絶望モラトリアム

Since 2002/02/14

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

打ち切り感想 ヨアケモノ

歴史には、決して語られる事のない真実がある――

時は幕末。侍狩りで少年2人組・暁月刃朗と暁月銀が
一旗あげようと訪れた京の町で出会ったのは、
京を守る最強の部隊・新撰組、そして獣の匂いを放つ男。

男の名は――、土方歳三。
夜明け前のこの国で――獣たちが時代を喰らう!!

引用元:集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト shonenjump.com

ヨアケモノ 1 (ジャンプコミックス)


正義の定義

全16話。
史実として、新選組が正義であったかどうかはさておき、創作物においては、
幕府側を描くか反幕府側を描くかで彼らの描かれ方は大きく変わってくると思います。
今回、主人公の「暁月刃朗」は新選組に属している為、新選組は正義であり反幕府側である坂本龍馬達は悪として描かれています。
新選組が京都で大人気の集団だったり、坂本龍馬がただのキチガイテロリストになっているのは、少年漫画としての
「わかりやすさ」を重視してのことなので、そこに突っ込むのはこの際無粋でしょうか。

さて、なんでいきなり正義の話をしたからというと、主人公の「正義」とはなんだったのかということなんですよね。
無実?の罪で罪人の証を顔に彫られたあたりは同情できますが、侍狩りという強盗行為で生計を立てるというのは同情の余地なし。
加えて、罪の意識すら感じること無く義兄弟と殺した人間の数を競っているというおよそジャンプの主人公とは思えない鬼畜っぷりです。
その後、「暁月銀」が殺されたことが彼の行動に大きく影響を与えるんですが、自分たちが成り上がる為に他人に刃を向けた時点で
残念ながら殺されても自業自得なんですよね、単に返り討ちにあっただけですし。
そういう経緯もあって、彼が坂本龍馬を始めとする維新側に対してお前らは間違っているという「正義」を振りかざすのがすごい違和感。
そもそも、彼が新選組のどんな考えに傾倒したのか分かりにくいので説得力もないですしね。
極端な話「罪人扱いで辛い思いをしたじゃろ、俺と一緒に日本を正そうぜよ」と言えば彼は迷いなく新選組と敵対したと思います。
そんなこんなで主人公のキャラ設定に失敗しながら、新選組という設定を上手く活かせなかったのが残念ですね。
特に不動の人気を誇る沖田総司を残念に描いてしまったのは失策だったと思います。
作者は別に新選組モノ(歴史物)が描きたかったわけなじゃなくて、とりあえず人気がある新選組に最近話題のテラフォーマーズの要素を
組み合わせてみました、みたいな背景がどうしても感じてしまいます。

絵については新人としてはまったく問題ない程の画力を持っていますが、獣刃使用後のキャラ造形がちょっと微妙だったかなと。
変身するならちゃんと変身する、しないなら一切しないの方が良かったと思います、なんというか造形が中途半端。
そこら辺含めて、上手いんだけど魅力のある漫画絵とは言いがたいんですよね。
順当に行けば天野先生ルートに行っちゃいそうな気がします、上手いんだけどなぁ。


総評
すごい面白いわけでもすごい面白くないわけでもなかったこの作品。
NARUTOという看板漫画の影に隠れて連載終了という、ある意味この作品らしい地味な最後となりました。
先に打ち切られた「三ツ首コンドル」に比べて、作者の成長があまり感じれなかったのが少し残念です。
とにかく魅力的なキャラがいなかったので、そのあたりは次回作に期待したいところです。
あと「っ・・・」の乱用は避けたほうが良いかなと。
関連記事
500:ヨアケモノ感想

更新お疲れ様です。ひさびさにコメントします。

個人的には結構好きな方の作品でしたが打ち切りもやむなしですかね
主人公のキャラ付けに関しては同情できないというか入り込める部分が少ない、
端的にいうとあまり魅力がなかったのように感じました
っ・・・も確かに多かったですね笑

少年漫画的な味付けの良さや画力は結構あったのでとりあえず次に期待、ですね

2014.11.12 23:24 ZON #bIM0AQKI [EDIT]
501:画力70点ストーリー30点

>まったく問題ない程の画力を持っていますが、獣刃使用後のキャラ造形がちょっと微妙

全面的に同意ですΣd(ゝ∀・)
はっきりいうと絵はうまいけどストーリーはつまらなかったです(失礼!)

