絶望モラトリアム

Since 2002/02/14

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

打ち切り感想 三ツ首コンドル

『姿を消す』、『空を飛ぶ』、『不老不死を得る』...

奇跡のような力を持つ、秘宝「魔女の宝」を巡る、

盗賊・マシマロの冒険譚!!

引用元:集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト shonenjump.com

三ツ首コンドル 1 (ジャンプコミックス)


打ち首コンドル

全16話。
読切の時にはもう少し面白かったのに、なんでこんなにつまらなくなったんだ!!という感想で始まった「三ツ首コンドル」ですが、
大方の予想通り、年を越すことなく短期打ち切りと相成りました。
打ち切りブーストがあったとはいえ終盤は結構面白かったと思うのですが、やはり序盤の展開が大きなマイナスとなりました。
特に一話と二話の出来が酷すぎたので、あの時点で打ち切りは免れなかったと思います。
世界観とかは割りと面白かったと思いますが、主人公のマシマロの魅力が薄かったように思います。
なんとなく描きたいことはキャラクター像は分かるんですけど、それが空回りしている印象です。
(ココらへんは、後述しますが画力によるところも大きいと思いますが)
最終回で明かされた、読切時から引き継いだ「美に対する執着の理由」とかもうちょっと序盤で明かした方が良かったんじゃないかと。
マシマロの謎の強さに対する(一応の)説明にもなっているので、中々良い設定だと思うんですけどね、ちょっと出し惜しみが過ぎたか。

絵についてはまぁ残念ながら、最後まであまり向上することはありませんでした。
まぁ元々上手くはないって程度の絵だったんですが、バトルに耐えれる絵ではなかったなぁっと(たまにすごい絵が崩れてましたが)
連載開始時にも指摘していますが、描きたいことに対して画力が追いついてなかったので、
もっと画力があれば映えるのになぁっと思えるシーンがチラホラありました。

後はまぁこう言っては非常に申し訳無いんですが、ちょっとネーミングセンスが良くなかったですよね。
「 R・砕き」とか最初見た時は背中がゾワゾワしたもんです、オリジナリティは(ある意味)あるけどセンスはないよ!
別に久保先生ほどオサレな技名を求めたりはしませんが、もうちょっと少年心を刺激するネーミングは無かったものか。。


総評
結果としては短期打ち切りとなりましたが、連載中に確かな成長を感じさせてくれる作品でした。
諸々の伏線を駆け足ではありながらきちんと回収したところは好感が持てます。
年齢はわかりませんが、大阪総合デザイン専門学校を2012年に卒業していることからまだまだ若く今後の伸び代にも期待が持てます。
打ち切りなのに最終ページにカラーを所望したりと、中々大物っぷりも発揮していますし次回作に期待です。
関連記事
483:

更新待ってました(・∀・)~


う~んやはり最初が絶望的でしたね~、必要ではありますが世界観の説明のための序盤がダラダラしすぎましたね(*´д`)


頑張って複線を回収してたとも言えますが、色々無理矢理ねじ込んだ最終回とも見えますよね(゜д゜)


読み切り→連載スタートまでの期間に序盤のスタートダッシュ&誤字チェックはしっかりしてほしかったですね、まだ若そうですし 一応水着テコ入れ?もしてましたし(゜д゜)全くエロくないですが(笑)次回に期待してます


年内 ヨアケモノ ハイファイ スポーティングソルトあるのでお忙しいですが頑張ってくださいね(・∀・)


ハイファイ 読み切りでは三国志最強リョフが今の聖徳太子さんの力だったのに(゜д゜)ただの力が強いだけ 戦闘シーンなんだかなあでガッカリ 最近の新連載は読み切りから連載スタートまでにしっかり煮詰めてない気がしますね

2014.11.07 04:21 キーノ #- [EDIT]
485:

スーさんの覚醒には感動しました。二話のサルサは使い捨てされましたね。それが残念です(>_<)

2014.11.07 09:28 No Name #- [EDIT]
490:

ポルタ二世だと思いましたが、終盤はマシな漫画になっていきました

2014.11.07 21:22 No Name #- [EDIT]
493:

