絶望モラトリアム

Since 2002/02/14

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

打ち切り感想 恋のキューピッド 焼野原塵

『恋のキューピッド 焼野原塵』(こいのキューピッド やけのはらじん)は、長谷川智広による日本の漫画作品。
『週刊少年ジャンプ』(集英社)2012年36・37号に第8回金未来杯の候補作として掲載、2013年43号から2014年12号まで連載された。
話数カウントは「第○話」。

引用元:Wikipedia

恋のキューピッド焼野原塵 1 (ジャンプコミックス)


いい意味での若さを感じれた作品

全20話。
第1話を読んだ限りでは一切合わないと思っていた作品ですが、いつの間にかそれなりに好きなっている作品でした、不思議です。
実際、誓いの門ちゃんとかゴルゴンさんが登場した後とか、ユリ子に大食い属性が付与された後とかは普通に面白かったと思うんですよね。
特にゆり子ちゃんの大食い属性については、ただの1ヒロインだった彼女を魅力的なキャラクターに変えてくれたと思います。
天然っぷりも相まって、ネウロの弥子よりもある意味狂気を感じました。
第1話はどうかと思ったギャグも、キャラクターが動きだしてから徐々にキレを増してきたように思います。

ストーリー展開も、読切作品の頃と比べてきちんと連載向けに話を作り替えていた点は良かったです。。
最終話のラストページなんかは連載開始当初から決めてたんじゃないかってぐらいのインパクトがありました。。
同号で「俺達の戦いはこれからだ!」で投げっぱなしで終わった作品に比べればちゃんと話として纏めいようとした気概が感じられます。
四天王あたりは打ち切りの関係上駆け足になってしまったのが少し残念。
もうあと1ヶ月くらいあれば、底王のあたりはもう少し綺麗に纏められたかなと思います。

絵については、ギャグ漫画としてはギリギリありかもしれないラインですが、ラブコメでやっていくには少し絵が下手過ぎたかと思います。
先述した最終ページの描写もそうですが、所々センスは感じられます。
ただ、残念なことに描写したいことに作者の画力が追い付いていないんですよね、澤井先生の描いたオシリスの天空竜状態。。


総評
話のセンスは非常にあるものの、絵で大分損をしているような作品でした。
また、第一話が読者をぐっと引き込む話でも無かったので、スタートダッシュができなかったのも打ち切られた原因ですかね。
本当に、なんであんなに序盤はおもしろくなかったのか非常に悔やまれます。
最終的な打ち切りは免れなかったもしれませんが、もうちょっと長生きしたかもしれません。
関連記事
149:

読み切り微妙だったし、すぐ打ち切りだろうなー。と、連載当初は思ってましたが、ちょいちょい笑える部分もあり、結構好きな作品でした。
じわじわ好きになる感じ、伊達先パイを連想しました。

2014.02.20 15:50 なすび #- [EDIT]
150:

>話のセンスは非常にあるものの、絵で大分損をしているような作品でした。
>本当に、なんであんなに序盤はおもしろくなかったのか非常に悔やまれます。

完全に同意です 私としても後半はかなりの高評価でした
ギャグマンガというジャンル自体が今のジャンプでは厳しいジャンルでもありますが
ギンタマはちょくちょくシリアスバトルをして利益を拾いにいきますし
たけしを描いてたしまぶーも今ではバトル書いてますし
Ψ難は・・・まああの絵じゃギャグ以外のジャンルは無理かな

一方でバトル漫画というジャンルはワンピ・ナルト・暗殺みたいにある意味で過大評価してもらいやすいお得なジャンルではあります
まあ長谷川智広先生の絵と作風ではギャグ系のが似合ってますけど

・凶悪なキューピットというインパクトを前面におしだす
・後半はギャグのキレもよかった
・しかしアンケは最低レベルへ低迷
↑このへんからあらためてギャグ漫画というジャンルの難しさを感じました
ともかく長谷川智広先生にはまた早く戻ってきてほしいですね 彼には逃げ道はもうないでしょうし

2014.02.24 14:09 No Name #- [EDIT]
152:

※149:なすびさん
伊達先輩もそうなんですが、主人公とヒロインが割りと両思いにも関わらず、
本格的に結ばれないラブコメディが私は好きみたいです。

※150:No Nameさん
まぁ塵も長期連載化したらバトル要素が入ってきた可能性は十分あるかと思います。
それだけ週刊連載でギャグ漫画だけをやるって難しいんですよね。
(基本的に1話完結型ってのがネックなのかもしれません)

最初にこけると、以降読まれもしない可能性があるためやはり最初の導入は大事だと思います。
途中から読んでみようと思えるほどの画力も無かったのも中々厳しかったですね。

2014.03.01 12:31 絶妙 #- [EDIT]
161:

この記事には、あらすじは書かないのですか?

2014.03.17 00:21 No Name #- [EDIT]
163:

※161:No Nameさん
あらすじは書きたいとは思っているのですが、結構体力を使うのでWikipediaだのみになっています。

2014.03.17 18:57 絶妙 #- [EDIT]
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。