年前のひき逃げ事件に関係があるのか? なぜ千倉は殺されなければならなかったのか?
右京と享が絡み合った謎を紐解いていく。

引用元:相棒 公式HP


それはあなたが最初に受けた不当を、誰も不当だと思わなくなってしまうからです


あらすじ
就職に失敗したアルバイト店員・千倉は無気力な生活を送っていたがひき逃げ事件をたまたま目撃したことで、一躍ネットの人気者に。
警察にも頼られ、ぶっちゃけよく見てなかったけどつーか轢いたっしょということで片山巡査部長(井田國彦)の誘導にノリノリで乗ってしまう。
片山巡査部長もとっとと大きな山に戻りたいんで、自転車が本当に接触したかの調査もせず目撃証言だけで佐野を前科者に。
調子に乗っていた佐野であったが、よくよく考えたらひき逃げの瞬間を見たわけではないことを思い出し、自費出版の本を作ることを決意。
セックスするぐらい仲が良いであろう、東海林美久(菅野莉央)に貸していたお金の返済を迫る。
そんな中、無実の罪で懲役三年となった佐野は、ネットで個人情報駄々漏れの千倉を発見。
当然ながら千倉は佐野のことを覚えていないが、そのことに対して佐野が激高、殺人を犯してしまう。

感想
今回は冤罪事件というよりもタイトルの通り「目撃証言」に重点を置いたストーリでした。
ひき逃げ事件の誤った目撃証言
殺人事件の犯人へのあやふやな目撃証言
真犯人のアリバイを裏付ける偽りの目撃証言
同じ目撃証言ながら、その内容はまちまちです。
轢き逃げの犯人逃亡と思しき人物の目撃し、正義感と承認欲求から気がつけば嘘の証言をしていた千倉。
警察に犯人かと問われ、違うとは言えずに曖昧にしか証言できない東海林美久。
衝動的に犯罪を犯してしまい、犯行を隠すために作られた嘘の目撃証言を警察に伝えた二人。
特に、かつて偽りの目撃証言で罪に問われた佐野が、今度は自分の犯罪を隠すために嘘の目撃証言をでっち上げるのは中々皮肉が効いていました。
あっさりと目撃者が見つかりさすがにおいおいと思いましたが、ちゃんと理由があって一安心もしました。
関連記事
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。