※483:キーノさん
むしろ打ち切り漫画でよくあれだけ綺麗にねじ込めたなと(日本語が変ですが)
いや~本当に次回作は頑張ってほしいです。

※485:No Nameさん
スーさん覚醒も連載が長く続いてたらかなり盛り上がったであろうポイントですよね。
惜しむらくは、もう少し序盤から魔女の子孫のことを匂わしつつそれをマシマロにミスリードする
描写を分かりやすく挟んだ方が良かったかなと。
サルサさんはちゃんと最終回に登場してますよ!!ある意味非常に美味しいキャラでした。

※490:No Nameさん
ポルタと違って、無理に頭を使った展開にしなかったのが良かったのかもしれません。
序盤は本当にポルタでしたが。

2014.11.07 22:07 絶妙 #- [EDIT]
494:

ですね~(・∀・)本当にオールキャストねじ込みましたもんね


改めてR砕きと言われたので思い出してぞぞっときちゃったじゃないですか(゜д゜)も~




若いし ワンアウトやから また頑張ってほしいですね(・∀・)


序盤は大事 それを教えてくれた作品でした(・∀・)それではまた来週~

2014.11.07 23:04 キーノ #- [EDIT]
495:

個人のブログなのでどんな感想書こうが自由だと思いますが
蔑称を題名にするのは少々配慮が足りないんじゃないですか

2014.11.08 04:44 No Name #- [EDIT]
496:

後半以降はそこそこ読める話になっていて最終回になったときは思わずもったいないなと思える出来でした
打ち切りが決まってからの怒涛展開とサクサク進むテンポで思わず濃いなと思ったのですが
今思えば打ち切りが決まってなかったらまだまだゆったり冒険を続けてたとしたらあそこまでおもしろくならなかったかも・・・

ガッカリする打ち切り漫画の最終回が多い中、綺麗にまとめたのは非常に印象が良いです

ところで次回作にご期待くださいがないのは単なるミスでしょうか?
まさかこれで本人的には終わりってことはないですよね・・・

2014.11.09 21:02 ミラ #- [EDIT]
497:

ラスボスを撃破する技がD・ピンクデーモンだったのはちょっとグッときましたね
薄紅悪魔=ピンクデーモンってのは大体の読者は忘れてしまったのかもしれませんが

同じ話数のヨアケモノが全2巻なのに対してこちらは全3巻
加筆があることから考えても終盤はきっちりアンケ取れてたんだろうなあとは思います
次回作に期待できる作家さんですね
私は高く評価していますよフフフ

2014.11.10 23:45 シープ #aIcUnOeo [EDIT]
499:

新連載第1話目の時点では、「正直レベル低い。打ち切りかな」などと書き込んだりしました(※305)
結局は短期での打ち切りとなりましたが、いまいち波に乗り切れない序盤に比べて連載が続くにつれて面白くなってきてましたし、
漫画家としての成長という収穫が得られたのではないでしょうか(上から目線っぽいですが)

とはいえ、最終回間際のクオリティでも連載で生き残れると言い切れるほどではないですし、そもそもの画力が低めなので要研鑽といったところ。次回作に期待したいですね。

2014.11.11 15:48 dy #- [EDIT]
502:

もう本誌捨ててしまったかもしれませんがコンドル最終ページに『石山先生の次回作に期待下さい』ってかいてませんでしたよね?
これってバイバイジャンプなんですかね?担当が書き忘れるということはあるんでしょうか?

2014.11.13 21:51 No Name #- [EDIT]
506:

※494:キーノさん
※496:ミラさん
※502:No Nameさん
本当に「次回作にご期待ください」がなくて驚きました。
作者の巻末コメント見る限りこれでバイバイジャンプは無いと思いますが、単純にミスなんでしょうか。
個人的には画力を磨いて早めに戻ってきてもらいたいところですが。

※495:No Nameさん
ご指摘ありがとうございます。
蔑称のつもりはなく、連載当初から作品コメントはこれにしようと決めていましたが配慮が足りなかったかもしれません。
以後、気をつけます。

※497:シープさん
忘れてた人です。
単行本には加筆があるんですね、読切版が掲載されるとして、後日談的なものが掲載されるのかちょっと楽しみです。

2014.11.15 11:17 絶妙 #vP1yFnIg [EDIT]
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。