絶望モラトリアム

Since 2002/02/14

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

打ち切り感想 i・ショウジョ

増刊で大好評を博したラブコメが遂にWJ本誌登場!!
キャッチコピーは"KPOLC"(ケータイプチオムニバスラブコメ)!!
謎の少女が、悩める少年に「愛のアプリ」をプレゼント。
それを使うと、気になるあの娘の身体に異変が...!?
全ての男の子の妄想(ゆめ)を叶える、ワクワクのラブストーリー、開幕!!

引用元:集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト shonenjump.com

i・ショウジョ 1 (ジャンプコミックス)


バイバイパンツ

全20話。
というわけで、移籍というか出戻りというか、とりあえずジャンプでは打ち切りジャンプLIVEへ。
久しぶりの純粋なエロ漫画でしたが、まぁエロだけではさすがにジャンプでは生き残れませんでした。
オムニバスがどうとかというより、単純に作者の話の構成力が低かったのが原因かと思います。
描きたいエロ画の為に、無理やりキャラを動かしていたことが多く、いちいち気になってしまいました。
(女の子同士がコンビニ前でお互いのメールアドレスを叫んでいるとか、不自然極まりない)
「愛のアプリ」が存在する時点で、現実的な整合性は求めてないんですが、それにしたって展開が適当すぎです。
「To Loveる」なんかも大概でしたが、それでも最低限物語としての整合性はとっていたと思います。

絵については、多分作者が描きたかったであろう絵は割りと気合いれて描いていましたが、それ以外はちょっと下手というか適当というか。。
まぁ可愛らしい絵ではあったと思うんですが、オムニバス形式で色々な女の子出す割にはキャラの描き分けがちょっと微妙だったかなと。
後半は女の子がM字開脚になるシーンが随分と増えましたが、作者が好きな体位なんですかね。

キャラについてはまぁストーリーが適当なんであんまり魅力的に感じることはありませんでした。
最初のエピソードのギンコカップルとか、空手やってる二人の恋愛(友情?)とか掘り下げたら面白そうなネタはありましたが、
2話くらいで話が終わってしまうのでキャラに感情移入もしにくいんですよね。ラブコメなのに雰囲気がいちいち暗いし。
もうちょっと爽やかでさらっとした恋愛を描いたら良いのになぁっと個人的には思いました。

総評
ジャンプでエロをやることに一定の価値はあったものの、ものの見事にそれしか価値が無かったという残念な作品。
色々なエロ漫画から引っ張ってきたようなネタが多かったですが、「アプリ」っぽいものって最初のタッチアプリくらいだったよなぁっと。
惚れ薬が振ったら出てくるとか、完全にデバイス側の・・・まぁ無粋か。
ジャンプLIVEに戻るということですが、話のネタ的にも電子媒体との相性はいいと思うので、色々ギミックを追加したら面白いんじゃないかと思います。
関連記事
276:

率直に言うと劣化To LOVEるでしたね。サービスシーンありきでキャラが記号的な役割しか果たしてない点で雲泥の差。(To LOVEるはキャラ描写優先でパンチラすら無い回もありましたし。)
個人的にはそのサービスシーンが妙に生々しく感じられるのも気になりました。
矢吹先生や叶先生が描くそれらはそうでもないんだけど、この差は一体何なんだろうか。決して達者な絵ではないのに…。

2014.07.10 20:03 フブキ #.AHYQtmE [EDIT]
277:

※276:フブキさん
エロシーンが妙に生々しいという意見には私も賛成です。
なんでしょうね、絵柄は可愛らしいのに妙に生々しい。。

2014.07.11 18:43 絶妙 #- [EDIT]
285:

かわいい女の子は描けてもうまく動かすことはできなかった印象ですね
オムニバスの各エピソードごとに使用するアプリとどういうエロ要素を入れるかを
念頭に置いて話を作っていたのかなと思います

スマホの漫画アプリ「ジャンプLIVE」からWJ本誌へ、そしてジャンプLIVEに出戻り…
ソウルキャッチャーズと事情は異なるでしょうが、単純な打ち切りではなく
媒体が変わって連載の継続というのは割と恵まれた扱いではないかと思います
題材を踏まえてもアプリ連載は相性がよさそうですし

「i・ショウジョ」からジャンプLIVEを知り、ジャンプLIVEのほかの作品を読み
そしてコミックスが売れる、という一連の流れの火付け役になれば…
ということをもしかしたらWJ編集部は狙ってたりするのかな?

2014.07.14 09:25 No Name #- [EDIT]
286:

夢のある若手作家を応援したいと思ってる自分ですら
パンチラのコマ以外読みとばしてしまうような作品でしたね・・・
パンツだけは網膜に焼きつけてましたがΣd(ゝ∀・)

しかもよく調べてみると高山先生って34歳かぁ・・・若手というよりナイスオールドって感じですね(褒め言葉)
まあ神海先生も32歳です
高橋先生が遊戯王を始めたのは33歳、松井先生が暗殺教室を始めたのが31歳 

ジャンプでラブコメやる場合は
・toloveる、I’s、いちご100%くらい画力(女子の顔)に特化しているか
・ニセコイくらいギャグに特化してるか

高山先生を応援したいですが・・・現状ではラブリーさもコメディも無いラブコメでしたね

2014.07.16 17:01 富士3 #VWFaYlLU [EDIT]
290:

※285:No Nameさん
そういう意味では最初は出張掲載の形をとっても良かったかもしれませんね。
たまにエピソード毎に掲載するくらいならここまで評価は低くなかったかもしれません。

※286:富士3さん
さっ34歳ですか、その年齢でこの内容と絵だとちょっと厳しいですね。
内容はそこらのエロ漫画を全年齢対象にしたような作品でしたね。
もうちょっとドラマがあればよかったと思います。

2014.07.16 19:47 絶妙 #- [EDIT]
356:※285を書いたものです

スマホ漫画アプリ「ジャンプLIVE」からラインナップもろもろリニューアルされ
スマホアプリだけでなくPCでも読むことができる「少年ジャンプ+」が発表されました。

ジャンプで一定期間の連載経験がある作家さんや、打ち切りにあった後読みきりを
WJ本誌や増刊号で掲載したものの惜しくも連載にこぎつけられなかった作家さんの作品など
バラエティに富んだラインナップの中に「i・ショウジョ」がありました。

全国に発売される全年齢向けの雑誌掲載ではなくなったからなのか、はたまたコミックスではすでに実装済みかわかりませんが、
移籍1話目にして「例の券」が発行されていますね。お色気が強化されるのでしょうか?

そして発表されたばかりのジャンプ+ですが、コミックスのためし読みなんかも豊富なので
ジャンプが好きな人はチェックするのをお勧めします。もちろんi・ショウジョも楽しみです。

2014.09.22 12:51 No Name #- [EDIT]
360:

※356:No Nameさん
少年ジャンプ+、これ凄いですね。
これを気にジャンプの購読は完全に電子に移るかもしれません。。
「i・ショウジョ」は着々とダークネスと同じ道を歩んでますね、いいことです。

2014.09.22 19:08 絶妙 #- [EDIT]
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。