絶望モラトリアム

Since 2002/02/14

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラッククローバー ページ1「少年の誓い」

魔法がすべてのとある世界で、
生まれながらに魔法が使えない上、
貧民の捨て子として生まれた少年アスタ。

彼は己の力を証明する為、また友との約束を果たす為、
魔法使いの頂点「魔法帝」を目指す!

美麗な筆致と熱きキャラ達が織り成す
王道「少年」魔法ファンタジー!

引用元:集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト shonenjump.com

作者情報

作者情報
田畠 裕基(たばた ゆうき)
天下一漫画賞(2001年8月期):「墓守 HAKAMORI」審査員特別賞受賞
手塚賞(2004年上半期):「XXX WITH NO NAME」佳作受賞
2003年6月期十二傑新人漫画賞:「Blue Steady」最終候補
赤マルジャンプ2005WINTER:「ガランス」掲載
週刊少年ジャンプ2011年37号:「HUNGRY JOKER」掲載(第7回金未来杯)
週刊少年ジャンプ2012年50号:「HUNGRY JOKER」連載開始
週刊少年ジャンプ2013年24号:「HUNGRY JOKER」連載終了
ジャンプNEXT!! 2014 vol.2:「ブラック・クローバー」掲載

WJ201512.jpg


ASUTA

というわけで、前作「HUNGRY JOKER」では読切掲載から改悪の限りを尽くし、私の期待をぶち壊してくれたけど
どこか期待してしまう、田畠先生の新連載
落ちこぼれ・孤児・イケメンライバル・諦めない心など、まぁバトル漫画のテンプレといえばそうなんですが、非常にNARUTOっぽかったです。
アンチ能力も手垢がついた設定なので、第一話に関してはそんなに目新しいところはない印象。
ただ、さすがに連載経験者だけあって新連載第一話としては良く出来ているかと思います。
細かい設定はともかくとして、世界観はある程度描けていますし、主人公とライバルのキャラ付けもしっかりしているように思います。
ただ、キャラ付けはしっかりしていますしそれに関連する描写もあるっちゃあるんですが、肝心の戦闘にそれらが生かせてないのが残念。
ユノについては天才キャラなのに、不意をつかれたとは言え落ちぶれた魔導師に為す術が無い状態でしたし、
アスタについては折角の筋トレも特に意味が無かったのか普通にボコられただけでした。
別にマテリアル・パズルのプリセラとは言わないまでも、主人公の身体能力がある程度あるって方がいいと思うんですけどね。
他の魔法が使えない分、彼基本的に剣で相手をぶった斬る以外戦闘手段が無いわけですし。

絵についてはちょっとゴチャゴチャしていますが、画力については特に問題なしかと。
バトル漫画としても十分描けています、ちょっとギャグ時のデザインが好みではありませんでしたがまぁ許容範囲かなと。
田畠先生の描く女の子は可愛いのでそこら辺も今後期待です。

とりあえず、一話の時点では王道展開ではあるもののさして大きな問題は無し。
細かい展開が個人的には気になるところですが、まぁ少年漫画なら勢い重視ということでいいんじゃないかなと。
主人公の能力が剣でぶった切るだけという割とシンプルな能力なので、
今後どのようにして主人公のバトルを魅力的に描けるかがキーになってくるかと思います。
しかしなんでこんなにナルトを彷彿とさせるんだろうか。。
関連記事
639:

新連載4つの中では一番人気な位置にいますね。
ハングリーの時からファンだったのでこの作品が売れそうなのは嬉しいです

2015.04.23 19:38 No Name #- [EDIT]
640:

連載版ハングリーの頃と正反対な作品を書いてますね
キャラが生き生きしている部分や話も粗い部分は分かりやすいですね

2015.04.27 01:26 名無しであるが故の疎外感 #- [EDIT]
642:前作読み切りから連載への設定変遷による落胆を経て帰ってきた期待の星

主人公が夢の実現を目指して進んでいく物語というのは、今までにも・そしておそらくこれからも描かれ続けるテーマなので、「NARUTOっぽい」とかそういう感想が多いのは、自然なことだと思います。
しかし一方で、ブラック・クローバー」の第1話は少年漫画の王道らしい漫画としてのワクワク感をしっかりと感じさせてくれるものでした(細かく見れば粗もありますが)。
ジャンプNEXTで掲載された連載前のプロトタイプの読みきりを読んだ時にも「これは連載されるだろうな」と思いました。

前作「ハングリージョーカー」の主人公ハイジがローテンションで、「重力」という能力を扱うためか戦闘中は基本突っ立っていてアクションに乏しいという弱点があったので、
熱血系で積極的に体を張りまくる主人公アスタの活躍にはちょっと期待したいですね。

新連載4作品の中では一番ジャンプ漫画として成功する作品になるのではないかと個人的には思います。

2015.04.27 16:40 dy #- [EDIT]
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。