絶望モラトリアム

Since 2002/02/14

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

E-ROBOT 第1話「炸裂!アイのミサイル!!」

高校生・ユウキの元に現れたのは、謎の美少女アイ・ロボロフスキー!!
彼女の正体は、ロボット工学の博士であるユウキの父が作ったロボだった!?
そのアイの最強の武器は...エロ!?
超ドタバタロボットエロコメ!!

引用元:集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト shonenjump.com

作者情報
山本 亮平(やまもと りょうへい)
JUMPトレジャー新人漫画賞(2011年7月期):「仮性ヒーロー」最終候補
トレジャー新人漫画賞(2012年12月):「SUPER hERO」佳作受賞
ジャンプNEXT! 2013 SUMMER:「E-Robot」掲載
週刊少年ジャンプ2014年09号:「E-Robot」読切掲載

WJ201452.png


何故かチラつく「恋するエジソン」

読切時と設定は殆ど同じですが、連載向けに主人公に意中の相手がいたりと多少の変更はあり。
「To LOVEる」みたいなエロコメディかとおもいきや、設定的にはエロバカコメディに近い感じ。
というより、作者の画力的にラブコメとかエロコメはちょっと厳しい感じですよね。
ヒロインの「アイ・ロボロフスキー」はちゃんと可愛くかけていると思うんですが、なんというか全体的に足りない感じ。
いちいちエロが絡んでくるので、来週から始まるであろうドタバタエロコメディをどれだけ広げることができるかが
打ち切りを免れる鍵になりそうですが、長期連載になるビジョンが全く見えない。。
個人的には、こういう頭空っぽにして読める漫画は嫌いではないのですが、ジャンプではちょっと厳しいですかね。

少年漫画の限界なのか、エロエロ言いながらあんまりエロくないのが気になりますね。
記号的なエロというか、エロいというよりアホっぽいというか。
というか、今のジャンプはギャグ漫画については結構充実しているんでギャグのクオリティもこのレベルだとちょっとキツイですね。
エロとギャグというはっきりとした個性はあるんですが、なんというかどちらも中途半端な印象です。
ただまぁ、「乳射角」という単語を生み出した作者のセンスには期待したいです。
意味はさっぱりわかりませんが、琴線に触れる単語でした。
関連記事
540:

お久しぶりです
この作品
魅力なさすぎて
一話 流し読みして以降
読んでないです
数年振りに
続きが 全く気にならない漫画でした
なんで これを 連載してしまったかな
コンドルの続きが 読みたかったです

2014.12.06 10:25 佐藤 #- [EDIT]
548:

僕買った雑誌は一通り読みますが(゜д゜)初めて読まなかったです



読み切りはふわっと覚えてますが(゜д゜)なんか読みたくなる要素が全くない まあ魅力がないです

2014.12.06 22:14 キーノ #- [EDIT]
552:

かわいいキャラの絵柄といっそ清々しいともいえるバカらしさ(褒め言葉)などを見ると
小学生などの低年齢読者層向けの(というかウケそうな)作品なのかなと思います

ただジャンプにおいてこういったエロバカコメディ作品が生き残れるかは未知数なので
どのような顛末を迎えることになるか気になるところです
(このカテゴリの作品はあまり長く連載できなかった印象があります)

2014.12.12 16:36 dy #- [EDIT]
557:

※540:佐藤さん
設定の時点でジャンプで連載するには大分無理かありましたよね。
エロ方面でいくには少年漫画の壁が大きすぎると思います。
エロで突き抜けないと、よくある普通のギャグ漫画でしかないのがネック。

※548:キーノさん
厳しい評価の今作品。
対象年齢が低めなのも大きいとは思いますが。

※552:dyさん
馬鹿馬鹿しい展開については私も結構好きだったりします。
ただ、肝心のギャグ漫画があまり笑えないのが痛いですね。

2014.12.16 21:20 絶妙 #vP1yFnIg [EDIT]
620:

おっおわた(゜д゜)(笑)何話目だったかなあと思いましたが最終話表示でわからず でも一話目感想がこの日付だから 二ヶ月ちょいで高速駆け抜けですね その前の三週連続新連載に続いて打ち切りとは辛いなあ・・・


新連載が四つ 打ち切りが四つなんですかね(゜д゜)卓球は展開的にも三巻分までいくのかな


ちら見程度でしたが 恋するエジソン的な感じだったんですかね(゜д゜)打ち切り感想お待ちしております

2015.02.16 18:00 キーノ #- [EDIT]
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。