ヨアケモノが新連載だったときに「矢吹健太朗や大暮維人に似てる」的なコメントをこちらに書きました
決して彼らのレベルほど絵がうまいという意味ではなく
傾向として「絵を磨くことに特化して、ストーリーは苦手としている」というベクトルが似てると感じました(´・ω・`)

過去の小畑先生(デスノート)や暁月あきら先生(めだかボックス)や天野先生とも似たベクトルで
ホントに作画担当ルートの匂いがプンプンしますね

でも読者が求めてるのは「そこそこ作画がうまい作家」じゃなくて「話が面白い作家」だと感じます(>д<)

2014.11.13 18:29 富士3 #VWFaYlLU [EDIT]
503:

龍馬が悪役というのはいい意味で斬新だとは思いました。
かといって面白い訳ではありませんが

2014.11.14 15:55 No Name #- [EDIT]
504:

更新お疲れさまですっ・・・・・


龍馬ファン怒ってないか心配ですが わかりやすくするためにああしたなら一つのやり方なのかなと(・∀・)なるほど


最後桂さんでましたよね でもその前の前の週では違う名前でしたよね(゜д゜)あれは桂さんが偽名使ってたとかは歴史物から読者が知って察してねということでしょうか


コンドルもラスト無理やり詰め込んだとコメントしましたが今考えたら結構頑張って回収したなあと思いましたね(゜д゜)


結局ラスト五重塔バトルで名前言わなかった味方の名前がまるで思い出せませんでした(゜д゜)


打ち切り決まってたなら五重塔バトルいかなかったほうが良かったと思いますね、結局一週かけてマッチング、バトル描写無しで1コマ決着 うっすいうっすい 構成力無いんですかね(゜д゜)


沖田が結局強いのかもよくわからない間抜けでしたし(゜д゜)結局歴史 偉人物の良さが何一つなかったですね 最後は結局壬生狼(新撰組の結束力が勝ったてことですかね)



まだ一発目だし 絵はかけるわけですから(・∀・)次期待してまあす

2014.11.14 23:22 キーノ #- [EDIT]
505:

※500:ZONさん
絵をはじめとして全然駄目ではなかったんですけどね。
正義について論じましたが、ぶっちゃけ主要な読者層には関係ない話だったので
単純に分かりにくかったから子どもに受けなかったのかもしれません。

※501:富士3さん
まぁストーリー作成能力は本当に低かったですよね。
キャラ造形はそんなに悪く無いと思うので、作画担当でもいけそうではあります。
ただまぁバトル向けの作画担当で今のジャンプにどれだけ需要があるのかは不明ですが。

※503:No Nameさん
悪役というか完全にキ○ガイでしたね。
主人公サイドがわかりやすく善になるメリットはありますが、幕末を描くならそれぞれの正義をもう少し描写して欲しかったです。

※504:キーノさん
っ・・・!ありがとうございます。
五重塔バトルは打ち切りで仕方がないとはいえ、みんな素通りしてたのには笑いました。
いや、あなた達防衛任務いついているならもうちょっと時間を稼ごうよ。

2014.11.15 11:11 絶妙 #vP1yFnIg [EDIT]
507:

っ・・・・・油断した(・∀・)防衛任務なのに二週しかないから焦っちゃった おもしろ~


結局攘夷志士側が任務もできない力を手に入れちゃった狂った奴らでしたね(・∀・)


多分味方も敵もデザインしたから描きたかったんだろうなっ・・・・・


ぱっと出て来ませんが 塔の最上階まで行かないといけないのに塔をぶっ飛ばしたり(ワンパンマンだったかな・・・)塔の外から登ったりでショートカットするパターンは捻りがあってちょっと笑っちゃいますけどね


次はENMA GAVEL引っ張り出しましょうか(・∀・)あっちは一応閻魔というのはありますがオリジナリティもって描けそうですし

2014.11.15 14:59 キーノ #- [EDIT]
510:

テラフォーマーズに似た設定と個人的にはすでに何回も他作品で見慣れてるのでまた新選組かあというのでマイナスからスタートしてしまった作品です

同じ雑誌内で載ってる銀魂はSFも混ぜたパロディ物ではありますが、近藤、土方、沖田はキャラ立てや描写もできています
他に出ている新選組漫画も大体沖田、土方辺りは格好良くできていて魅力的にしているのでここまで魅力がないのはなんとも勿体ないというか・・・

もし次も一人で話をつくるとしたらキャラ立てはもっと頑張ってほしいですね
好感を持てて尚且つ格好良く活躍できるキャラをつくってほしい

2014.11.17 01:48 ミラ #- [EDIT]
523:

個人的にはこの作品がそこまで面白くないと感じた理由は、抽象的な言葉ですが華がないというか
地味なイメージが抜けなかったことでしょうか。
作画のレベルは決して低くはないのですが、絶妙さん他何人かの方が言うように“劣化テラフォーマーズ”の域を
でなかった獣刃の設定や、題材として使いこまれた新選組などを上手く扱いきれていなかった様に感じます。

良かったと思った点の1つは、ここ最近は開国の英雄として正義の象徴のように扱われる坂本竜馬を極悪人の
敵として登場させたことくらいでしょうか。とはいえ基本敵味方含め魅力不足。
キャラだけでなくストーリー展開・設定など全体的に読者を惹きつける魅力・武器が足りなかった作品ですね。

2014.11.22 22:27 dy #- [EDIT]
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。