絶望モラトリアム

Since 2002/02/14

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステルス交境曲 第1幕「その男、透明につき①」

様々な種族が交わり生きる街「神防町」。ある秘密を抱えた少年を救ったのは!?
増刊「ジャンプVS-バーサス-」で大人気を博した作品が遂に新連載として登場!!

引用元:集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト shonenjump.com

作者情報
成田 良悟(なりた りょうご)
1980年5月30日生まれ
日本の小説家。
東京都出身。
代表作:『バッカーノ!』『デュラララ!!』シリーズ

天野 洋一(あまの よういち)
1981年6月22日生まれ
岡山県岡山市出身。岡山県立瀬戸南高等学校卒業。
中国デザイン専門学校をデビューにより中退。

週刊少年ジャンプ 2005年36・37号:「ウサギとカメとストライク」金未来杯グランプリ獲得
週刊少年ジャンプ 2006年33号:「OVER TIME」連載開始
週刊少年ジャンプ 2006年52号:「OVER TIME」連載終了
週刊少年ジャンプ 2009年25号:「AKABOSHI -異聞水滸伝-」連載開始
週刊少年ジャンプ 2009年49号:「AKABOSHI -異聞水滸伝-」連載終了
週刊少年ジャンプ 2013年8号:「アルベリーとアワレな悪魔憑き」読切掲載
週刊少年ジャンプ 2013年37・38号:「アナノムジナ」読切掲載

14wj13.png



Icing on the Cake?

前々から良い原作さえつけば天野先生の画力ならもうちょっと面白い漫画になるのになぁっと散々言われていた天野先生がついに原作付きに!
しかも原作があの『バッカーノ!』『デュラララ!!』でお馴染みの成田先生なんですから非常に期待値の高い作品です。
とりあえず第1話で主人公サイドに屑野郎が出てこなかった時点で、原作付けたメリットはあったんだなぁっと実感。

絵についても、綺麗ながらゴチャゴチャして何をしているのかわからない印象が強かった「AKABOSHI -異聞水滸伝-」からかなりスッキリとしました。
主人公の攻撃がカウンターオンリー(倍返しだ!)なので、今後のバトルをどのように描くか期待です。
主人公の「呪い?」の特性上、バトルでピンチらしいピンチに陥ることは殆どないでしょうしね。
世界観については、ザ・ファンタジーということでジャンプでは割合鬼門ですが、さすが人気作家だけあって妄想の余地は残しつつ、綺麗にまとめてます。
ただ、諸々世界観の設定はあるようですが、第一話では主人公勢にフォーカスを当てて、細かい世界観設定は殆ど描写せず。
それはそれでテンポは良かったんですが、ラストの藪雨トロマが実は透明人間ではなく透明竜だったところのインパクトが薄れてしまって残念。
透明ながら、水で全体像が把握できるのは中々ファンタジーっぽい描写で素晴らしかっただけに、せめて竜という存在がどれだけこの世界で
特殊な存在か描写しても良かったように思います、あれだけ異種族いたら、そらまぁ竜くらいいるよね、という印象。

総合的に見て非常にレベルの高い作品ではありますが、バトル以外の要素でどれだけ面白く展開していくかが今後の課題かと。
もちろんバトルも重要ですが、設定的にバトル一辺倒で勝負するような作品でもなさそうですしね。
有名な作家引っ張ってるわけですし、短期打ち切りはさすがに無いとは思いますが、果たして。
関連記事
182:

この方の漫画は飛び抜けた能力やキャラクターをまず思いついてそれ一本槍で何とかしようとしている印象があります




うろ覚え水滸伝もバトルに関してはインフレが凄かったような気がします(っ´ω`c)


今回もその設定だけでいえば無敵の主人公ですが あっさりそれ以上の敵がでたり でもピンチになれば都合良く乗り切るだけ



今回はなんでもありな龍の遺産や透明な龍のおかげで どんだけピンチでも都合よく最後は乗り切るだけなんでしょうかね (っ´ω`c)三巻以上いくかわかりませんね

2014.03.21 17:33 ななし #- [EDIT]
183:

>有名な作家引っ張ってるわけですし、短期打ち切りはさすがに無いとは思いますが、果たして

ここは気になりますね
西尾さんのめだかボックスもドベ争いに長らく停滞しながら特別な延命措置があったりなかったりと噂されてましたが 個人的には好きな2人の作家さんなので応援したいです

成田さんといい西尾さんといいラノベ作家からマンガに挑戦したいと思ってる人って意外と多いんでしょうね
僕はラノベも好きですが部数ではマンガの圧勝ですし
2012年にラノベ界で無双状態だったときのSAOが年間276万部・・・2013年の落ち目のブリーチ(275万)と同じくらいです マンガの上位になるとワンピや進撃みたく1800万、1300万部になりますし

しかし野球選手がサッカー日本代表になれないようにラノベ作家とマンガ家では全く別種類の能力が求められるのだと思います 西尾維新さんのときは特にそう感じました 成田さんにはマンガ原作としての壁をぶち壊して躍進してほしいですね

2014.03.25 02:08 もっこ #VWFaYlLU [EDIT]
186:

※182:ななしさん
とりあえず原作がついたので、天野先生にはあのわかりにくい絵さえ克服してもらったら結構いい線行くんじゃないかと思ってます。
ラノベっぽい作風がジャンプでどれだけ受けるのかは未知数ですが。

※183:もっこさん
めだかボックスは球磨川が出たあたりは面白かったんですが、その前後はお世辞にも面白いとは言えなかったですからね。
プロの方ですから、ジャンプで連載を持ちたいとは思っている方は多いんじゃないかと思います。
全盛期からは落ちたものの、発行部数280万を超える雑誌ですから、読者数が他の雑誌とは段違いです。
週刊少年漫画である以上、毎週ある程度盛り上がりが無いと人気につながらないのが一番の違いであり
ラノベ作家の方がぶつかる壁ではないかと思っています。

2014.03.25 21:01 絶妙 #- [EDIT]
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。